« 信頼のおける相手と、力を与え合う|今日のメッセージ。 | トップページ | 経験を重ねて、自分の価値観を知る|今日のメッセージ。 »

2017年6月 7日 (水)

「何をするか」と考えてもまとまらないときは。

18810517_s
「自分はこれから、何をするのがいいだろう」とか、「どんなことをするのが、自分にふさわしいだろう」という考え方では、思考がまとまらないことがあるものです。

そういうときは、「何を」や「どんなこと」という部分を、「誰のように」と置き換えてみてください。

自分はこれから、たとえば「誰のような活動をするのがいいだろうか」、「自分にふさわしいのは、たとえば誰のような行動だろうか」というふうに、目標となる人物を「たとえ」として探してみるのです。

そうすると、「知り合いの○○さんのような活動をしてみたい」とか、「著名人の○○さんのようなライフスタイルで過ごしていけたら」というように、思考が具体的になっていくことがあります。

「何を」や「どんなこと」では、抽象的すぎて思考がまとまらないときは、

実在の誰かをイメージすると、抽象的な思考を、ひとつの方向性で束ねるための指針となることが多いのです。

それだけ、人物の与える印象は大きいということですね。

「人」という存在は、あらゆる形で、気づきを与えてくれます。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 信頼のおける相手と、力を与え合う|今日のメッセージ。 | トップページ | 経験を重ねて、自分の価値観を知る|今日のメッセージ。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信頼のおける相手と、力を与え合う|今日のメッセージ。 | トップページ | 経験を重ねて、自分の価値観を知る|今日のメッセージ。 »