« ●【受付を終了しました。】メール回答のリーディングを受付します. | トップページ | リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 »

2017年6月15日 (木)

子どものオーラ、大人のオーラの違いなど。

オーラのようすとは、「その人自身のあらわれ」です。

すべての人には、その人独自の個性がありますから、オーラのようすもそれらが反映していて個人差があります。

27658223_s

【小さい子どものオーラ】

まだ小さい子どものうちは、オーラは全体的に「ほわーん」とした柔らかさがあるような雰囲気ですね。全体がひとまとまりのようでもあり、大人ほどには性質のあらわれがはっきりしていません。備わっている個性が、「これから作られている」とも言えますし、「これから表面化してあらわれていく」からでもあるのでしょうね。その前段階にあるオーラという印象です。

※過去記事:幼い子どものオーラは、ふんわり、ほわーんとしている



【20代前半くらいまでの、若い人のオーラ】

若い人のオーラは、活力があります。エネルギーそのものが、若さがのった力強さみたいなものが感じられます。体力も気力も充実している時期ですから、(オーラとは、その人自身のあらわれですので)そうしたエネルギーになるのも当然ですね。オーラのエネルギーが「濃い」という印象です(色の濃さのことではなく)。しかし、社会経験の少なさから、「自分をうまく運ぶことが大人のようにはできにくい」ので、素材そのまま的な?荒削りを感じさせることもあります。しかし、その「荒削り」なところが、裏表としての「力強さ」でもあるのでしょう。

【大人のオーラ】

経験値が多くなるほど、比較対象がたくさんあるので自分を知ることができます。知恵も増えていくので、自分をうまく運ぶということの感覚がわかってきて、自主性や責任感などもよりしっかり定まっていきます。そうしたすべてが、オーラのようすに反映していきますから、大人のオーラには、若い頃にはみられない「深み」があらわれます。荒削りな感じは薄れて、その人「らしさ」がわかりやすくなります。若い頃のオーラは、「らしさ」が「強さ」に覆われてしまうこともあるのですが、そうしたバランスがうまくとられていき、「らしさ」がわかりやすくあらわれていきます。

【シニア世代のオーラ】

それまでの年代と比較すると、気力や体力は下がっていきますので、比例してオーラの活力も落ち着いたものとなっていきます。その分、荒削りなところがなくなり、達観した感性がオーラにもあらわれていきます。ですが、今の時代は、この年代の方達が一番元気で行動的だったりしますね、何しろ、日本経済が元気だった時代を経験している方達なので、オーラも、若々しい方が多いです(^_^)!

人の様子は個人差があり、年代だけでくくれるものではないですよね。オーラのようすは、その人自身のあらわれですから、個人差が大きく、必ずこうなるというものではありません。上記はあくまで、ざっくりとした特徴をあげたものとなります。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« ●【受付を終了しました。】メール回答のリーディングを受付します. | トップページ | リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ●【受付を終了しました。】メール回答のリーディングを受付します. | トップページ | リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 »