カテゴリー「13.食事、健康、リラクゼーション」の51件の記事

2017年7月16日 (日)

しっかり眠って、エネルギーチャージをする。

眠るという行為は、とてもスピリチュアルな行いでもあります。

肉体を休めるという物理的なことは勿論ですが、霊的な観点からも、昼間の活動で消耗したエネルギーを再びチャージするという目的があります。

夜寝ている間に、たましいは肉体をはなれて霊界へと里帰りをしています。そうして霊的な活力をチャージし、翌日の活動に備えます。

しっかりと深い眠りについているときほど、霊的なエネルギーの供給がスムーズになります。 肉体面はもちろんのこと、精神面、たましいの観点からみても、質のよい睡眠をとることは、この世での活動を充実させていくために必要な行為なのです。

14173552_s
現代人の生活は、何かと慌ただしく忙しいものです。

常にたくさんのやるべき事柄を抱えて、忙しく動いていて、睡眠時間の確保ということも、そう簡単にはいかないこともあるでしょう。

けれど、眠ることによって活力のチャージがなされているからこそ、日中の元気な動きができるのですから、なるべく一定の睡眠時間を確保することを意識して、オンとオフのメリハリをつけていくようにしましょう。

爽やかな目覚めに繋がる、質のよい睡眠をとる工夫は、あなたのたましいを元気にする工夫でもあるのです。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

深い青のタオル。

49417960_s

あるセッションで、ご相談者さんの状態に対して、エネルギーの沈静化のために「紺色のような深い青色のタオル」を使ってください、という内容が、あちらの世界から伝えられてきました。

色はエネルギーそのものであり、特定の作用をもちますので、「青色の持つエネルギーの振動に助けられて、状態を落ち着かせる効果がある」、というようなことだったと思います。

通常は、「物のエネルギー」より、「自分のエネルギー」のほうが強いのですが、状態が下がっているときには、物のエネルギーの作用が普段より大きくなる可能性もありますので、そういう点も利用して、このことが伝えられてきたと思います。

不思議なのは、その方は、この伝達よりも数日前に、「いつも使っている別の色のタオルが売り切れていたので、たまたま」普段は買わない色の、青いタオルを何枚か買いたしていた、ということです。

ちゃんと前もって自分で準備していることになっている・・・?のが不思議ですよね。

でも、こういうことはしばしばあります。先取りしてキャッチする感覚が冴えている人は、私のクライアント様の中にはわりと多いので(^_^)。

青い色というのは、浄化の色であり、沈静化の色だと思います。気持ちが上がりすぎていたり、炎症のような状態があるときには、青色のもつエネルギーが幾らか助けになることもあるでしょう。

天然素材のものはエネルギーを帯びやすいので、自分のエネルギーと馴染んで、そういう意味でも保護になったりも(この場合は)するかもしれないですね。

これは、その方個人に対するアドバイスですけれど、広い意味ではどなたにも当てはまる内容だと思いますので、状態を落ち着かせたいときには、この色はとてもいいと思いますよ(^_^)。

ただし、物の放つエネルギーは同じでも、それをどのくらい受け取るか、どのような作用に変換して受け取るかというのは、個人差があります。備えている感性や感度によって変わるので、皆に同じだけの度合いの作用があるという意味ではないので、そのようにとらえてくださいませ。

私は個人的に、こうした深い青の放つエネルギーの落ち着きが、心地よく感じられるので好きです(^_^)。

>;

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

| | コメント (0)

2016年2月 4日 (木)

朝、水分補給を。

朝起きて、コップ一杯の水を体内に取り入れることで、一日の活動のスイッチがはいります。

40238046_s
身体の動きと、(見えない領域の)エネルギーの動きは密接に繋がりを持っていて、連動しています。

水が身体に満ちていると、振動を伝えやすくなりますのでエネルギーの巡りをよくすることを助けるのです。

水、または、カフェインが入っていない(カフェインには利尿作用があります)水分を、とるように意識していくといいでしょう。

寝ている間も汗をかいて水分は失われていますから、健康のためにも朝の水分摂取は大事ですよね。見える領域と、見えない領域は連動していますので、身体によいことを心掛けるとエネルギーレベルでもよい働きかけとなっていきます。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

スピリチュアル的に、美容整形は「あり」か「なし」かという質問。

「スピリチュアル的に、美容整形はやってもいいことなのか」という質問を、いただいたことがあります。

(一般論としての質問で、個人的な相談ではないです。ここでの回答もまた、一般論としての全体的なものをさします)

46884795_s
すべてに言えますが、こうしてはいけない、こうすべきという○×はないし、霊が人間のことにあれこれ口出しをすることがスピリチュアルではないので(^^;)、美容整形についても同じで、スピリチュアル的な解釈としてはこうです、というような一律の見解や定義はありません。

それぞれのご相談者さまの守護霊さんが、個別に(その人だけに当てはまることとして)何かの見解を伝えてくることはあるかもしれませんが、そういうことと、この質問への回答とは別となります。

以前に私の知っている方が、60代になって目の整形をなさいました。多分プチ整形?とかいわれるもので大変化ではないけれども、そのくらいの年齢になって急に目がぱっちりしすぎたら、以前との違いがありすぎて、やはり皆が気づいてしまいます。で、周囲のどなたかが、ご主人に「整形したのか」と聞いたそうです。

ご主人は、「うちのやつは内向的で、外で人付き合いをする楽しみをもてないし、体も強いほうではないから、やりたいということがあれば何でも反対しないでやらせてあげることにしている」とお答えになったそうです。

それは家族の「優しさ」ですよね。本人がやりたくて、ご主人もそれでいいと言っているのならば、家族内では了解事項であって、他人の見解は「その人個人の意見」であって、それが仮にすり合わないとしても、すりあわせる必要のないそれぞれの違いがあること、だと思うのです。

別のケースで、整形とは違うかもしれませんが、50代後半くらいの女性が、全身脱毛をするとのことで、目的は「将来の介護に備える」のだという話を耳にしました。昔からとても体毛が濃くて、このままでは自分が介護される側になったときに、何かとひと手間多く掛けてしまうことになるかもしれないので、今のうちにやっておくのだと。話によれば、体毛の色が薄くなって白髪になると脱毛はやりにくくなる?そうで、今のうちにやっておくのだと。

私は体毛がすごく薄い体質なので(男性ホルモンが少ないので、筋肉もぜんぜんつかなく困っております(^^;))まったく自分的には想像をしたことがない理由でしたが、なるほど、そういうこともあるんだな、と、学ばされた思いがしました。聞けば、同様の目的で全身脱毛をなさる方は少なくないとか。

もっと単純な、完全な美容目的の整形だって、本人には深い悩みかもしれず、やはり一律の「○○べき」は当てはまらないと思うのです。

悩みが深いなら何でもやっていい、ということではないけれど・・・、ケースバイケースであり、答えは「自分」にしか出せないと思います。その本人という意味でも、第三者が解釈する場合でも、その人がその人自身の答えを出すだけですね。

「人の数だけ事情があり、一律の見解はなく、○も×もなく、正しいも間違いもない」中で、自分がいかにして自分の人生の選択を重ねていくかが大事なので、自分なりの答えを出していくことですよね、そしてその答えは、人生を重ねていく成長の中で、変化していくことも当然ありで、一定していなくても「それでいい」と思います。「そういうもの」ですから(^^)。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

十分な水分を。

私は、オーラ透視から、体内の水分不足を把握するのがわりと得意なほうです。

水が少ないと、エネルギーの動き(振動、波動)がうまくめぐっていかないので、エネルギーの「反応の返り方」で、 伝わります。

水が少ないと、エネルギーのめぐりがいろんな意味で停滞しやすくなりますから、体だけでなく心の状態としても、適切な水分は大切です。

カフェインは、利尿作用がありますから、カフェインの飲み物をとるなら、同じくらいの水も補給して、バランスを保つとよいと思います。

「カフェインをとっているから、水分が十分でない」というふうに伝わることも、ときどきあります(^^;)。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

食事の乱れは、二日続けないようにする。

昨日に引き続き、ダイエット関の話題です。 年末年始に向けて、自分にも再確認の意味で(笑)。

食べ過ぎてしまったとしても、その1回の食事で直ちにすごく太る(脂肪が蓄積される)ことはないと思います。

仮に食べ過ぎの翌日に体重が増えていた場合でも、塩分の取り過ぎで水分をよせてしまう「むくみ」の場合が多かったりするのではないでしょうか。

その日の食事内容が、明らかに「食べ過ぎ」だったとしても、食べ過ぎを「二日続けない」というのが、体重維持のコツだそうです。

普段からある程度の制限をしていたり、気を付けていたりする場合でも、一度、たくさんたべてしまうと、食欲のスイッチがはいってしまい、体が「もっと食べ物をくれ」と要求してくるようになる、と。

しかしそこでリセットすることが大事で、「二日続けない」ようにして、次の日は元の食事にもどすように意識をします。

確かにその点を心掛けると、急激に増えたりはしないし、食欲も落ちついていきますので、食べたい気持ちも下がって安定していくように思います。

メリハリをつけていくのがいいのでしょうね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

大きい筋肉を動かす。

専門知識のある方によると、「部分やせ」というのは実質不可能だそうです。「部分引き締め」ならば、多少はできるけれども、と。

たとえば、お腹の脂肪をとりたい場合でも腹筋などでその部位を動かすよりも、太ももとか胸の筋肉をつかう動作のほうが効果的だったりするらしいですよ。

たしかに太ももの筋肉は、全体のうちでもサイズの大きな筋肉です。背筋も大きいですが、背筋を繰り返し使うような動作というのは(かなり不自然なものとなってしまい)なかなか適当なものがないので、

太ももや胸の筋肉のほうが「使いやすい,動かしやすい」ということも、効果の大きさに関連しているのかな、と思いました。・・・これは、私の勝手な解釈ですのであっているかはわかりませんが(笑)。

年末年始は、美味しいものをいただく機会も増えて、ちょっと体重が心配ですが、年があけてからスクワットなどを頑張れば(^^;)きっと大丈夫!

・・・ということにして、美味しいものは美味しくいただきましょう!

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (2)

2014年8月19日 (火)

筋トレと食事で痩せました!

12495739_s

2年半前の骨折以降、リハビリを兼ねてジムに通うようになりました。

体を動かすことは気分がよいし体調も整っていくのですが、骨折で動けなくなったときに増えてしまった体重;と、落ちてしまった筋力はなかなか戻らないままでした。

やはり、自己流の取り組みでは現状維持以上の成果を出すのは難しいようで、今回、ジムのスタッフさんのお勧めもいただき、6月より、体脂肪を落とすための筋トレに取り組みました。

筋トレをしながら、食事も決まったメニューを1ヶ月続けました。通常、体重が減ると、体脂肪も筋力も落ちてしまいますが、それだとリバウンドしやすく、「痩せにくい体質」を作ってしまうことになります。

私が行った方法は、筋トレを重点的に行うことで、筋力を維持しながら、食事の制限により体脂肪のみを落としていきます。

やはり、食事を見直さないと、やせることは難しく、筋トレをしないと(落としたい脂肪ではなく)筋力も落ちてしまうそうなのです。

結果、1ヶ月で、体脂肪のみ2キロを減らすことができました!筋肉量はまったく減りませんでした。

・・・かなりハードな筋トレをしたつもりでしたので、筋肉も増えていることを期待したのですが、そう簡単にはいかないようで、0.1kgのUPという、誤差のような成果でした(笑)。

それにしても、ペットボトル1本分の体重が減ると、体が軽いことに驚きます。7月に入っても、1キロくらい減って、これでほぼ、骨折前の体重に戻ることができました(^^)

体重は減らせたので、「ダイエット」は終了して、7月からは、筋力UPを目的とした、新たなメニューを行っています。

取り組んでみてわかったことは、体重が増えたことを「怪我のせい」とか「年齢のせい」とか、いろんな言い訳をしていたけれど(^^;)、きちんと取り組みをすれば結果はついてくる、ということです。

少しずつでも結果がついてくると、楽しくなってきて、やる気も増していきますね。

「健康的に痩せる」ためには、無理のない食事制限と、そして適度な運動が大事です。そのことが本当によくわかりました。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (2)

2014年6月25日 (水)

敏感な人の「弱さ」は、味覚の敏感さが影響している場合もある。

平均より敏感で繊細な性質をしている方の中に、体調が整いにくい、体力そのものが低い、などの虚弱さが目立つように思います。

物事は、いくつもの原因が絡み合ってひとつの結果をつくっていますので、理由はひとつだけではないことを前提に、「たくさんの理由のうちのひとつ」として理解していただければと思うのですが、

敏感さゆえの「偏食」が、その原因の一端となっているケースがかなりあるようです。

大人になると、好き/嫌いという感覚だけでなく、それを食することの必要性を重視してバランスを考慮できますが、子どもの頃はそういうことがわかりませんから、食べるものが偏ることがありますよね。

そうした傾向は皆に言えると思いますが、「敏感な性質の方は、味覚も敏感」なので、味や食感が苦手と感じるものが多いために、子どもの頃にかなり極端な偏食になってしまうことがあります。その習慣が大人になってもなお、続いている人もいます。

子どもの頃からの、食生活の偏りが、体調面に影響していることもあると考えられます。私が拝見する限りでは、そうしたケースは少なくないようです。

基本的な生活習慣のバランスの一環として、食生活を見直してみるといいですね。

そうして体力を少しでも付けて耐性を大きくしていけると、(敏感さそのものは持って生まれた性質なので、変わりませんが)、過敏な反応は最小限にできるようになり、コンディションを整えやすくなっていくでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

購入を迷っている、キッチングッズ(2)。

毎年、夏になると買うか迷う「菜麺器」。

野菜を、麺のように細長くクルクルとカットできる器具です。

私は野菜が好きなので、こういう器具があったら便利かも・・・と思うのですが、これに限らずですが「ひとつの用途にしか使えない器具」は、購入を迷いませんか。出しっぱなしだと、かなり場所もとりそうだし、しかし片付けてしまうと出すのが億劫になりそうで(^^;)。

あったら絶対使うけれど、購入するか否か、となると迷いますsweat02

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

  人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧