カテゴリー「02.ヒーリング」の11件の記事

2016年8月31日 (水)

セラピストやヒーラの、セッションの回数と、体質。

ヒーリング、カウンセリング、セラピーなど、人とダイレクトに関わる仕事の全般にいえることですが、「セッションを量産するのが得意な性質をもっている人」と、「苦手とする性質をもっている人」がいるものです。

私自身は後者のほうで、セッションの回数をたくさん行うことが、体質的にとても大変になります。

過去の記事で、「受信器タイプ」と「発信器タイプ」というエネルギーの動き方について解説したものがあります。 http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2016/01/post-44ed-17.html


受信器タイプの、エネルギーをキャッチする性質が強い人は、クライアントさんのエネルギーとの関わり方が、とても自分に近いところで起こることになりますし、ときに相手のエネルギーを自分が「かぶる」、または「引き受ける」形にもなります。

そうはいっても、他人のエネルギーですから、自分のものではないので、接したものがそのまま取り込まれるわけではないです。

ですから自分が引き受けてしまう作用としては一時的なものではあるのですが、回数が重なれば、さらに自分か相手のコンディションがあまり良くない状態であれば、引き受けたものが自分の中で滞ってしまうケースがでてきます。


セッションにお越しになる方は、元気でコンディションが良い状態の方は少なく、逆のケースが多いでしょうから、引き受ける側の自分のコンディションを保っておき、なるべく影響をうけないようにする心掛けは大事ですし、

さらに、どのように気を付けていても、そうした「エネルギーの動き方の特徴」そのものは変えられませんから、インターバルを十分にとるとか、セッションの回数や時間を加減するという工夫は必要になってくると思います。



 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (6)

2016年2月 6日 (土)

ヒーリングと水分。

ヒーリングを受けることがあったら、事前に水分をとることが効果的です。

体内に水分が十分にあると、エネルギーを意図的に流したり動かしたりする行為の感受性を高めることが期待できます。

振動を伝えやすいですし、水の動きがエネルギーの動きを助けますし、その後の排出作用を助けることにもなるからです。

おわった後に水を飲むことでも排出作用を促すことにはなりますが、他にもいろいろ水によるメリットがあるので、事前に水分をとっておくほうがお勧めですね。

ヒーラーがヒーリングによる作用や反応を把握する際にも、クライアントさんの体内に十分に水があるほうが、エネルギーの「返り」としての振動をとらえやすく「わかりやすい」と思います。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

どこをヒーリングするかのポイント。

たとえば、「思考力が高い人が、思考が暴走して雑念が止まらなく」なったり、「透視力が高い人が、意図していないのにあれこれ見えて止まらなく」なったり、「感じる力が高い人が、敏感になりすぎて苦しく」なったりすることがあります。

これらはすべて、「得意な部分が、過剰になっている」状態です。

過剰になるのは得意なことなのです。

できないことは、やり過ぎにはなれませんからね

思考力が弱い人が思考し過ぎにはなれないし、透視力がない人が見えすぎることもなければ、感じる力が弱い人が敏感で苦しくなることはありません。

得意なことが過剰になる理由は、他のどこかが整っていなくて詰まっているからです。

その人の、おそらくは苦手なところ(詰まりやすいところ)があって、詰まってしまうと、本来ならばそこを通るべきエネルギーが行き場を失い、通り道が確保されている得意なところへ集中してしまいます。

そうすると、もとから得意なことですから「成されすぎ」てしまい(^^;)、思考がとまらなくなったり、見えすぎたり、感じすぎたりという現象が引き起こされます。

適度なら素晴らしいことでも、過剰になったらバランスが乱れて、よい形での発揮とはならなくなります。

過剰になっているときの改善の方法は、「詰まっているところ」を整える(なおす、流す)ことです。そうして本来の流れに戻して、得意なところだけに集中しないように分散していくことなのです。

取り組むべき箇所は、過剰になっている「そこ」ではないです。ここ、ポイントです(^^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

ハートのチャクラを活性化させるには。

心を開くこと、スピリチュアル的に「胸の位置にあるチャクラを活性化させる」には、恋愛感情をもつことが一番です。または、慈しみの対象をもつということでもいいですね。

愛情を注ぐ対象があれば、人でもそれ以外でも(たとえばペットさんでも(^^))、胸のチャクラは活性化して、エネルギーが循環していきます。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

ヒーラー自身も、水分摂取が大事。運動も大事。

先日のこちらの記事、「十分な水分を」の続きですが、相手の状態を把握するには、自分の水分もまた十分になっていることが必要です。

相手の状態を把握するための、受信器としての自分が振動しやすい状態になっていることもそうだし、自分(が十分になっている状態)との、落差によって把握しやすいとも言えます。

将来的にヒーラーなどを志している方は、このことは覚えておくといいと思います。

こういう点を考えると、また別のこちらの記事に書いたように、筋肉があると水分を留めておけるようなので、運動などの現実的なこともとても大切なんだろうな、と思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年8月 8日 (土)

ネガティブなエネルギーが「抜けにくい」人の対処法。

こちらの記事の続きとなります。対処法を幾つか。

(1)根本的な解決方法をとるなら、全体のチャクラやオーラのバランスを整えることです。これは、どこからアプローチするかによって、効果的な方法は多数ありますし、何がもっとも適しているかは個人差がありますので、この観点からの方法を知りたい場合は、オーラやエネルギーを把握できる透視者やヒーラーに相談するのが近道です。

(2)もう少し緩めの、オーラだのチャクラだのの知識を伴わなくても、とにかく現実的にどうすれば、抜けにくさを改善できるかを考えるなら(調子が悪くなってからの対処法ではなく、日頃から心掛けをして予防をするなら)、運動をすること、身体を鍛えることですね。そうすると必然的に脚も鍛えられますので、抜けやすくなります。

(3)しかしこのタイプの方は、身体がそんなに強くないので運動の習慣がなく、動くことが苦手な方も多いです。継続してこそ鍛えられるので、それが難しい場合は、「ボディーケアの専門家の手に掛かり、整えてもらう」こともよいと思います。整体とか、カイロプラクティックとか。これは、「こもったものが、器からオーバーフローしてしまう前に、適度に抜いて、あふれないようにする」という対策です。(2)よりはちょっと消極的な対処法ですが、こちらのほうが向いているケースもありますから、(2)と(3)は、合わせて使い分けるのがいいかもしれません。

すべてにおいて、「十分な水分摂取」を心掛けましょう。

水をたくさんんとると、外に排出することを促すのは、肉体の機能としてもそうだし、エネルギーレベルにおいても(ある程度連動しますから)同じです。

さらには、水が十分に体内にあると、刺激や振動を伝えやすいので、エネルギーヒーリングをする場合にも、ボディーケアをする場合にも、その効果が大きくなることが期待できます。エネルギーヒーリングは特にその作用が顕著にでますね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (2)

2014年5月26日 (月)

ヒーリングの際に、エネルギーを体感することに関連するチャクラ。

たとえば、エネルギーの体感がピリピリとくる、とか、暖かいエネルギーである、というような熱感とか、重たいエネルギーであるという重量感など、「感覚で、把握する」センスは、主に、胸のチャクラの活性度と関連があります。

この場合の感覚とは、そういう気がするとかの「思い」ではなく、熱い、寒い、威圧感がある、などの、何らかの「体感」による感じ方のことです。

人の体に7つあるといわれる、メインのチャクラのうち、「胸の位置にあるチャクラ」は、感じる作用と連動しています。このチャクラがよく動いている人は、体感に優れています。

過去の記事でも何度も書いたと思いますが、感じる強さは、呼吸の深さと関連していて、深い呼吸ができる人は感じやすく、浅い呼吸ができる人は比較的感覚が鈍い傾向があるのですが、「胸のチャクラ」が関連しているという前提で考えるとわかりやすいです。胸と呼吸の関連性があることは、(物理的な機能から考えて)納得できるものだと思います。

エネルギーを体感できることは、ヒーリングを行う際にかなり重要視されることになるでしょう。ヒーラーの体感は個人的なものですから、それが作用や実際の様子と比例するとは限りませんが、ひとつの目安になるとは言えますよね。

また、胸のチャクラは、ポジティブな要素としては「無条件の愛」、ネガティブな要素としては「恐れ」などの、本質的な感情と関連が深い部位です。

ヒーリングの際には、相手に対する「愛」は大事ですが、胸のチャクラが活性化していると、愛に基づくエネルギーをより多く媒介することができますし、体感でもそれを把握していくことができ、ヒーリングという行為の質を高めていくことになると思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

 

| | コメント (2)

2014年5月23日 (金)

スピリチュアル・ヒーリング(私の見解)。

スピリチュアル・ヒーリングの目的というのは、たましいを癒し、「その人自身がもつ活力や回復力などを、本来のあるべき状態にしていく」ことをさす、と私は思っています。

本来のあるべき状態を阻害する要因が、エネルギーレベルで見られるならば、それを除いたり整えたりすることを、スピリチュアルな手段で(主にエネルギーワークで)行っていくことが、霊界とともに行うスピリチュアル・ヒーリングである、という認識です。

基本は、その人自身の力です。 現実的に医学とか肉体の機能面から考えても、人には恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっていますよね。

とっても簡単に説明すると、人の体には外部の要因で変化にさらされたとしても、体の機能を一定に保とうとしたり、変化を打ち消して修復しようとする働きがあって、つまり何があろうとも、体は「生命活動を維持」しようとします。

人に恒常性が備わっていることは、科学的に証明できたり説明できたりするとしても、なぜそうした作用が備わっているかという理由は、人智が及ばない神秘の領域のことではないでしょうか。

上記は主に肉体面を例としていますが、内的なことや霊的なことも同様です。

私たち人間は、肉体をもった霊的存在ですから、この両方の要素は重なり合っていて、完全に分けてとらえることはできませんし、その必要もありません。

肉体に恒常性があるように、たましいの領域にも神秘の作用があって、この両方は重なり合って作用しています。

そのうちの、たましいの領域=霊的な領域のほうからアプローチしていく神秘の領域への、神秘の力を使った癒しが、スピリチュアル・ヒーリングである、というふうに私はとらえています。

ヒーリングの作用とは、ヒーラーが起こすものではなく、「そこに関わるスピリチュアルなエネルギーが起こすもの」であり、同時に「その人自身の力が起こすもの」です。

この二つの領域の繋がりが薄れているときや、十分に働いていないときに、それを手助けするのがヒーラーの役割であり、ヒーリングの意義であると、私は思っています。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

 

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

施術者の体感した強さで、相手に作用がなされているとは限らない。

霊感が強いことと、体感度が強いことは、必ずしも同じではありません。

霊感が強くても、ほとんど自覚していない方が多いのは、「霊感の強さが、馴染みやすさにつながり、体感しにくいため」でもあります。

そのため、霊感が強くても、何も感じない人も多いのですよね。なので、体感があるかないかで、霊感の強弱を決めることはできません。

というより、現れ方には個人差がありますので、たったひとつか二つの要素で比較すること自体が、意味が薄いのですけれど・・・、しかし、この手のご質問はとても多いので、こちらにも書いておきます。

「とてもエネルギーの体感が鋭いと自覚のある、A子さん」と、「まったく自覚ができなく、鈍いと思っているB子さん」を比較して、A子さんのほうが、霊感や強いとは言い切れないのですね。

自覚できる体感度と、実際の媒介力は、イコールではないからです。何も感じないB子さんのほうが、霊感が強いケースもあります。

また、ヒーリングなどを行うときにも、上記の仕組みで認識しておく必要があるのは、「施術者(ヒーラー)が、エネルギーを体感している強さと、実際にヒーリングがなされている効果とは、比例しないこともある、という点です。

上記の例なら、とてもエネルギーを感じやすいA子さんより、何も感じないB子さんのほうが、より大きな媒介力を持って、ヒーリングをしていることだって、可能性としてはあるのです。

施術者が、特に何も感じないから、エネルギーの作用がなされていないとは限らないですし、同じ理屈で、施術者がとても強い体感を得たとしても、その強さと同じ比率で、相手に作用がなされているとも限らないのです。

このあたりが、目に見えない世界の難しいところなのですが・・・、ヒーリングを行う場合は、自分の体感だけに頼らず、「相手の状態を把握できる」ことも、ある程度は、必要になっていくと思います。それは、相手への作用を、把握する必要がある場合の話なので、ご家族等で、お互いの信頼関係の中で気軽に行う場合は、相手への「愛」があれば、それでいいのだろうとも思います。

ここで言いたいのは、自分の体感とは、主観的なものなので・・・、相手への作用度は、エネルギーを感じたかどうか、だけに頼らないことも大切ではないか、という話。

★ブログランキングに参加しています。応援お願いします♪

  人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

| | コメント (2)

2009年11月29日 (日)

体へのアプローチも、心に作用します。

「心」と「体」と「たましい」は繋がっています。精神の状態は、体調にも現れますよね。悩みすぎると、胃が痛くなったり、眠れなくなったりします。体調がととのっているときは、やる気がみなぎって気分も明るくなります。

精神や心という「目に見えない分野」に働きかけるには、見えない要素を使った手法、例えばカウンセリングやヒーリングでしかなされないかといえば、そんなことはありません。

心と体は繋がっていますから、「体」に働きかければ、「心」にも作用します。「心」←「心」が、直接的アプローチだとすれば、「心」←「体」は、間接的なアプローチ方法ですが、心と体は切り離されていませんから、作用することは間違いありません。

例えば、肩こりやむくみは、血行が悪くなり疲労物質が滞ることから起こるものですよね。「血行」と「疲労」は、どちらが先なのかは専門家でないので、よくわかりませんが(笑)。揉みほぐしたり、休ませたりして、原因を取り除けば解消されていきます。

エネルギーの状態も同じで、エネルギーの中に、何らかの「停滞する要素」があると、流れが悪くなり、活力を失い、勢いがなくなります。そうすると、ますます停滞しやすくなる・・・というのが、波長が下がっていくパターンです。

解消方法は、こちらも同様に「流れが悪くなっている原因を除く」ことです。

思考もエネルギーですから、ネガティブな感情や思考、恨みや妬みは、オーラの中に「くもり」「かげり」という形態をとって存在します。それらが多くなると、まるで血行不良による肩こりのようなことが、オーラレベルで起こるのです。そうすると、全体的な活力が落ちるので、だんだん気力もなくなっていくという仕組みです。

で、何が言いたいかというと(笑)、心の状態を整えるために、専門家によるボディーケアも、相当に有効である、という点です。

具体的にいえば、カイロプラクティックとか整体とか、アロマトリートメント等でもいいですし、何らかの方法で体に働きかけることで、(連動している)オーラをも動かす(整える)作用がある、と。

カウンセリング等でも、オーラの状態は整いますが、方法は多岐にたり、心へのアプローチには、肉体へのアプローチを経由させてもなされることを覚えておくとよいでしょう。

私は、特に憑依体質の方や、感受性が強く他人のエネルギーをもらってしまう方に、ボディーケアにかかることを勧めています。この件については、今後さらに詳しく、数回に分けて書いていこうと思います。

|

より以前の記事一覧