« ある日の、「予感」の話。 | トップページ | 目的は、ひとつと限らず、複数あっていい。 »

2017年5月21日 (日)

自分が得たいセンスを持っている人と、関わりをもつ。

人との関わりは、お互いのオーラ同士の関わりでもあるので、目に見えないエネルギーの領域でも、影響を与え合うことになります。

この作用をいかして、「自分を高める」ことができます

具体的には、自分が伸ばしたいセンスを発揮している人と、会話をするとか、一緒の行動をするとか、会いにいくなどして「関わる機会をもつこと」です

そうすると、オーラを通して、エネルギーレベルの交流もはかられます。

たとえば、「歌が上手い人と一緒にうたうと、つられて?他の人たちも、いつもより上手くうたえる」ことがありますよね。

相手の波長に、自分の波長が同調していき、近い領域で振動できることで、自分が作りだす成果(歌のうまさ)が変わっていくという作用です。

それと同じように、関わる機会をもつことで、相手の波長と同調する経験が蓄積されていき、コツがつかめたり、自分が振動できる幅が広がったりして、「自分が高まっていく」ことが期待できます(^_^)。

「自分の中にあるセンスも、A子さんみたいにスムーズに発揮できるようにしたい」とか、「自分も、山田さんのような活動をしてみたい」と思う、理想的な動きをしている方がいれば、その人との関わりから刺激をいただくことは効果的です。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

 

◆セッションのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« ある日の、「予感」の話。 | トップページ | 目的は、ひとつと限らず、複数あっていい。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ある日の、「予感」の話。 | トップページ | 目的は、ひとつと限らず、複数あっていい。 »