« 「自信がないこと」と、「自分を過小評価していること」の違い。 | トップページ | リーディングのご感想|固定電話のセッション。 »

2017年3月28日 (火)

後天的に培われる性質にも、先天的な性質(本質)が関連する。

人の性格や性質とは、「生まれもって決まっている、先天的なもの」と、「生まれてからの環境で培われていく、後天的なもの」と、両方が関連してつくられています。

生まれもって決まっているというのは、たましいの領域から備えてくる性質のことです。

私たちは、何度も生まれ変わって学びを重ねている存在ですので、そうした前世の経験などから培われた性質が、たましいの領域に存在しています。それらを「備えた状態で、この世に生まれてくる」ので、性格や性質とは、生まれた時点ですでに「ある」ものなのです。

生まれてから、ゼロから積み上げるしくみではないからこそ、同じ親から生まれて、同じ家庭内の環境で育っていても、兄弟や姉妹で性格の違いがみられます。

(過去記事:たましいのデータベースから備えてくる性格や性質があります。)

生まれてからの環境で決まるというのは、「環境が刺激になって、自分の中から引き出される」ことと、「環境が学びとなって、新たに培われること」の、2つの要素の掛け合わせになります。

今回の記事は、「生まれてからの環境で培われる、後天的な部分の作られ方」についてです。

41201558_s



1、環境が刺激となって、「ある」ものが引き出される

これは「環境が刺激」という点が、後天的です。「引き出される」のは、やはり先天的な生まれもった性質から引き出されるのです。

生まれもっている性質(本質)が変わらなくても、その人生での環境や個別の経験が違ってくれば、引き出される内容にも反映してきます。

たとえば、「複数のことを同時進行で、進めていける性質」を高く備えている人がいるとします。

この人の育った環境が、「日本と外国を、数年おきに行き来する」ものであれば、複数を同時に進めていける、つまり、配分や使い分けがうまいということですので、両方の生活習慣や言語の差に混乱することなく、どちらの学びもしっかり身についていく、という形で、高い性質があらわれていくかもしれません。

もしくは、「手広く商売をしている家」に生まれたならば、複数のことを成立させるには、こんなふうにやればいいんだ、とコツをつかむことが上手ですので、「自分もいつか、こうして複数の事業をやりたい」と思うようになるかもしれません。

こうして「引き出され方」が変わると、前者のケースなら「複数の言語を上手に扱えるセンス」となり、後者は「商売をやるセンスが高い」となって、表面だけみればまったく別のものとなる可能性もあるのだとわかります。

2、環境が学びとなって、「新たに」培われる

こちらは、これまでたましいの経験値の中にないものが、今回の人生の経験で加わっていくことから、作られていく性質のことです。

たとえば、これまでの前世では、一度も日本に生まれていない人が、初めて日本に生まれてきて、この言語と生活習慣から学びを得ていくようなことですね。

そうなると、経験があるという優位性はないかわりに、新たなことを知ったときの、「落差」が大きいために、インパクトのある、「ああ!そうか!」的な理解となって、身につく度合いも大きくなります(^_^)。

この世というのは「比較から学びをえる場所」なので、違いがあるほどに、(違いというのはストレスではなく、学びでもあるのだと気づくことができたならば)、印象深く身につくというメリットもあるんですね(^_^)。

41202162_s
こうして、生まれた後の環境や経験から培われる部分にも、そのことがあらわれるためのベースとして、または比較対象として、先天的な性質(本質)とは関連がでてきます。

そのため、同じ環境で同じ経験をした複数の人がいる場合でも、そこから何を得られるかは「人それぞれ」になるわけです。

同じものを見て、同じカリキュラムをこなしたとしても、備えている性質が違えば、「自分に響いてくること」は、印象深い箇所がどこかという点も変わりますし、広さも深さも、それぞれですからね。

新しい経験から培われることも、備えている性質(本質)を通した反映の仕方になり、それらを含んだ全体が、自分の性質であり性格である、ということになります

こうした構造を理解しておくと、周囲と自分との違いや、理想の通りそのままにはいかない現実について、そうした比較から必要以上に落ち込んだり考え過ぎたりすることもなく、

むしろ、比較という感覚から自分を把握していくことができれば、より自分らしさをいかしていけるという意欲に繋げていけると思うのです(^_^)。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 「自信がないこと」と、「自分を過小評価していること」の違い。 | トップページ | リーディングのご感想|固定電話のセッション。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「自信がないこと」と、「自分を過小評価していること」の違い。 | トップページ | リーディングのご感想|固定電話のセッション。 »