« リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 | トップページ | ■ インフォメーション ■ »

2017年5月 2日 (火)

背中側を意識した呼吸で、前のめりオーラのバランスをとる。

昨日の、「エネルギーを引き受けやすい人の、改善方法」の続きです。・・・「の」が、多いですね(^_^;)。

コンディションが下がっているケースのひとつに、「不安感からの焦り」があります。不安を解消しようと、あれもこれも備えて置かなくてはと頑張り過ぎたり、不安をうめるための「何か」を見つけようとして、気持ちだけが、前に前にと進んでしまう状態です。

そういうときは、オーラのようすも、本来のあるべき位置よりも、前のほうに比重がおかれるようなアンバランスさがみられます。過去記事、「前のめりオーラ」を、あわせてお読みいただくとわかりやすいと思います(^_^)。

こうした、前のほうにエネルギーが集まっている状態を、本来のあるべき位置へと戻すことにも、呼吸を深くすることは有効です。

昨日の記事のとおり、影響をうけてしまうことが多い人は、呼吸が浅いケースが多いです。

そして、焦りの気持ちでいっぱいなときにも、緊張感から、呼吸は浅くなりがちです。

つまり、この2つはとても近い位置にあります。

オーラ的に見ても、だいたい、影響をうけやすい人は、不安が大きくて焦りも大きいので、前のめりオーラになっているか、または、不安から過剰に思考しすぎて、比重が上のほうにきている、浮き上がりオーラになっているかのどちらかです。

昨日の記事のとおり、呼吸は、エネルギーを動かすためのポンプのような役割にもなりますから、深く動きを「つけていく」ことで、エネルギーのバランスをとることができます。

21170759_s
改善のための呼吸は、「背中側を意識して、そちらに空気を送り込むかのような呼吸」をするといいのです。そうすると、オーラもポンプと連動して動きますので、背中側のほうにもエネルギーが押し出されるように動いていきます。

しかし、背面を意識するというのはなかなか難しいです。やってみると、難しさがわかります(^_^;)。

目や耳が向かっている前面は意識することは簡単なのですが、背面へ意識を向けるとか、エネルギーがそちらに動くようなイメージをといっても、どうもそれが感覚として結びつかない、脳内で思い浮かべることも前面ならできるけれど・・・となりがちです。

この場合は、背中側に、何らかの物理的な「ふれる感覚」があるほうが、呼吸を意識しやすくなるので有効です。

クッションをつかう方法が簡単なので、おすすめです(^_^)。

壁に寄りかかり、背中に(壁と、自分の間に)クッションをおいて、クッションに体重を少し掛けるような形をとります。そして、クッションが触れている感覚のところに、自分の内側から(表面にふれている)クッションを、エネルギーで押すようなイメージで呼吸をします。つまり、吸うときに、背中側へ内側から押すような感覚です。

そうすると、呼吸によって、エネルギーも背面のほうにもめぐりやすくなります。

このとき、位置としては、肩甲骨の間あたりに置くのがいいですね。ここは、スピリチュアルなエネルギーの出入り口でもあるので、両方の意味で効果的です。

座布団を使う場合は、「ふたつに折って」背中の上のほうに置くといいです。広げて全面にあてた状態になると、わかりにくいです。

これまで何度も書いていることですが、この世において「比較」をした理解はとても「わかりやすい」のです。背中にふれる感覚も、全面にそれがあるよりも、一部分のみにふれた形で、「ある」場所と、「ない」場所との差がついているほうが、「ある」の場所を意識しやすいので、「わかる」が際だっていくようになります(^_^)。

他者の協力を得られる場合は、相手の人に、自分の背中に手のひらをあててもらって、同様に、内側から手をエネルギーで押しかえすようなイメージにすることでもいいですね。

クッションのほうが、自分の体の動きを吸収してくれますから、体感としてわかりやすいので、こちらの方法がおすすめです(^_^)。

crownブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 | トップページ | ■ インフォメーション ■ »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

胸式で呼吸することを心掛けてと言われたことがあります。
この記事のように意識して心掛けると、自然にそうなることに気づきました。

投稿: みゆき | 2017年5月 2日 (火) 18時48分

みゆき様

肩甲骨を意識して、胸をはる(鎖骨どうしを開くような?)イメージをで姿勢をつくると、空気が深くはいります。

空気がたくさん入って深く、吐く、吸う、という動作ができると、エネルギーがよく動くようになると思います。

投稿: リカコ | 2017年5月 2日 (火) 18時59分

鎖骨どうしを張るというのはよくわかります。
鎖骨と肩甲骨をなめらかに連動させるかんじですね。

私はこどものころ吹奏楽や水泳をやっていたせいもあって、腹式呼吸に親しんでいてそれをよしとする価値観があったのですが、息のしかたも個性というかクセになってしまっていることがあるので、ときどき息のしかたを気にするように心掛けようと思いました。
ありがとうございます。

投稿: みゆき | 2017年5月 3日 (水) 14時23分

みゆきさま

誤解のないようにお願いしたいのですが、私は、「胸式の呼吸を勧めている、・・・ということではない」ですので(^_^)。

一連の記事のとおり、「呼吸が浅いことで、影響のされやすさに関連している」ケースがあるので、「そういう場合」の根本的な対処法として、

呼吸が浅い状態を改善しましょう→何らかの呼吸法や運動などが有効です→一例として、クッションの・・・

というふうな流れでの、一例のご提案であるということです。

腹式呼吸になじんでいて、それまでの経歴や習慣などから呼吸がしっかりできているのであれば、特には、こうした呼吸の方法を重ねなくても十分ではないでしょうか(^_^)。

または、現時点であまり呼吸が深くないとしても、なじんだ方法があるなら、それを行うほうがもっとも無理がなく自然にやれる「自分にとって良い方法」かもしれません。(変える必要があるかどうか、ということも考えてみることをおすすめします。何でも、目新しいものがいいというわけでもないですのでね)

「呼吸が浅いことを、変える」という目的がまずあって、「それに対する手段」という、セットでとらえていただければと思います。

投稿: リカコ | 2017年5月 3日 (水) 17時00分

ああ、これは申し訳ございません。いろいろ私の話が抜けています。説明しますと、かねて身体トレーニング系の健康指導をうけたときに「腹式にかたよっているので胸式を意識しましょう」と言われていて、それは具体的にどうすることなのかなと思っていたところにこの記事を拝見しまして。

私は前のめりで不安の強いタイプだからそういうことなのかなとこう自己判断してしまっただけです。以前からの疑問がいっきにピンときたと自分では思ったのですが、自称不安だというだけですし、そのアドバイスをくださったかたの判断が絶対とも限らないですし、厳密なことはやはり私個人ではわかりませんので、不適切な発言であったと思いました。失礼しました。

投稿: みゆき | 2017年5月 3日 (水) 23時26分

みゆきさま

お詫びいただくようなことではないし、不適切なことでもないと思います(^_^)。
不安感がどこからくるか、オーラの様子がどうかというのは、なかなか判断が難しいものではありますが、

「不安感が大きいかどうか」ということと、「呼吸が浅いかどうか」は、だいたい自分で判断がつくと思うのです(^_^)。呼吸が浅いなら、記事内のことが役立つかもしれないので、そういうケースではいかしていただければと思います。

しかし、(仮に)呼吸は浅くないなら、きっと別のことの取り組みのほうが適しているのかもしれませんし、不安感がわいてくる理由(原因)は、この記事とは別の(この記事のことの関わりがゼロではないにしても)何かが、あるのかもしれませんね。

投稿: リカコ | 2017年5月 4日 (木) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーディングのご感想|指導霊のメッセージ。 | トップページ | ■ インフォメーション ■ »