« ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている? | トップページ | ★スカイプセッションの料金は、7月より改定させていただきます。 »

2017年6月20日 (火)

家族は、別のたましいの領域から「集まっている」関係です。

まずは前提の知識として。

ブログでもよくとりあげる話題ですが、先祖霊と守護霊はカテゴリーが別の存在となります。

【過去記事】:先祖霊は血縁の繋がり。守護霊はたましいの繋がり

たとえば、今回の人生で、田中家に生まれたとしたら、先祖霊は「田中家の家系」という繋がりの関係ですよね。

田中家のお祖父さんやお祖母さんが、自分の先祖霊ということになります。

守護霊というのは、たましいの繋がりですので、フランス人やアメリカ人が守護霊であるケースもあります。日本人とは限りません。

61033963_s

ここでタイトルの話題に戻します。

自分の親や兄弟、自分の子どもという「家族」も、血縁の繋がりの関係ですね

つまり、先祖霊と同じカテゴリーの、「たましいの領域は、共通していない」存在となります。

今回の人生では、同じ「田中家」という家族として生まれた仲間同士でも、学びの要素もそれぞれ、備えている個性もそれぞうという、たましいは共通していない関係なのです。

自分と守護霊は、性質その他がとてもよく似ていることが多いけれど、

家族については、「それぞれの場所からきている」存在ですから、容姿や体質という、肉体的なところは共通点が見られるとしても、性質などは、まったく違っていることがあっても、この構図からすると不思議ではないのです。

この世においては、血縁という繋がりが、もっとも根本的な近い関係となりますので、ここが繋がっているのだから、似ているはずだと、つい思い込みを持ってしまいますが

たましいの大元は別ですので、違う個性をもった人同士の集まりとなることも、場合によってはあり得るということです(^_^)。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている? | トップページ | ★スカイプセッションの料金は、7月より改定させていただきます。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

たましいの大元は別々に分かれていて、それぞれはずっと別々のものなのでしょうか。霊の世界でたましい同士が関わり合うということがあるのでしょうか。

投稿: オキスミ | 2017年6月20日 (火) 22時26分

オキスミ様

ご質問が、質問の単語のみ一文で書かれても、文章が短いと説明が少なく、何をお聞きになりたいのか、質問の主旨がこちらに伝わりにくいです。もうすこし文章をたしていただくか、別の表現で書き換えていただけますでしょうか。

たとえば、「ずっと」とは?

一般的に「ずっと」を使うときは、たとえば「30分以上まっていた」ときに、「ずっと待っていた」というふうに、時間の経過が伴う継続に、使われる言葉ですよね。

あの世には、こちらの世界のような時間の経過はありません。たましいの大元についての質問であれば、あちらの世界の側のことをお聞きになっていると思うのですが、この場合の「ずっと」とは、たとえばどんなシチュエーションのことを想定して選んだ言葉でしょうか。そこが、この一文だけでは、前後の文章がないので、何を知りたい質問をいただいているのかが、わかりかねますので(^_^;)。

そして、「たましい同士の、関わり合う」というのも、たとえば、どういうシチュエーションのことを想定いるのかが、こちらも同様に文章が短すぎてわかりにくいのです。
「霊」ではなくて「たましい」が、ということですよね。たましいの形がないもの同士の「関わり合う」とは、たとえば、武士と牧師がやりとりするというものとは別のことですよね?お聞きいただいているのは、「霊」ではなくて、「たましい」のことなのですよね?こちらも、たとえばどういうシチュエーションになることが「関わり合い」なのか、というのが書かれていないので、

文章をもう少し、長く説明をしていただければ、わかる範囲であれは何かお答えできるかもしれません。

投稿: リカコ | 2017年6月23日 (金) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほとんどの人間関係は、前世のどこかで会っている? | トップページ | ★スカイプセッションの料金は、7月より改定させていただきます。 »