« 次に何をしたらいいか、周囲の人(を自分がどう感じるか)が教えてくれる。 | トップページ | リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 »

2017年7月 1日 (土)

何をしたらいいかわからないときは、まず「しなくていいことを省く」

33354827_s
何をしたらいいのかわからないときに、「何をするか探し」をしても、答えは見つからないです。そういうときに目に留まるものは、自分にも、状況にも、合わない選択肢になりがちです。

基準がわからない状態で選んだものが、合うものになる可能性はとても低いですよね。

何をしたらいいのかわからないときには、しなくてもいいことを見つけてください日常の習慣になっていることの中から、不要を除いていきます

ただなんとなく眺めているだけのテレビならスイッチを消す、使うことはないのにそのままになっている物をあるべき場所へ片付ける、不要なものは処分する。

というように、不要なものを「減らす」「省く」ことをしてみてください。

必要なのか、不要なのか、判断がつかないものはそのままにします。不要とはっきりしているものだけ、省いていくようにします。

そのような動きをとるほうがいい理由について。

この世という場所には、時間というしくみがあり、時間の経過が比較という感覚を作りだします。

比較をすることで、私たちは、いろいろなことが「わかる」ようになっています。

何をしたらいいか、と比較するには、選択肢が必要ですが、そこがうまくできないからこそ迷いになります。

無理に選択肢をみつけようとしても、合わないものを選んでしまいがちですので、そういうときは、既にある選択肢から比較をするほうが簡単です。

日常の生活に根ざしている事柄、既にある事柄から比較をして、不要なものを除くことから行動を起こしていくのがスムーズであるのは、そのためです。

何かひとつでも、省いていいことを見つけると、その動きに繋がるように、さらに別の省いていいことが見つかってくるものです(^_^)。不思議とそうなります。勢いがついて、気持ちが乗ってくるためでしょうか。

そうして、少し、周囲が整理されていくに比例して、自分の内面も整理されて、スッキリします。

不要なものを省くことは、何をしたらいいかを考えるための準備として、先に繋がります(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

|

« 次に何をしたらいいか、周囲の人(を自分がどう感じるか)が教えてくれる。 | トップページ | リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次に何をしたらいいか、周囲の人(を自分がどう感じるか)が教えてくれる。 | トップページ | リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 »