« ★スカイプセッションの料金は、7月より改定させていただきます。 | トップページ | 気づきにくいものの、ありがたさに気づく。 »

2017年6月22日 (木)

やらなければいけないことがありすぎて、ものごとが進まないときは。

あれもこれも、やらなければいけないことがたくさんありすすぎて、やってもやっても区切りがつかず、体も気持ちも休まらないことがあるものです。

なぜそうなっているか。

やるべき事柄と、自分の処理能力との差があるということですから、「抱えている事柄が、多すぎる」か、または、「処理能力が追いついていない」かのどちらかとなります。

43175696_s

つまりそうした状況のときに、改善のために意識するポイントとしては、

ひとつは、「やらなくてもいいことや、優先度の低いことまで抱え込んでいないか」という点です。

どちらかといえばやるほうがいいとしても、必須ではないことまで「やらなければ!」と思い込んでいたり、後でも十分に間に合うことを、すぐにやるべきことを同列に並べていたり、他人を助けよういう思いやりから、自分の作業を増やしたりしていないかを考えてみましょう。

よく気がつく人や、客観的な視点を持っている人、共感力が高い人は、こちらの理由で抱えすぎてしまうことが多いです。

もうひとつは、「効率が悪いやりかたをしていないか」という点です。

Aという作業と、Bという作業をどちらを先にするかで、掛かる時間が変わってくる場合がありますね。また別のケースでは、AとBを、同時にやると少し時間が短くなるのに、ひとつが済んでから次、というふうに取り掛かっているので時間が掛かってしまうなどです。


どちらも、落ち着いて客観的にとらえてみれば、すぐにわかることなのですが、体力にも気力にも余裕がないときは、そういう考え方になれません。

まったく余裕がないときには、たとえるなら、テーブルの上にたくさんの物が載っているため「作業スペースが確保できない」のと同じです。

アレとコレを使ってこうしよう、という工夫の作業をすることにも、これは量が多すぎるのでは、という比較をすることにも、作業スペースは必要ですからね。

載っている量が減って、余裕がでてこないと、そうした工夫はとれないものなのです。

しかし、そうした状況でも、このような「2つのうちの、どちらかに該当するのでは」という○×のようなシンプルなことなら、あてはめやすいと思いますので(^_^)、ここから糸口を見つけてみてください。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« ★スカイプセッションの料金は、7月より改定させていただきます。 | トップページ | 気づきにくいものの、ありがたさに気づく。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★スカイプセッションの料金は、7月より改定させていただきます。 | トップページ | 気づきにくいものの、ありがたさに気づく。 »