« 自分が備えている道具を知る|スピリチュアル・メッセージ | トップページ | 他者を癒す役割を、もっているあなたへ|スピリチュアル・メッセージ。 »

2017年4月20日 (木)

エネルギーが集まりやすいのは、右手か左手か。

人の体の周りには、オーラと呼ばれるスピリチュアルなエネルギーがあることは、スピリチュアルに関心をお持ちの方にとってはおなじみの知識ですよね。

全体のオーラの密度や集まり具合は、均等にはなっておらず、「よく使う部位、よく動かす部位」ほど、活性化されてエネルギーがたくさん集まっているという構造になっています。

どこにエネルギーが集まっているかは、その人が備えている性質により違いがありますが、皆に共通して当てはまるのは「手」ですね(^_^)。

手によって、書いたり、持ったり、細かい作業をしたりという行為が、生活の中に深く根ざしていますから、「よく使うことで、磨かれ、高まる」ということです。

そうした、エネルギーの集まり度合いが平均より大きい人は、たとえば手で何かをつくることが上手だったり、手にとったものにエネルギーを載せることができるというメリットがあるのですが、

同時に、そのメリットの「裏表」として、「手でふれた電化製品を不調にしてしまう」ことも、わりと起こりやすいようです(^_^;)。

こちらの過去記事:(スピリチュアルなエネルギーが、電化製品に干渉してしまうことがあります)で書いたとおりで、霊的なエネルギーは、電気ととても馴染みやすい特徴をもっているためです。

こうした現象が起こる条件として、面白い規則性が見られます(^_^)。

74918323_s

エネルギーが集まりやすいのは、左右どちらか。

両手のエネルギーの集まりやすさが、左右均等になっているケースは少なく、左右のどちらか一方に集まるケースが多いようです。

私の場合は、エネルギーが集まりやすいのは左手です。

上記の過去記事へのコメントで、普通に使っているのにタッチパネルが故障しやすいというコメントがつきました。

私も、電化製品を不調にしてしまうことは、ときどきありますが、しかし、タッチパネルに影響させてしまうことはそんなに多くないです。パネルを操作するのは、利き手の右手ですが、エネルギーが集まっているのは左手だからかもしれません。

一方、パソコンの消耗度は早く、不調にもなりやすいです。おそらく、キーボードを操作するのが両手であることが影響しているような気がします(^_^;)。

タッチパネルを不調にしやすい人は、「利き手と、エネルギーの集まりやすい手が、揃っている」のかも?と思います(^_^)。

自分の「エネルギーの手」は、どちらか

左右のどちらに、エネルギーが集まりやすいかを知るための、わかりやすい目安が2つありまして、

ひとつは、「手が触れるもので、左右で使うもの」、たとえば手袋などのいたみやすさです。手袋の片方だけが破れたり、穴があいたりするとしたら、そちら側がエネルギーの出やすい手だから、という可能性があります。

もうひとつは、握力です。エネルギーの集まりやすい手は、握力も強いことが多いようですね。

私は、手袋は左手のほうばかり穴があきます。・・・穴があくような使い方は一切していないのに。右手のほうは新品同様なのに、そうした差がつきます。握力は、左のほうが少し高かったはずです。

そういえば、この記事を書きながら思ったのは、パソコンのキーボードも、左手側のみ、キーにプリントされている文字が剥がれやすいです。今までは、「S」とか「A」とか頻繁に使う文字が左側にあるので、使う回数が多いために減っているのだろうと思っていましたが、もしかすると、この件も、エネルギーの集まりやすい手であることが関連しているのかも?しれないですね(^_^;)。

 

crownブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 自分が備えている道具を知る|スピリチュアル・メッセージ | トップページ | 他者を癒す役割を、もっているあなたへ|スピリチュアル・メッセージ。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

恐らく…ですが。
私も多分、左手の方が強いように感じています。

根拠としては、自転車のハンドルグリップや料理用具の握るグリップが左右ほとんど差がなく軽く握っているにも関わらず、左側だけが握った跡のように凹むのです。(右側は凹まない。)

最終的にグリップがボロッととれます。

しかしながら、タッチパネル類の故障については右手の指で操作しています。
右手の指で操作すると、かなりの高確率で故障するのです。

試しに、左手の指で操作すると故障しないことに最近、気がついたのです。

左手は手のひらの中央部分が恐らく、エネルギーが強い、右手は指先がエネルギーが強い…。

と、部位によるエネルギーの強弱があるのでしょうか。

投稿: かぷちん | 2017年4月21日 (金) 21時22分

かぷちん様

以前の、電化製品への干渉の記事内にも書いてありますけれども、故障のすべてが、スピリチュアルなエネルギーのせい、ということではまったくないですから、そこは拡大解釈なさらないようにお願いします。

また、手のエネルギーが大きい人は、前回の記事や、この記事のようなことも「可能性として、あり得る」ということを書いているのであり、

手からでるエネルギーの大きさで、故障や不調和が起こっているとは必ずしも言い切れません。他の理由も絡んでいるかもしれませんし、たまたまかもしれません。いろんな可能性はあります。

その,可能性のいろいろの中に、この記事ような「エネルギーの関連というケースも、含まれている」ということを、説明しているにすぎませんので、

手のエネルギーの作用を、必要以上に大きくとらえすぎないようにお願いします。

>左手は手のひらの中央部分が恐らく、エネルギーが強い、右手は指先がエネルギーが強い…。
>と、部位によるエネルギーの強弱があるのでしょうか。

そこまでは、ちょっと考え過ぎ、とらわれすぎになってしまっているかもしれません(^_^;)。

そうした「部位の強弱の差」が、「あるか、ないか」というイエスノーでいえば、「ある」と思います。

しかし、そうした、手の部位の差に比例して、精密な機器が頻繁に故障をするような関連性になるかといえば、それは可能性としては高くないような気がします。

手のエネルギーは、皆の手からでているものであり、その比率が平均より高い人は、世の中にたくさんいます。そういう人は、エンジニアの中にもいるでしょうし、そういう人の手を通って、動作確認がなされて製品化されて、世に出るわけですので、

そうした、手からでるエネルギーの、部位ごとの差が、故障に直結しているとまでは、ちょっと考えにくいような気がします。

頻繁に不調和が起きるなら、手のエネルギーだけでなく、別の理由も関連しているのかもしれません。

また、エネルギーが大きいだけで、電化製品が不調になるわけではないので、(仮に、スピリチュアルなエネルギーの影響だとしても)そのときのコンディションが関連しているものであるのは、過去記事のとおりですので、そちらも再度ご覧いただけると幸いです。


しかし、私の記事の説明がわかりにくいとか、書き方が悪くて、誤解を招くものとなっていたのであれば、申し訳ありませんでした。

また、いただいたコメントから発展させて話題としましたが、それもすべきではなかったかもしれませんん。今後は、控えますので、どうぞご容赦ください。

投稿: リカコ | 2017年4月21日 (金) 22時03分

気をつけます。
リカコさんの説明はとてもわかりやすいです。
私の妄想力が暴走してしまい、申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

投稿: かぷちん | 2017年4月21日 (金) 22時50分

私は両利きで相当敏感ですが、家電に影響が出る際は、手や指を使っていない、又は使う直前です。

全てをスピ的なものだと捉えてしまうと、家電や家具ブレーカー等が全部壊れてしまうでしょう。私なんか、仮に大きな感情の揺れがある度に、きっと家電製品も何もかも壊してしまうでしょう。

『一般の方々』の場合、家電に影響が出る場合は『物理的な問題』の方が圧倒的に多いはずです。なので、家電故障の原因になりがちな静電気抑制目的で、手を洗うことが解決策の一つになる旨、以前かぷちんさんの極端な思考に対して横レスで書いたのですが、UPされずに残念に思います。

また、家電は寿命が大体決まっているので、移転等で揃えた製品が同時期に一気に壊れることも普通にあります。

以上、通信業界及び家電製品関連の追加業務を行っている、感度が一般の方々よりも強い者の長年の経験を述べました。
何でもスピに結びつけることは、危険な思い込みだと確信しています。

投稿: waitrose | 2017年4月30日 (日) 06時39分

waitroseさま

>私は両利きで相当敏感ですが、家電に影響が出る際は、手や指を使っていない、又は使う直前です。

影響のでかたは、人それぞれです。いろんな形がありますよ。

「手にエネルギーが集まっている人は、手でふれることで反応させやすい」でしょうし、「手にエネルギーが集まる特性をもたない人は、反応させる条件が、手で触れることに限定されない」という、違いがでてくるだけの話ですね(^_^)。

私自身も、手でふれない形の反応のほうが大きいタイプです。あらわれ方は、(作用が、スピな現象だと仮定したとして)、いろんな形があります。

あなた自身も、もしかしたら、私と同じタイプで、手を介さない形で反応させることがある、ということなのかもしれませんね。

しかし、だからといって、「手にあつまる性質を持つ人の、ふれることによる反応」をする人がいる「事実」の否定にはなりませんよね。自分と他人の性質が違っていても、それ自体は普通にありうることで(^_^)、違いがあるのが当然ですので。実際、手にあつまるエネルギーのみが、反応をおこしやすいという、そういうタイプの人も、いることはいるのですよ。コメントを書かれている方が、それに該当するかどうかは、コメント越しではわかりませんけれど。

そして、今回の記事は、「手に集まるエネルギーのケースを書いている記事である」ことを、ご理解いただきますよう、お願いします。

>『一般の方々』の場合、家電に影響が出る場合は『物理的な問題』の方が圧倒的に多いはずです。なので、家電故障の原因になりがちな静電気抑制目的で、手を洗うことが解決策の一つになる旨、以前かぷちんさんの極端な思考に対して横レスで書いたのですが、UPされずに残念に思います。

UPしなかったのは、事実としてのアドバイスは有益ではありますが、しかし、第三者の見解を頭から否定するかのような記載のしかただったからです。機器の動作については、あなたの知識に基づいた記載のとおりであるとしても、しかし、スピリチュアルな解釈については、特定の方に意見するようなことは、それはちょっとコメント欄をオープンにしている主旨と違いますし、実際、スピな解釈の部分については、あなた様の解釈も、多分に「自分の側に引き寄せたものになっている」と、私としては、そのように思いました。

怖れながら申しあげますが、他者を極端な思考というなら、ご自身はどうなのかということをお考えになってみてください。

このブログは、私という個人が運営しているブログです。運営者で執筆者である私に対して、というならともかく、コメントを寄せた第三者に対して、個別にその方に向けた否定的なコメントを、運営者ではない方が入れるというのは、いかがなものでしょうか。

あなた様が、個人的に、どのような解釈をなさることも、どのような見解をお持ちになるかということも、それをあらわすかどうかということも、あなた様の自由です。しかし、それをあらわす形や場は、それにふさわしい場を選ぶべきで、私という他者の管理下でそれをなさるのではなく、ご自身の管理する場で、行っていくのがいいと思います。

重ねて申しあげますが、専門的な知識からの事実は、有益な情報であることは確かなのです(^_^)。しかし、その客観的な情報にもとづく、スピを絡めた見解は、(あなたはそのつもりがなくても)あなた自身の経験にもとづく、個人的な解釈になっている部分もあって、、、全員にあてはまる形のものではなくて、他にも、いろんな形はありうる、ということです。

感度というのは、どちらかといえば、言葉の意味合いとして、「受けとる、感じる、応じる度合い」としての、反応のあらわれ、応答という側に属するほうをさしますよね。私自身もそうですが、応じる側的な反応になりやすい人と、エネルギーを手からびやーっと放つ形になりやすい人と、いろんな人がいるのです。そして、その両極の間に、人の数だけバリエーションが存在していて、混在しているあらわれになる人もいます。

あなたの見解は、ひとつのケースとしてそのとおりのことであるのはよくわかりますし、同じタイプの性質である、たとえば私であれば、うなずけるところも多々ありますけれども、しかし、反応のあらわれ方は、「人それぞれ」で、バリエーションがあるものなのです。

何でもスピに結びつけるのはおかしいし、危険であることは、おっしゃるとおりです(^_^)。その点は私としても、同じ意見です。しかし、そのことと、「スピ的な反応のあらわれ方は、限定されず、バリエーションがあること」は別の事柄ですので、あらわれ方の解釈については、ご自身も、少々、ご自身の個人的な経験からのみの見方になっていることに、お気づきいただければと思います。

本来であれば、私はあまり、コメントに対して、このように、部分ごとに、こうだ、ああだと、お答えすることは行っておりません。そして、私個人としては、あなた様個人の見解そのものを(どのように受けとめ、どう解釈し、どんな確信をお持ちになるかはそれぞれ自由ですから)否定するつもりもありませんし、意見するつもりもありません。そこはご理解をお願いします。しかし、このコメントをUPしないままでは、また、同じように「残念」と思われたままになって、同じことが繰り返されるのは、誰にとっても有益にならないと思うので、書かせていただきました。

もし、あなたのコメントの主旨と、私が取り違えて解釈をしてしまって、違うことを述べているとしたらお詫びいたしますが、私の側からのスピ的な見解としては上記のとおりとなります。

投稿: リカコ | 2017年4月30日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分が備えている道具を知る|スピリチュアル・メッセージ | トップページ | 他者を癒す役割を、もっているあなたへ|スピリチュアル・メッセージ。 »