カテゴリー「09.スピリチュアル全般」の212件の記事

2017年9月18日 (月)

自然の多い場所のエネルギーと、人の多い場所のエネルギー。

自然が多い場所にいくと、気持ちが落ち着いてリフレッシュできるのは、自然が発しているエネルギーの作用で、自分のエネルギーが整えられるからです。

53467817_s
人が多い場所は、上記のようなリフレッシュの作用は期待できませんが、・・・むしろ、慌ただしい雰囲気に疲れてしまうことが多いかもしれませんが(^_^;)、しかし、人が発するエネルギーがたくさんありますから、活気というエネルギーを、いただくことが可能となります。

人のエネルギーも、とても素晴らしい作用があります。

もしも、やる気が起きないとか、元気がでないという状況にある人がいれば、

「今の自分に必要なのは、リフレッシュのエネルギーか、活気というエネルギーか」ということを考えてみて、それにみあった行動を、とってみることもよいですね(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

十分な睡眠や、冷えの解消で、エネルギーのめぐりを整える。

なんだか気持ちがもやっとする、元気がでないような、落ち着かないような・・・、しかしそうなる理由がないときは、エネルギー(気)のめぐりが、滞っていることも関係しているかもしれません。

睡眠が十分にとれているか、冷えていないかという観点から、生活習慣を見直してみるといいでしょう。

54203026_s

【睡眠を十分にとること】

睡眠というのは、とてもスピリチュアルな行為で、寝ている間にエネルギーがチャージされていくしくみなので、浅い眠りが続いたり、時間が短くなってしまうと、十分な量が確保されません。

そうなると、気の巡りの勢いが弱くなるので、どうもやる気が起きない、元気がでないということになるようです。


【冷えを解消すること】

体のどこかが冷えているときは、悪夢をみやすかったり、イライラしたり、怒りがでやすいという傾向がみられます。冷えている「その部分」に関連する不調和が、否定的なあらわれになることが多いようです。

その人の、どこが冷えやすいかは、だいたい決まっているので、あらわれ方も一定になりますね。


秋の入口の時期に、そういうことが起こりやすいです。

まだ夏の続きの服装と生活習慣のまま、気温の変化を迎えていることや、夏に蓄積した疲れがでやすいことなどが関連しているように思います。

この時期の風物詩のように、よくご相談いただく内容なので、毎年、この時期に同じような内容の記事を書いている気もするのですが(^_^;)、この移り変わりの時期を、お元気にお過ごしになっていかれますように。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

手からでるエネルギーの「大きさ」と、呼吸の「深さ」の関連。

人の手からは、エネルギーがでているので、手を使った動作でエネルギーを伝えたり、手でふれたものにエネルギーを乗せたりすることができます。

厳密にいえば、全身からエネルギーがでているのですが、中でも、手からでるエネルギーは大きいということです。

手をつかったヒーリングをするとか、手で品物を作る仕事やクリエイティブな趣味などをお持ちの方は、以下で説明する「呼吸」について意識すると、少し、活動に役立つのではないかと思います(^_^)。

34753139_s
どんな性質のエネルギーを放っているかは、その人が備えている「本質」と関連しているので、個人差があります。

たとえば、対象物に力を与えるとか、活性化させるとか、安心や癒しを与えるなどの性質の差は、生まれ持っている本質との関連が大きいのです。

放つエネルギーの大きさ(量)も、本質と関連していますが、こちらについては「呼吸の深さ」との関連も大きいですね。深い呼吸ができる人ほど、手からでるエネルギーの量も、比例して大きいという特徴がみられます。

その理由は、「手のチャクラ」と「胸のチャクラ」は関連性が高いためです。胸の位置で行う「呼吸」という動作は、エネルギーを動かすポンプのような働きとなり、(とりわけ、チャクラ同士の関連性が深い)手からでるエネルギーにも作用していくというしくみです。

エネルギーの質については、生まれ持ったものが関連しますが、放つ量については、呼吸との兼ね合いも大きいので、深い呼吸ができるようになる習慣や努力などで、ある程度は増やして大きくすることは可能となりますね。

深い呼吸は、エネルギーを放つこともそうですが、自分が影響されにくくなるためにも大事なことだと思います。

※関連記事:敏感なセラピストさんは、「浅い呼吸」の改善を

上記は、記事の主旨は違いますが、内容に少し関連性があるので、あわせてご覧になると理解が深まるものと思います(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

選ぶことができる幅の中での、選択の自由がある。

15404478_s
自分に備わっている本質と、近いことほど成すことが容易で、

遠くなるほど、成すことが難しくなります。

自分の本質と近いことを選び、成果をたくさん出す人生もあれば、本質から遠い事柄にあえてチャレンジして自分を鍛えるというという人生もあります。

たくさんのことを成したいか、チャレンジし続けたいか。

何に価値を覚えるかは、それぞれ違いがありますから、考え方もいろいろです

この世においては、誰もが、自分の世界(観)を生きているのであり、そうする自由が与えられています。

たったひとつの正解はなく、明らかな間違いもなく、「選ぶことができる幅での自由」が与えられているのです。

よって、「どちらが正解か?」という考え方では、なかなか、判断をすることができません。

どんな基準に基づいて、どんな選び方をするかで、(選ぶことができる幅の中で)答えは変わってくるからです。

選択というのは、どんな場面でも本当に難しいものです。

しかし、だからこそ、深く考える機会が与えられて、

こうしたプロセスも含めて、私たちは、学ばされているのだろうと思います。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

個性の備わり方と、あらわれ方。

誰もが、たましいの領域から「備えて」きた、個性をもっています。

個性の「あらわれ方」については、後天的な生育環境などが関わっていくものですが、個性の「備わり」は、生まれもっているものです。

59834874_s

たとえば、神経質な人が、人生の途中で楽天家になったりはしないように、本質というのは、変わらないものです。

成長の過程で、人は器が大きくなり、感性の幅も作られますから、そうした「広がりが作られる」ことはあっても、根本のところがまったく入れ替わることはないです。

どのような行動や生き方をしようとも、根底に流れ続ける川のように、私たちのたましいの個性は、その要素が在り続け、流れ続けていきます。

スピリチュアルに関心が深い方は、自分が人として霊として、どのように生きるかという、「自分の在り方」を考えることがあると思います。

その点を、たましいの観点を含めてとらえるならば、たましいの個性としての在り方、備えて生まれてきた本質をベースに、この人生で経験して身につけたことを含めた全体をとらえていくことが必要となるでしょう。

本質は、この世での人生において、きりはなされることも、入れ替わることもない、自分自身だからです。

けれど、本質の「あらわれ方」は変えられますので(^_^)、ここは間違えないようにしましょう。

たとえば、神経質であることは備えているままでも、場面によって度合いを使い分けるとか、意図的にそれを出さないような工夫をすることもできますし、神経質であることを、細かい配慮としていかすこともできますし(^_^)、そのあたりは、後天的に身につける経験で、使い分けていくことができます。

「備わっていること」と、「あらわれること(あらわすこと)」は、完全なイコールではないですからね。

前者は変わらないけれども、後者は、変えられます。増やすことも、強くすることも、自分次第でできます。

・・・と、文字で読むと、「そうなのか、前者は変わらないのかー」という気持ちになるかもしれませんが、これまでにもたびたび書いているように、何も制限も枠組みもないと、比較の基準がなくて、やりにくいものなのです。自由さがありすぎても、うまく動けないんですよね。

根本のところが「備わっている」からこそ、ある程度の自由さをもった「あらわし方」ができるので、この組み合わせは、絶妙です(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

自分の、たましいの課題となることを知るには。

スピリチュアルな観点からすれば、私たち人間は、たましいの存在であり、この人生は、たましいの学びのための経験です。

私たちにはそれぞれ、たましいの領域から備えててきた個性があり、同様に、この人生での学びの課題も、備えて生まれてきています。

これらは、ひとりひとり、違いがあります。

スピリチュアルに関心があると、「今回の人生での、たましいの課題とは、どのようなことだろう」と気になるものでもありますね(^_^)。

この場合の課題とは、「今世の人生で、やるようになっていること」とか、「経験すると決めて、または望んできたこと」という意味のことです。

21070047_s
「たましいの課題」というと、ものすごく壮大なものを思い浮かべてしまいがちですが(^_^;)、しかし、自分とあまりに遠いところにあるものは、関わることも、成すことも難しいですよね。

課題はたくさんあり、スケールの大きいものも、小さいものもいろいろでしょうけれども、それらの大部分は、「自分からそう遠くないところ」に存在すると考えられます。

(離れたところにあるものに、向かっていくプロセスも含めて、チャレンジしようとしている場合も、もちろんあるので、すべてが上記のとおりとは限りませんが)

たくさんあるうちの、いくつかを、自分で把握するには、以下のような考え方をしてみるといいと思います。

●「どうしてもやりたくなること、やめられないこと」は、「たましいが決めてきた、今世でのやるべきこと」のひとつかもしれません。 たましいの求めることに、自分が動かされている可能性が考えられます。

●逆に、そうしたい気持ちはないのに、なぜか「そうするようになってしまう、やめられないこと」も、「たましいが決めてきた、今世でのやるべきこと」のひとつかもしれません。 たましいの決めてきたことに、状況が動いていくことで、自分に作用している可能性が考えられます。

備えていきた個性も、今世でのやるべきことも、複数ありますから、こうして自覚できることは一部分ですが、「そうなりやすい」「よく、そうなってしまう」という「パターン」に、それらがあらわれていることはよくあるものなのです(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

備えている個性や特徴を、どうあらわしていくか。

人は皆、たましいの存在なので、誰もが、たましいの領域から備えてきた「個性」「特徴」がを内包しています。

どんなことが得意か、どんな分野を好むか、こうした個性の特徴は、育っていく過程の経験から作られていくように思えますよね。

もちろんそういう面もありますが、後天的な影響よりも、先天的に備えている本質のあらわれのほうが優先して大きい、というのが、これまでたくさんの方を霊査したことから統計的にわかってきた、私の見解です。

先天的にたくさんの「種」が備わっていて、そのうちのどれが大きく育っていくかが、後の環境や状況との兼ね合いで、変わっていくというところでしょうか。

40077370_s
最近のできごとでは、「パンダの赤ちゃん」のようすが、象徴的だなと思いました(^_^)。

生まれてまもなくは、説明がないと、種類がまったくわかりませんが、時間とともに白黒があらわれて、パンダらしくなりましたよね。

あの模様は、最初から備わっている要素が、だんたんと出てきたもので、外のようすに影響されたものではありません。

私たちも同じように、この世で過ごす人生の時間のどこかで、備えているたましいの個性のいろんな面が、外の状況や環境に応じて、表面にでてくるようになっています。

つまり、生まれてから後の、時間の経過というしくみと、たくさんの経験が、私たちが備えている性質を引き出してくれているし、または、あらわす機会を与えられている、とも言えますね。

生まれたばかりのパンダの見た目が、種類がまったくわからないように(^_^;)、私たち人間も、年が若いうちは、自分の個性がよくわからないものです。

そのため、若いころは、自分が何者であるかと悩んだり、自分探しをしたくなる人もいるのでしょうれども、年齢を重ねていけば、いろいろな経験をとおして、自分らしさがあらわれるようになり、自分というものがわかるようになっていきます。

そうした「あらわれのプロセス」を経験として学んでいるのが、私たちの人生ということですね(^_^)。

しかし、外の要素がまったく関連しないということではないですし、努力をしないと簡単にはあらわれてくれない性質もあります。

そのあたり、人の性質は、パンダさんよりもかなり複雑で、時間の経過だけでなく、自分の意思や、後天的な経験が反映する度合いはずっと大きいので、本質をうけいれつつ、それらをよりよい形で発揮していくという姿勢で、この人生を進んでいきたいものですね(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

敏感なセラピストさんは、「浅い呼吸」の改善を。

他者の体に直接ふれる仕事をしていて、相手の状態に「自分も同調」してしまったり、相手のエネルギーを「自分が引き受けて」しまい、調子が悪くなったり、疲れが抜けなかったりするケースがみられます。

誰でもそういうことはあり得ますけれども、顕著に「そうなりやすい」とか、「常に、そうなってしまう」という、敏感な性質の方がいます。

スピリチュアルなことに関心が深い方は、敏感な方が多いので、セラピストという仕事を選ぶとしたら、そうなる可能性は低くはないですね。

実際、そうしたご相談をいただくことも、これまで多数ありました。

21070047_s

経験が長くなっていけば、同調しないためのコツがわかったり、慣れることで余裕がでてきたりして、多少、影響に強くなることはできると思います。

しかし、根本的な「影響の受けやすさの度合い」は、生まれ持った性質(本質)なので、ここは変えられません。

このことを受け入れて、その上で、できる工夫をしていくという意識になることが現実的であり、大事なことだと思います。

相手のエネルギーに負けることがなく、セッションを量産できるタイプの人と、同じようにはいかないことは受け入れて、自分にあった工夫をすることですね。

可能であるなら、(自営業の場合)セッションの内容を工夫するとか、長めのインターバルをとるとか、仕事がおわった後のケアを十分にするとか、自分にあった方法を見つけてとりいれていくことが役立ちます。

具体的にどんなことが適しているかは、「影響を受けやすい」という枠組みだけでは判断できず、その人と、その状況によりかわります。詳しく知りたい方は、セッションを御利用ください。

その際、お伝えできるのは、「何が、起因しているのか」、「その軽減にはどんなことが有効か(その理由も含めて)」、 「集まっているお客さんとのエネルギー的な相性」など、しくみについてと、対処や工夫の提案です。

性質そのものを、根本的に変える方法というものは、存在しないので・・・、そこはご理解をいただき、「備えているものを受け入れ、備えているものをよい形にいかしていく」という観点からお伝えしていきます。

何がどう影響しているかは、ひとりひとり違いますが、共通しているのは、「呼吸が浅い」ケースが多いということです。

ここを少しでも改善できれば、かなり変わっていくと思います(^_^)。

または、「これからセラピストとして、やっていきたい」方も、深い呼吸をしていくことは大事です!

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

排出行為、不要なものを放つあらわれとして、「夢」をみることもある。

これまでにいくつも、寝ている間にみる「夢」について書いてきました。

http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2017/04/post-0adb-8.html

「こんな夢を見たら、○○になる予兆」とか、「夢に○○が出てきたら、××が得られる」という、夢の規則性が巷ではよくいわれます。

しかし、どんな夢の見方になるかは、個人差があります。

その人がどんな特徴のある夢の見方をするかによって、夢へのあらわれは、まったく違うものとなるのです。

28139193_s
そのうちのひとつで、「排出行為」として、夢をみることがあります

たとえば、過去の感情をエネルギーとして、自分の中に留めていたものが、当時のようすや、当時の感情を再体験するかのようなシチュエーションの夢をみることが、エネルギーの排出(解放)となるケースがあります。

または、その時点でたまたま拾ってしまったような、不要なエネルギーを、夢に反映させる形で、自分から放出することもあります。

こうしたケースであれば、どちらも「あまり気持ちのいい内容ではない夢」になりますね(^_^;)笑。

しかし、起きたときに、見た夢の内容とは違って、なぜかスッキリしているような気持ちになるのが特徴のひとつです。

こういうパターンがでやすい人もいます(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

行動をすると、自分のパターンに気づく。

先日、本を買うために、書店へ出掛けました。

ある分野に関する知識を得たいので、「そのことに関する、役立つ本が売っていたらいい」くらいの意識でした

事前にネットでいろいろ調べましたが、具体的にどの本を買うかまでは、決めていませんでした。実際の品揃えもわかりませんからね。

それで、該当する棚の前で、背表紙のタイトルを眺めてみました。

私はあれこれと中身を見るのは、後のほうで、まずは背表紙からの印象で、よさそうなものを決めるタイプです。

それで、手に取らずに眺めていたところ、そんなようすの私が邪魔だったのか(^_^;)、横からちょっと押される・・・とまではいかないのですが、私にその場所をよけてほしいかのような動きをされる方がいまして、私はその方に場所を譲るように左によけました。

さらに、その方が本を選びながら、また私の近くにこられたので、私はまた左に少し、場所を移動しました。

該当の棚からはずれそうなその場所で、ふと、棚をみると、私が読みたかった本がありました(^_^)。

事前にチェックしていたものとは違いますが、著者が同じで、その本で十分に知識が得られるものでした。

場所を動かしてくれた方が、私をその位置につれていってくれたようなものですね。おかげ様で、探す時間を掛けずに、早く見つけられたように思います(^_^)。

私は、書店で、こういうことが起こりやすいのです。

一冊だけ、棚の並びからはみ出しているのを直そうとしたら、面白そうな本だったとか。手にとって戻すときに、帯を破いてしまって、しょうがなく買うと(このパターンは本当に多いです)後から、忘れた頃に役立つとか(^_^)。

「こういう場所で、自分に役立つことが起こりやすい」という状況や環境のパターンがあるものです。

私は、書店でこういうことがわりと起こりやすいとわかっているので、書店にいくのが(買わなくても)好きですし、選んでいるときに横からプレッシャーを掛けられて?も(^_^;)、あまりイライラしたりしないんですよね。

押されて、必要な本の棚につれていかれることは、その時点ではわかっていないし、特に何も思っていないのですけれども。

これは私の一例ですが、こういう過去の経験が、複数重なる状況を思い出してみると、自分のパターンがわかって、面白いと思います(^_^)。

パターンを見つけるまでは、時間が掛かって難しいですが、わかった以降は、ちょっと楽しくなりますね(^_^)。また、何か面白いことがあるかも?と思えたりするので。・・・もちろん、何も起こらないことも多いですが、笑。

こういうことは、一度や二度では気づかないですよね。何度も同じようなことがあって「あれ、これって以前にも・・・」と気づくので。

過去の経験値がたくさん集まって、閾値を超えたところで、パターンに気づくようになっています。

(閾値=ある特定の反応や現象を、起こさせるための、必要な量のこと)

行動の量は、気づきの底上げになってくれます(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧