« 共感が苦手な人が、共感力を磨くには? | トップページ | できないこと、苦手なことが「ある」のは、時間という変化に対応するため。 »

2017年3月 2日 (木)

生まれる前から、職業を決めてきた人、そうでない人。

職業についてのご相談で、「自分にぴったりの、これだ!と言えるような職業に就きたい思いがあるが、どんなことが該当するかが見つけられずに困っている」、というものがあります。

そういう悩みをもつ方は、「生まれてくる前に、たましいが、今回の人生でこれをしよう!と決めてきたものがあるはずなのに、自分はまだそれを発見できていないのがもどかしい」と思っていたり、

または、「まだ、そのことに気づく時期ではないため見つけられず、もっと先の時期になったら見つかるのだろうか?ならば、気づく時期に向かって、今のうちにやっておけることを知っておきたい」という思いだったり。

13397250_s
自分が決めてきたものや、自分合っているものに早く気づいて、その道へ進んでいきたいという意欲的な思いからのご相談なのですが、

しかし、「これだ!というひとつを決めて生まれてきた人」と、「ひとつに限定しないという決め方で生まれてきた人」がいるのです(^_^)。


(1)とても狭い範囲で、この職業につくと決めてきたケース。

(2)だいたいの方向性のみ決めてきたケース。

(3)広い範囲の可能性をもち、ひとつに限定していないケース。


大きくわけると、上記のようになります。

もちろん、くっきりと3つにわかれるのではなく、(1)と(2)の間、(2)と(3)の間にはグラデーションがあります。

(1)に該当する人は、あまり迷いなくその道に進みます。しかし、必ずしも、自分が心からやりたいと感情面で思える道ではないかもしれません。たましいが望んでいることと、表面的な自分の感情は別だからです。しかしいずれにしても、そちらの道へと決めて生まれたのであれば、自発的にその道に進むか、または、その道へと自然に向かわされていくようになるでしょう。

ということは、「何がいいのか迷う」「どれが該当するのかわからない」という状況になっている時点で、その人は(1)パターンの人ではないということ、つまり「明確にこれ!という決め方をしてきていない」ということです。

つまり、冒頭に書いたような迷いになっている、という時点で、「ひとつに限定しない決め方を選んできた人」なのです(^_^)。

こうした差には優劣はありません。

それぞれに、ふさわしい形式を選んできているだけなのです。

ひとつに限定することが学びにふさわしい人はそうしているし、限定しない形式が今回の人生にふさわしい人はそうして生まれてきている、ということです。

広い可能性をもった人が、「ひとつに決まっている人と、同じような形で、自分にも決まったものが存在しているはず」と思い込んでしまうと、迷路にはまり込みます(^_^;)。自分に合わない迷路の中で、自分に合うものを探していることになってしまいますね。

コレ!とひとつに決まっていないということは、確かに迷いを生みます。

しかし、「決まっていないから、自分が決められる」、「可能性という範囲の中で、選んだり、また変えたりと柔軟に動いていける」というメリットもあります(^_^)。

自分が選んで決めていくという、プロセスも含めての学びだということです。

コレというものがあるはず、というとらわれから抜けて、「自分が選んで、作り上げていくことで、決まっていく」のだという意識に、切り換えてみてください。

そして、「何かがあるはず探し」に時間を費やしてしまったことは心配しなくて大丈夫です。なぜなら、そうしたプロセスも、自分を知って、選んで、作っていくことに、繋がって役立っていくからです(^_^)。

過去の経験をすべていかして、自分が、自分の進む道を選んでいくこと、作っていくことが学びだという意識の切り換えをしてみてください。

ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

 

◆リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

◆スピリチュアルコラム(過去記事):http://spiritual-teaching.com/

|

« 共感が苦手な人が、共感力を磨くには? | トップページ | できないこと、苦手なことが「ある」のは、時間という変化に対応するため。 »

12.仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共感が苦手な人が、共感力を磨くには? | トップページ | できないこと、苦手なことが「ある」のは、時間という変化に対応するため。 »