« 自分の波長とは、「自分のエネルギーが、振動する上下の幅」のこと。 | トップページ | 同じ経験から得られるものは、備えている性質によって違いがあらわれる。 »

2017年9月30日 (土)

守護霊という、進化した存在に、供養などの行いは不要です。

すべての人には、この世での学びを導き助けている、守護霊という存在がいらっしゃいます。

自分と守護霊は、「たましいの繋がり」をもっています。 スピリチュアルな観点からすると、「もっとも自分と近い存在」で、広い意味では自分自身である、とも言えるくらいの関係です。

自分と先祖霊は、「血縁という繋がり(身内)」の関係です。この世的な繋がりとして、ご縁がつくられた間柄となります。

先祖霊(を含む、身内の方たちすべて)は、この世に自分が生まれてくる環境や機会を与えてくれて、人としての成長を助けてくれる、学びあう仲間のような関係ですね。

守護霊と先祖霊は、霊的な立ち位置も違いますし、自分との関係性も違う存在です。

10609754_s

あの世的、霊的な繋がりという意味では、自分と守護霊との繋がりが、深くて強いですが、

この世的、現実的な繋がりが、深くて密であるのは、もちろん先祖霊(を含む、身内の方)のほうですよね。

ときどき、「守護霊にも、先祖霊と同じように、感謝をこめて供養のような儀式をしたほうがいいか」と質問をいただくことがありますが、守護霊にそういうことは必要はないです(^_^)。

「食べ物をささげる」とか「めいふくを祈る」という儀式は、「この世的な観点からの、霊に対する行い」だからです。

守護霊とは、進化・向上している霊が担う役割なので、そういうものを必要としません。

また、とても広い意味でいえば守護霊とは自分自身でもありますから、自分に供養をする・・・ようなことにもなってしまうわけで、よくよく考えてみれば、そういう行いはあまり必要ではなさそう、とわかりますよね(^_^;)。

何か感謝を示したいという気持ちは、わかるのですけれども、いかにもな「行い」がなければ、通じない関係ではないということです。そういうものがあってもなくても、守護霊と自分との関係は、切れることのない確かな繋がりなのです。

なにしろ、自分自身ですから(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

  ↓  ↓  ↓

 

●リーディングセッションについて。

http://r.goope.jp/rikako

セッションの内容、お申込方法については、ミディアムリカコのサイトをご覧ください。スカイプセッションはこちら固定電話はこちらのページのとおりとなります。

セッションについて、サイト内の説明でわかりにくい点や、確認しておきたい不明点などがあれば、お気軽にメールでお問い合せくださいませ。

●スピリチュアルなコラム。

http://spiritual-teaching.com/

こちらのブログの過去記事に、加筆して読みやすくしたものを、別サイトにまとめています。皆さまのスピリチュアルな学びの一助となれば幸いです。

|

« 自分の波長とは、「自分のエネルギーが、振動する上下の幅」のこと。 | トップページ | 同じ経験から得られるものは、備えている性質によって違いがあらわれる。 »

07.前世・守護霊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の波長とは、「自分のエネルギーが、振動する上下の幅」のこと。 | トップページ | 同じ経験から得られるものは、備えている性質によって違いがあらわれる。 »