« 後天的に培われる性質にも、先天的な性質(本質)が関連する。 | トップページ | これからの人生の目的、という考え方。 »

2017年3月31日 (金)

スピリチュアルなエネルギーが、電化製品に干渉してしまうことがあります。

人が放つオーラや、霊が放つエネルギー(たとえば守護霊からの働きかけなど)、テレパシーや、ヒーリングのエネルギーなどの「スピリチュアルなエネルギー」は、「電気」や「磁気」ととても近い性質をもっています。

霊感が強い人は、そうしたエネルギーを放つ力が平均よりも大きく、それらのエネルギーは電気と似ていて馴染みやすいため、ときどき、「電化製品を不調にしてしまう」ことがあります(^_^;)。

32888021_s

もちろん、「そういうことが、あり得る」という話であって、霊感の強い人が必ずそうなる、ということではないですし、電化製品が壊れる理由が霊感によるという意味でもないですけれど、

こうした現象は、それほどめずらしくはない、よくあることです。

エネルギーを発するか、受けとるか

どのようなしくみで、干渉が起こるかというのは、「その人のエネルギーの動きが、発するほうが得意か、受けるほうが得意か」によってだいたい決まってきます。

エネルギーを発するタイプであれば、「その人自身が発するエネルギー」が、電化製品に向かうことからの作用です。

エネルギーを受けとるタイプであれば「その人が引き寄せるエネルギー」が、(その人が放っているものではなくても)自然と、周囲の電化製品と馴染んでしまって、作用が起こります。

自分のコンディションが、大きく関連している。

しかし、無条件にこうした現象が起こるわけではありません。

こういう現象が起こるときは、スピリチュアルなエネルギーそれ自体に原因があるのではなく、何らかの「不調和」が、エネルギを発したり受けたりしている「自分自身にある」ことを示しています。

怒りや不満の感情がいっぱいだったり、焦りや不安で気持ちが安定していないとか、疲れすぎて本来の調子が整わないことなどが、過剰な状態になっているときに、発するエネルギーもそれを反映して荒っぽいものになったり、引き寄せるエネルギーが、「同じようなものが引きあう波長の法則」によって、同じように不安定なものになったりしがちで、

「そのときのコンディションが反映したエネルギー」が、電化製品にも影響を与えてしまうことがあるのです。

ある意味、自分の状態をはかるバロメーターにもなりますから、周囲でそうした現象が一度に幾つも起こるときには、抱えすぎていたり、頑張り過ぎていたり、期待し過ぎてていたりで、コンディションが下がっていないかという点を、見つめ直してみるといいと思います。

そうして、ここがそうだなと思える点があれば、可能な範囲でそれを調整したり、減らしたり、代わりに何かを加えたりしながら、自分がよい状態でいられるような工夫をとりいれていくといいですね(^_^)。

何にでも、作用するわけでもない。

こうした現象は、不安定であれば必ず起こるということでは勿論ないし、また、霊感が強ければどこまでも広い範囲の大きな現象が起こるということでもありませんので、その点は誤解のないようお願いします。

家にあるような電化製品という規模が小さいのに対しては、こういうことも、ときに起こり得る、という一例であり、もっと大きなものや、精密度の高いものにも、同じような影響が及ぶということではないので。

私が以前、企業で働いていた頃に、かなりの精密機器を扱う部署にいたこともありまして、上司たちは理系のエンジニアばかり、そういう人たちは皆、とても勘が鋭くてスピリチュアルなセンスも高そうな方ばかりでしたが、しかし、そうした方たちが大勢関わっても、規模の大きい精密機器が不調になったりはしませんでした。

人の、エネルギー的な影響の受けやすさが、備わっている性質による個人差があるように、こうした機器も、そのもの「作り」の簡易さとか、動作の安定度の幅だとか、そういうことの差がでてくるということでもあるのでしょうね(^_^)。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 後天的に培われる性質にも、先天的な性質(本質)が関連する。 | トップページ | これからの人生の目的、という考え方。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

叔母ですが、叔母の配偶者が亡くなった後、数日間で冷蔵庫と電子レンジとテレビと冷暖房機が一気に故障しました。

どれも購入後2〜4年と、特に古いものではなかったのに、同時期に壊れました。

叔父は急に亡くなりましたが、通夜で祭壇の準備をしていたら、叔母が置いたお供え物を祭壇に並べたら、いつの間にか無くなり、祭壇で並べてあった同じ並びで、祭壇のすぐ横の床に並べてありました。

誰も置き換えてないそうです。

もともと霊媒師から「霊能力があるから修行をした方が良い」と言われる程、いろいろ不思議な事を起こす叔母でした。

やっぱり淡々していたけど、すごく不調だったんでしょうね。

投稿: あるある | 2017年3月31日 (金) 12時41分

リカコ様
先日はコメントに返信していただきありがとうございました。
さっそく過去記事に目を通していたのですが、読んでいると、細かい振動?が全身を流れて、足の方に抜けていく感覚や、頭の周りが集中してるような、でも眠気でぼーっとしてしまうような感覚でした。
もうこれだけでメールヒーリングなのでは?と思うほどです。ワクワクしてしまいました。
ありがとうございます。残りの記事と新しい記事も楽しみです。

投稿: オオヤマ | 2017年4月 1日 (土) 01時01分

下記は興味深い内容です。

>理系のエンジニアばかり、そういう人たちは皆、とても勘が鋭くてスピリチュアルなセンスも高そうな方ばかりでした

というのは、私は論理的な考えが必要な理系の方は、数字や証明が出来ない分野、スピリチャルには疎くセンスがない方だと思っていました。

投稿: リケジョ | 2017年4月 1日 (土) 04時04分

あるある様

電化製品のトラブルが、記事のとおりの理由のみで起こるわけではないですので、現実的な別の事柄も、複合的な理由であるかもしれず、

叔母様だけが原因でそうなったとも、スピリチュアルなエネルギーが起因しているとも、言い切れないことですので、あまり、ひとつの理由に決めて理解しないほうがいいと思います。

この記事の内容は、そういうことも可能性として起こり得る、あり得るという、一例にすぎませんので(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年4月 1日 (土) 13時59分

オオヤマ様

こちらの過去記事のとろり、スピリチュアルなエネルギーにふれると眠気がくることはよくあります。
http://spiritual-teaching.com/archives/1000

細かい振動とか、抜けていく感覚ということは、オオヤマさんは、体感覚が優れているタイプかもしれませんね。
http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2015/12/post-2986.html

私のお客様はなぜか、この感覚に優れている人が大集中していて、「同じものが集まる波長の法則」だなーと納得しますが、しかし、私自身は、とっても体感覚が弱いほうなので、なぜ、私を除いた波長の法則になっているのかが、よくわかりません(^_^;)。

投稿: リカコ | 2017年4月 1日 (土) 14時07分

リケジョ様

そういうことはないですね。

スピリチュアルに「関心がある」ことと、スピリチュアルな「センスがあること」は、別ですからね。

理系に限らず、男性は、スピリチュアルなことに「関心がない人が多い」事は確かですが、センスのあるなしは、それとは別のことで、無意識でも無関心でも、センスがある人はたくさんいます(^_^)。

また、プロセスの進めとしては論理的となるとしても、ものごとをスタートさせるときの、「方法として、こうしたらいいかな」とか「これって、こういうことかな」という発想があるでしょうから、そういうことにセンスがいかされたりしていると思います。

投稿: リカコ | 2017年4月 1日 (土) 14時14分

私の場合、驚くほどの確立でスマホを始めとした銀行ATM、PCなどのタッチパネル方式の機器が普通に使用しているにも関わらず故障することが多いです。

私の指から何が出てるの?妨害電波??と、一時期、とても悩んだことがあります。

投稿: かぷちん | 2017年4月 9日 (日) 22時27分

かぷちん様

頻繁にそうなるのであれば、たとえば、手からでるエネルギーが、平均より強いとか、そういう可能性も考えられますね(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年4月10日 (月) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後天的に培われる性質にも、先天的な性質(本質)が関連する。 | トップページ | これからの人生の目的、という考え方。 »