« 色のエネルギーにふれる。 | トップページ | ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている? »

2017年6月17日 (土)

遅いほうが、よりうまくいくこともある。

あれもこれもしないといけない。もっと早くしないと。これでは遅れているじゃないか。と、焦りでいっぱいになるほど、ますますものごとが進まなくなります。

それは、「焦ることに、エネルギーが使われているから」です。

63057449_s
ある気持ちを、自分の中に持ち続けていくためには、維持するためのエネルギーが延々と費やされます。

それは、焦りに限らずどのような思いも感情も同じしくみです。

嬉しいとか、期待感とかの思いならば、前に進む力にもなりますので、エネルギーが使われるとしてもそれだけのリターンもでてきます。

しかし、焦りは、現状に対して「できていない」「十分でない」という否定の思いからでてくるため、前に進む力になりにくいのです。そうすると、エネルギーは、その場の空ぶかしにつかわれるようなものですね。

焦ってしまう気持ちはわかるけれど。

しかし、焦っても、早く進めるわけではないのです。

早く進みたいならむしろ、焦るという行為にエネルギーを使うことを止めて、他のことへそのエネルギーを配分するほうがいいんですよね。

あれもこれもできていない!という思考にエネルギーと時間を使うことをやめて、「では、まず、今から何をするか」と、具体的に考えてみてください。

30分しか時間がなくても、30分あればできることも、何かしら存在するでしょう。それを見つけて、当てはめていけば、その分だけは前進しますよね。

30分しか時間がないのに、半年も掛かりそうなことを当てはめるから(^_^;)、難しいことになるわけです。

まずできることから。

他は、その後に改めて考えていくこととします。

そうした切り換えで、動きをとっていくと、焦りという消耗から抜け出せます。

そして、このような考え方もしてみてください。

遅いという不安は心配はわかりますが、ときには、遅いほうがうまくいくこともあります

早いほうがいいことばかりではありません

じゃんけんは「後出し」をしたほうが、勝つに決まっています、笑。

実際に、相手とのじゃんけんをするなら後出しはルール違反ですが……、

しかし、自分だけが関わることや、内輪同士のことや、勝負や競争とは無関係の場面であれば、後から出したベストの選択肢を採用しても、まったく問題はありませんよね。

見極めてから、よりよい方法を選択するという方法もあるということです。

スタートが遅くなったとしても、内容が合っている選択ならば、それが一番スムーズに進めるのですから。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 色のエネルギーにふれる。 | トップページ | ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色のエネルギーにふれる。 | トップページ | ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている? »