« お金が減るかもという「怖れ」を、内にためないようにする。 | トップページ | 今世の要素を、自分が決めてきているという範囲について。 »

2017年7月21日 (金)

何を選んで、行動するか。

やる気が高まっているときは、思考にも行動にも勢いがついて、あれもこれも試したくなり、手に入れたくなり、関わりを持ちたくなってしまうものです。

しかし、人が一度に抱えられることには限りがあります。

15238230_s
勢いのまま、関わりの数を増やしても・・・、抱えられる上限を超えれば、そのうちのいくつかは、途中で手放すことになりかねません。

もちろん、そうした(途中で止めてしまうという)経験にも、学びとなることはありますが、力が分散して効率が悪くなることは否めません。

自分の器に見合った行動はどれくらいであるか、現実的な思考を加えていくようにして、必要なところへ力を注ぐ、優先度や重要度をよく考えて、自分の力を有意義に使っていきましょう。

やる気が高まり、あれもこれもしたくなるときとは、「可能性をできるかぎりたくさん表現したい」という意欲が元になっている場合と、「そうしないと悪いことが起こるかもしれない」という怖れが元になっている場合とがあります。

前者であれば多少の無理は問題ないですが、後者であれば無理がそのまま消耗になりますので、怖れの気持ちににフォーカスすることなく、自分をいかしていくための動きをとっていくのがよいでしょう。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« お金が減るかもという「怖れ」を、内にためないようにする。 | トップページ | 今世の要素を、自分が決めてきているという範囲について。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お金が減るかもという「怖れ」を、内にためないようにする。 | トップページ | 今世の要素を、自分が決めてきているという範囲について。 »