« 自分と相手の、「時間」に対する認識の差を考える。 | トップページ | リーディングのご感想|スカイプセッション。 »

2017年7月 3日 (月)

繋がりという力。

たとえば、他者との繋がり。または、場所との繋がり。社会との繋がりというふうに、「何かとの繋がり」をもっていられると、人は安心を覚えるものです。

それらは、自分に何らかの役割や名称を与えてくれるからです。

山田さんからみた友だちである自分、会社からみた社員の自分、上司からみた部下である自分というように、

繋がりがあることで、相対的に、自分が「何かの存在でいられる」ことが、安心になるのです。

友だち付き合いなんて面倒!と思っても、いざ付き合いから離れると、「これでよかったのかな」という思いがでるのは、繋がりのない状態の不安感がでてくるからでしょうね。

仕事やめてストレスがなくなってスッキリした、もうわからずやの部長と関わらなくていいのでせいせいした、という気持ちになっても、数日もすると、会社という組織に属していないことが不安になってきて仕事をしたくなるという経験は、多くの人がもっているのではないでしょうか(^_^;)笑。

繋がりは、維持していくための負担が大きいです。ですからときどき、そこから離れて身軽になりたいと思ってしまいます。

けれど、それあるからこそ、安心が得られているんですよね。

負担で、面倒で、重くて、自由になれない繋がりにも、私たちは「助けられている」のです。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

|

« 自分と相手の、「時間」に対する認識の差を考える。 | トップページ | リーディングのご感想|スカイプセッション。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

知り合った繋がりはたしかに大切です。だけど、自分が向上したいと思うほど、その心地よさに浸っていいのか迷います。

投稿: こじたせ女子 | 2017年7月 3日 (月) 20時05分

こじたせ女子さま

ここで書いていることは、繋がりというものがもつ、私たちに与える印象とか、作用とかの全体的なことです。

そのうちの、ひとつひとつ、Aさんとの繋がり、B団体との繋がりということには、それぞれ個別の、印象があったり、意味があったりするものですよね。そちらのひとつひとつを保つか、それとも断つかというのは、

個人の判断をつかって、自分の人生に必要だと思うものを、選んでいくといいのではないでしょうか(^_^)

投稿: リカコ | 2017年7月 4日 (火) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分と相手の、「時間」に対する認識の差を考える。 | トップページ | リーディングのご感想|スカイプセッション。 »