« 行動をすると、自分のパターンに気づく。 | トップページ | 定めるためのプロセスとして、違うものを省いていく。 »

2017年7月29日 (土)

使える、いいアイデアを発想するには。

現実的に役立つ、いいアイデアというのは、「使えるもの」です。

それができたら、とても素晴らしいねと思うような質の高いものでも、使えないものは、採用できません。

先を行き過ぎていたり、斬新過ぎたりすると、使う側がそれに追いつけません。

まったくの新しいものは、世の中に必要とされず、どう使ったらいいかもわかりません。

たとえば、外国と交流がない時代に、翻訳ソフトがあっても、うまく活用することができませんよね。

今の時代や状況にあったもので、かつ、少しだけ先を行くものが、今までにない面白さがあると人気になったり、便利だと評価されたりします。

新しいアイデアといっても、既存のものから離れすぎると使えないのです。

現時点の既にあるものから繋がる、新しい何か、それが「使えるアイデア」になります。

つまり、「現実」をしっかりとらえる姿勢と、そこに何をどう加えると変化が起こるだろうかという「新しい発想」と、両方が必要で、両方の「距離が開きすぎない」ことも大事なのだろうと思います。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 行動をすると、自分のパターンに気づく。 | トップページ | 定めるためのプロセスとして、違うものを省いていく。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行動をすると、自分のパターンに気づく。 | トップページ | 定めるためのプロセスとして、違うものを省いていく。 »