« ある日のスカイプセッション|Cさんのご先祖霊さん。 | トップページ | ある日のセッション話の、続き。 »

2017年3月 9日 (木)

相手のエネルギーを、「寝ているときの夢」に反映させてしまうことがあります。

その日にあった人のことが、いつまでも頭を離れない、特に、寝ようとすると、「その人の音声で、思考が構築される」かのように、思考がとまらなくなってしまう人がいるという件について、過去記事に書いたことがあります。

※過去記事:「眠ろうとすると、「その日にあった相手の音声」で思考がとまらなくなる?」

内容としては、相手のエネルギーが、自分の中にとりこまれ、なかなか抜けていかないときに、相手のエネルギーの動きで自分の思考が動かされてしまうため、相手の声を思い出すかのような思考が作り上げられるのです。

眠りに入る直前は、スピリチュアルな現象に感化しやすい意識状態になるため、起きているときには起こらない現象が、眠ろうとするタイミングで起こるということです。

そうした、「相手のエネルギーを取り込んだことによる、自分へのあらわれ」の、バリエーション?として、「寝ている間にみる夢に、反映がでてしまう」ケースもあります。

13663929_s

現象が起こるしくみとしては、過去記事内に書いたとおり、「寝ているときの意識とは、スピリチュアルな領域と大きく重なっている」ことが関連しています。普段の意識とはかなり違う領域になります。

完全に眠ってしまえば、そのときの意識内でのことは、普段の意識との落差がとても大きいため、記憶に残して覚えていられないようになっています。

(そこまでの差がつかない、微妙な重なり具合となっている、寝入りばなと起きる直前がちょうど、「スピリチュアルなことが認識されやすく、覚えていられる」意識の状態が作られることが、「寝ようとすると、相手の声での思考が・・・」となるわけです)

しかし、霊感が強い人は、寝ているときの意識と、普段との意識の落差が、そこまで大きくなりません。普段の状態で、一般的な人が寝ている状態で経験するような領域に、意識が広がっているのが霊感の強さ(感化する領域が広い)ということだからです。

そうなると、「過去記事のような、眠ろうとする前に起こりがちな一時的な現象」が、

寝る前だけにとどまらず、その延長のように、

眠りの意識の中にも、続いてしまうことがあります。


眠っている最中の意識にも、相手のエネルギーが関わってきて、そのことを認識してしまいます。

具体的には、(相手のエネルギーに含まれている)相手に関連することが、自分の見ている夢の展開に重なってきたりします。

私は、頻繁にその状態になります(^_^;)。特に、スカイプや電話でのセッションをした後には多くなりです。

元々、性質として、受けとる装置が大きい上に、セッションをするときは、能動的に相手のエネルギーを受け取りにいっていることになります。勢いをつけて受けとってしまう(^_^;)?ようなもので、大きく作用があらわれてしまいます。エネルギーが自分の中に留まりやすくなるのでしょうね。

たとえば、その方が「従姉妹との関係を気にしている」とします。

すると私は、私自身の従姉妹と会っている夢をみたりします。普段はまったく存在を意識していないくらい付き合いが薄いのに、従姉妹を気にしているというキーワードが、私の記憶上の似たようなことと結びついて、私自身の夢として展開してしまうんですね。

内容だけとらえるなら、見ている側の自分としては、何が何だかわからない夢???、ということになりますよね、私自身は、従姉妹を気にしていませんから。

私は、こうしたエネルギーの作用をわかっていますから、「これも、そういうことなんだろうなー」と深く考えませんが、しくみを知らなければ、なぜこんな夢を?と、混乱すると思います。

私と同じように、他人のエネルギーが自分の夢に重なってみてしまうという現象が起こっていて、しくみを知らないまま心配している方もいるかもしれませんので、参考までに書いてみました(^_^)。

前回の記事とあわせて参考にしてみてください。前回の過去記事のようなことが当てはまる人なら、こちらの夢のようなケースも、あるいは当てはまることもあるかもしれません。前回のようなことが起こっていないなら、今回のケースには当てはまらないと思いますので(こちらのケースだけが、単体で起こることはまずないです)。

そして、こうしたケースの解消法が必要な方がいれば、これからの季節に向いているのは、身体を動かす機会をもつことですね。振動を生み出して、不要なものと引きあっている状態を切り換えるために効果的です。

あらゆる現象は、お互いのもつ、エネルギーの振動によってなされることは、ここ最近の記事の幾つかにまたがって説明してきたとおりです。備えている振動の幅が、その人の波長の幅となります。

本来の自分のエネルギー(の振動)を、活性化させていけば、引きあっている波長が切り替わっていきます。

この世は物質次元なので、身体という物質を伴う動きが、振動を活性化させやすいです。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/  

|

« ある日のスカイプセッション|Cさんのご先祖霊さん。 | トップページ | ある日のセッション話の、続き。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

十代の頃は、体は寝ているのに、意識は普段通りの起きている様な生々しい感覚で、自分の寝ている部屋の花の状態を気にしたり、時計を見て時間を気にしたりする自分がいる、そんなアンバランスな感覚を頻繁に経験していました。

そのアンバランスな感覚が嫌で、寝るのを躊躇していた時期もあるくらいです。

でも年齢と共に、朝が来るのが早すぎるくらい熟睡し、起きがけにスピリチュアルを経験する暇もない程ギリギリまで寝てしまいます(苦笑

投稿: 眠り姫 | 2017年3月10日 (金) 01時13分

眠り姫さま

眠りに入ることにはホルモンの関係もあると思うので、一般的には年齢とともに眠りにくくなり、その関係もあって、年齢が上がってからの一時期に、スピリチュアルな体験が増えていくこともよくあるのですが、

思春期もホルモンのバランスが変わりやすいですので、人によってはその時期のほうが、意識が広がりやすいために、不思議な経験を認識しやすいということも、あるかもしれませんね。

投稿: リカコ | 2017年3月10日 (金) 10時55分

私個人は、リカコさんの前回記事のようなことは頻繁にあるのですが、起床時にあまり夢を憶えていないことがほとんどなので、そういう連想的?連動的な夢を見ているかどうかがわかりません。

。。。。。。。。。。。。。。。

コンディションが悪いときは悪夢を見ることが多いなあとか、登場人物が知り合いだった場合はその人との関係性を見直してみたりとかはします。

特定の人が出てきて印象的なときに「あなたの夢を見るのですが、何かあったのですか」と話をしたりします。(相手を選びますが^^;)

投稿: みゆき | 2017年3月10日 (金) 19時15分

みゆき様

こちらは自覚しにくいので、(その夢がそうだ、という判断自体が難しいので(^_^;))、自分での判断は難しいかもしれませんね。そして、思い当たることがあまりないなら、気にしなくてもよいのではないでしょうか。

前回のようなことは、覚えがあるという人は、わりといらっしゃいますね(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年3月11日 (土) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ある日のスカイプセッション|Cさんのご先祖霊さん。 | トップページ | ある日のセッション話の、続き。 »