« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の2件の記事

2017年9月27日 (水)

自分の波長とは、「自分のエネルギーが、振動する上下の幅」のこと。

スピリチュアルな表現として、波長、波動という言葉が使われることがあります。

そうした意味においての、これらの言葉は、エネルギーの振動の差をあらわしています。

ものごとにも、それ固有の振動数があり、人間にもそれぞれの個性が反映された、振動の差をもっています。

この、「それ自体が振動できる範囲」が、「それ自体がもつ波長」、ということになります。

人の場合は、「その人が、振動できるエネルギーの範囲が、その人がもつ波長」です。

4979991_s
たとえば、山田さんが備えている、エネルギーの振動の範囲が、数値に置き換えるとして、30~45の間だとしたら、「山田さんの波長は、30~45の幅で備わっている」こととなります。

人間関係で、この備えている幅がたくさん重なる相手には、「近い」「似ている」という感覚をもち、幅が重なる度合いが少ない相手には、「違う」「合わない」という感覚が生じやすくなります。

山田さんからみて、「40~45である田中さんは、自分と似ているタイプ」に思えるでしょうし、「15~30の鈴木さんは、自分と違いすぎて、宇宙人のようだ」と思ったりするのでしょうね。

自分の振動の幅に、重なる度合いが大きいほどに、いつものエネルギーですからなじみやすく、親近感を覚えて安心します。

自分の振動の幅に、重なる度合いが小さいものには、いつもと違う振動を感じさせますから、違和感を覚えるか、または逆に、新鮮な刺激を感じることもありますね。

そして、自分の波長の幅から、あまりに離れすぎている、まったく重なるところがないものとは、そもそも引きあうことがありません。必ず、少しくらいは重なる何かがあるからこそ、お互いにエネルギーが引きあって(振動が共鳴することで)ものごとが展開していくようになります。そのしくみが、同じものが引きあうという「波長の法則」になります(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

手からでるエネルギーの「大きさ」と、呼吸の「深さ」の関連。

人の手からは、エネルギーがでているので、手を使った動作でエネルギーを伝えたり、手でふれたものにエネルギーを乗せたりすることができます。

厳密にいえば、全身からエネルギーがでているのですが、中でも、手からでるエネルギーは大きいということです。

手をつかったヒーリングをするとか、手で品物を作る仕事やクリエイティブな趣味などをお持ちの方は、以下で説明する「呼吸」について意識すると、少し、活動に役立つのではないかと思います(^_^)。

34753139_s
どんな性質のエネルギーを放っているかは、その人が備えている「本質」と関連しているので、個人差があります。

たとえば、対象物に力を与えるとか、活性化させるとか、安心や癒しを与えるなどの性質の差は、生まれ持っている本質との関連が大きいのです。

放つエネルギーの大きさ(量)も、本質と関連していますが、こちらについては「呼吸の深さ」との関連も大きいですね。深い呼吸ができる人ほど、手からでるエネルギーの量も、比例して大きいという特徴がみられます。

その理由は、「手のチャクラ」と「胸のチャクラ」は関連性が高いためです。胸の位置で行う「呼吸」という動作は、エネルギーを動かすポンプのような働きとなり、(とりわけ、チャクラ同士の関連性が深い)手からでるエネルギーにも作用していくというしくみです。

エネルギーの質については、生まれ持ったものが関連しますが、放つ量については、呼吸との兼ね合いも大きいので、深い呼吸ができるようになる習慣や努力などで、ある程度は増やして大きくすることは可能となりますね。

深い呼吸は、エネルギーを放つこともそうですが、自分が影響されにくくなるためにも大事なことだと思います。

※関連記事:敏感なセラピストさんは、「浅い呼吸」の改善を

上記は、記事の主旨は違いますが、内容に少し関連性があるので、あわせてご覧になると理解が深まるものと思います(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:http://r.goope.jp/rikako

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »