« 失敗を繰り返してしまう人と、そうでない人との差。 | トップページ | 今世の要素を、自分が決めてきているという範囲について。 »

2017年7月20日 (木)

お金が減るかもという「怖れ」を、内にためないようにする。

この世には、時間というしくみがあり、すべてのものは変化していきます。

変化という動きは、ときに、失うことへの怖れを引き起こします。

あるものが減ってしまうとか、無くなっていくという怖れは、この世特有の(時間というしくみがあるからこその)感覚となります。

何に対して(失うかもという)怖れを覚えるかは、個人差がありますが、お金に対してこの感覚はでやすいものかもしれません。

お金という「物質」「価値」というものが、わかりやすいものだからでしょうね。

19584438_s

「気持ち」としての怖れについては、過去記事でも書いているとおり、「そのままにする」という方法をおすすめしています。

怖れはこの世という時間の中にいる限り、必ずでてくるものなので、それをなくそうとか、その気持ちと戦おうとすることは無理だからです(^_^;)。

しかし形ある「物」への失う怖れについては、目でみたり確認したりできてしまうので、気になる度合いが大きくなったり、心の中に留まる印象も大きいものとなるので、それについては、物理的な対処ができるならそうするほうが、心が安定していく場合もあります。

お金についても、形があり、日常でよく関わることなので、こうした怖れがでてきてしまうと、そのことがずーっと心の中に留まりやすく、なかなか忘れていくことができないし、気をそらすということもできにくいものなんですよね。。。

この場合は、怖れ自体をなんとかしようとするよりも、(可能ならば)お金を少しでも増やしていく、持っておくことが、心の安定になる場合が多いです。そのほうが本人的には楽になります。

たくさんは無理でも、少しなら、工夫すれば可能になりますから、可能な範囲で何か取り組みをしてみると安心が広がります。

・・・といっても、お金が無くなるのでは、という怖れがあるときに、「減らないようにしよう、使うことを減らそう」という意識と行動だけでは、実際にそれで幾らか節約できても、あまり怖れの解消にならないです。なぜなら、「減らさないように」という意識は、減るかもという緊張感が持続する(^_^;)からです。

こういうときは、同じ節約をするにしても、「増やすために、節約をする。使い方を見直す」という意識の向け方のほうがいいですね。

そして、支出を抑えるだけでなく、「何か、得られる方法はないかな」と、「得るためにできることがあるだろうか」という考え方をしていくと、気持ちが、「何か」という広い外に向かって動いていくので、「お金」というひとつの対象にとらわることも解消できます。

広がると、緊張感がなくなり、緩みがでてきます(^_^)

そうなると、怖れも軽減されていきます

同じことを思うにしても、内側に留めるような考え方になると、エネルギー的にも滞って重くなる、怖れが自分の中でクローズアップされやすくなる、ということなのです。

外に向かう流れができる考え方は、エネルギー的にも軽くなりますし、自分が何かの動きをとって、工夫したらこうなるんじゃないかなーという、創造的な思考になりやすいので、現実に、そのことが反映しやすくもなるんですよね(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 失敗を繰り返してしまう人と、そうでない人との差。 | トップページ | 今世の要素を、自分が決めてきているという範囲について。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

高二の息子に関わる「お金」は、日頃本当に湯水のように流れ出で行き、心はいつもくじける寸前(ちょっと盛り気味笑)ですが、つい先程その息子から、「お母さん、バッシュ壊れた」とラインが入ったのを、「あぁやだやだ」としばし見なかった事にして、リカコさんのところに訪れました。そしたらこのような記事が!
とってもとっても嬉しくなりました。

上手に言葉にして頂いて、心が随分片付きます。
いつも本当に、ありがとうございます。

投稿: いざり | 2017年7月20日 (木) 20時07分

いざり様

怖れの感情は、どうしてもわいてきてしまいますけれど、そうした感情があるからこそ慎重になれるという利点もあります。そうした感情と、うまく付き合っていくようにして、心を整理しながら、現実を見据えて進んでいくことが大事ですよね(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年7月21日 (金) 13時27分

減らないように…というのはネガティブで、増やすように…というのはポジティブ。

お金に限ったことでなく、何事も動機はポジティブな方が前向きなエネルギーとなって、同じ行動でも楽しめるように思います。(≧▽≦)

私も今、節約生活中なので、この記事は参考になりました。
いつも役立つ記事をありがとうございます。

投稿: かぷちん | 2017年7月23日 (日) 20時01分

かぷちん様

この記事は、お金が減ってしまうのではという「怖れの気持ち」への対応が主旨となります。お金を貯めるための方法、ということではないので、その点は理解の上で、活用できるところがあればそうしていただければと思います。

また、減らないようにという考え方が、否定的だから悪いということではないです。そういう考え方になると、(この場合は、減るかもしれないという、怖れの気持ちへの対応が主旨ですので)、

減るかも、という意識の持ち方では、「減らないように」という感情と近すぎるため、怖れの解消とならず、似たような気持ちにフォーカスしてしまうことになるので、

増やすという方面の意識の向け方のほうが、違うところへエネルギーを注ぐこととなり切り換えになる、という「気持ち」についての観点から書いたものとなります(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年7月23日 (日) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 失敗を繰り返してしまう人と、そうでない人との差。 | トップページ | 今世の要素を、自分が決めてきているという範囲について。 »