« 時間、他人、物質が関わる、この世での学び|メッセージ。 | トップページ | 大枠で考えると、解決の糸口をみつけやすい。 »

2017年7月 9日 (日)

湿度による、オーラの状態。

オーラのようすとは、基本的には、自分自身の反映です。

しかし、同時に、外からの刺激や作用をひきうける、「キャッチする網」のような役割もあるので、

そのときどきの、世の中の動きや雰囲気、四季などの自然の動きに連動した、特徴がみられることがあります。

今回の記事は、秋から冬にかけての湿度が低い時期や、夏の湿度が高い時期によくみられる、オーラの特徴について、です(^_^)。

33154526_s

●湿度が低い時期にみられる特徴

湿度が低い時期にみられる特徴は、オーラも乾燥しているかのようで、なめらかさがあまりない状態、亀裂がはいりやすそうな印象を与えるオーラになっていることがあります。

なめらかさがないというのは、ささくれ立っているような「パサパサ」っぽい、そんな印象の質感になりやすいのです。

そうなると、外のものが「引っ掛かりやすい」形状になりますよね。

そして、さらに、乾燥していると、静電気が起きやすいです。

これまで過去記事でお伝えしてきたとおり、霊的なエネルギーの性質は、電気とよく似ていてなじみやすいのです。

オーラが乾燥しているかのようで、ベストコンディションになりにくく、静電気の発生によって、霊的なエネルギーと引き合いやすいという、ダブルの作用により(^_^;)、

外からの不要なエネルギーを、自分がもらってしまいやすい、オーラにひっかけてしまいやすいという現象が起こりがちです。

そうしたエネルギーを取り込んでしまうことから、本来の自分のエネルギーの動きが滞ってしまい、疲れやすくなったり、悲観的になったり、イライラしやすくなったりします。

33153125_s

●湿度が高い時期に、みられる特徴。

湿度が高い時期のオーラのようすは、水分を含んでいるかのように、しっとりとしてなめらかな印象をあたえます。

水分が含まれていると、なめらかさが生じるので、外からエネルギーを引っ掛けてしまうようなことは起こりにくいです。

けれど逆に、水分が「重さ」となって、自分のエネルギーのめぐるスピードが、本来よりも遅めになってしまいます。

外から、変に「もらってしまう」ことは少なくなりますけれども、自分のエネルギーのめぐりが遅くなることで、停滞を引き起こしやすいのです。

こういうときは、体がむくみやすくなりますし、ものごとの進みも、「うまくいかないわけではないけれども、本調子のテンポやリズムではない」という、何か違うという感覚になりやすいです。

●まとめ。

湿度が低い時期は、外からとりこんだものに、自分のエネルギーが干渉されることで停滞が起こりやすく、

湿度が高い時期は、自分のエネルギー自体の動きが遅くなることで、停滞が生じやすいという、

それぞれの特徴がみられます(^_^)。

夏の暑い時期は、「自分のエネルギーを滞らせない」という方面からのとり組みが効果的となるでしょう。

不要なものをためない、できることを後回しにしないという、スムーズな動きを普段から心掛けていき、自分のペースを守っていくのがよいと思います。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 時間、他人、物質が関わる、この世での学び|メッセージ。 | トップページ | 大枠で考えると、解決の糸口をみつけやすい。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

リカコ様
こちらは、湿度の高い毎日で、私は、すっきりしない重い状態でした。
自分のエネルギーを滞らせない、取り組みに、運動と思いトレッキングをしてみました。
最初だるくて調子がでなかったのですが、そこを乗り越えると、汗をかくことで、詰まっていた栓が抜けたように、通りが良くなった感覚でした。
体だけでなく、思考もグルグルしていたので、両方に効果があったようです。
自分を、なるべく良い状態に整える大切さを知りました。
ありがとうございます。

投稿: せんたくもの | 2017年7月15日 (土) 18時57分

せんたくもの様

この記事は、湿気という環境によって、自分のオーラが影響されることもあり得るという、可能性について書いていることであり、必ずそうなるという意味では書いていません(^_^;)。

また、仮に、湿度の高い時期に、ご自身の状態が下がったとして、それが、湿度によるオーラを通した影響とは限らず、そうでない原因の可能性もあり、どちらであるかはわかりませんよね(霊視しない限り、私もコメントだけではわかりません(^_^;))。

気候や気温による、肉体的な疲れ(オーラではなく)という可能性もありますし・・・、一概には言えないのです。

ご自身の主観や感覚での「重さ」を、エネルギーの状態と直結させてとらえてしまうと、場合によっては、実際のところと開きがでることもあるかもしれません。


ここでお伝えしていることは、あくまで「一例」であり、別のケースも多々あります。基本的に、「一記事に、ひとつの話題」として構成していますので、その他のケースについてふれていない書き方になっていることもあります。

そして、エネルギーはこんなふうに作用するという、「しくみ」を説明している場合もあり、そういう場合は、日常の個々の出来事には、ズバリとはあてはまらないこともあります。重なるところはあるとしても、たとえるなら、世界地図と、近所の地図のような規模の違うことを対象としているような差が、でてしまうこともあります。


いろいろなケースがありますので、

ご自身の感覚に引き寄せすぎても、場合によっては曲解が起こり得る可能性もゼロではないので(それは、あなただけでなく、誰にも言えることですが)どうぞその点はご注意なさって、あまりスピな方面だけに偏らないことが、ちょうどよいバランスになると思います(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年7月16日 (日) 00時34分

リカコ様
ありがとございます、そうでした。スピリチュアルな方向に偏らないこと、
興味のわくままに、偏りがちで、思い込みに注意しないといけなかったです。
地に足をつけて、現実に目を向けるようにしたいと思います。

投稿: せんたくもの | 2017年7月16日 (日) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時間、他人、物質が関わる、この世での学び|メッセージ。 | トップページ | 大枠で考えると、解決の糸口をみつけやすい。 »