« オーラの色を、「体感覚」で、「感じ分ける」こともできる。 | トップページ | 仕事の経験年数が増えることで、飽きたり、迷ったりという、いろいろがでてくる。 »

2017年2月21日 (火)

家系をさかのぼって、共通していること。

27251914_s
人が、この世に生まれてくるときには、「自分が備えている、たましいの学びに適した環境を選んでうまれてくる」というのが、スピリチュアリズムの見解です。

環境とは、時代、国や地域、家族構成などのことです。

たとえば、「21世紀に、日本という国の関西地方で、4人姉妹の末っ子として、田中さんという家に生まれてくること」は、その人のたましいの学びと、何かが引きあっているからこそ作られている現象となります。

どのような学びがあって、または繋がりがあって、その家系や家族を選んでいるかは、・・・生まれてくる前の自分に尋ねるわけにもいかないので(^_^;)、すべてを把握するのは難しいですが、一部分については「推察」をつけられますね。

「その環境だからこそ得られている恩恵と、その環境だからこそ抱えてしまう負荷」と、両面から見つめていけば、「こういうことを学ぶためかもなあ・・・」という程度でしょうけれども、ほんの少し、自分でわかってくるものです(^_^)。

さらには、「何世代かをさかのぼっても、共通している点を見つける」ことも役立ちます。

曾祖父母から自分までの、3~4世代くらいを眺めて、だいたい共通している要素があれば、「その要素は、自分に関わりの深い事柄」という可能性があります。

なぜなら、その家系を自ら選んで生まれてきているからですね。

上記の例でいえば、田中さんの家系を3~4代さかのぼると、職業に教育関係者が多く、外国と関わりが深くて、留学したり貿易をしたりしている人も多い、外国語の教師である人もいる、しかし最終的には皆、関西に戻ってきているとしたら、

「教育関係、外国、晩年は関西」ということが共通点ですよね。そこに、田中さんが学ぶこととの関わりが一部、含まれているのかもしれないという推察がつけられます。

私の場合でいえば、親戚を見渡しても商売をしている人、自営業の人が多い、親戚はほとんど北海道内にいる、霊感が強い人が多い(^_^;)、・・・ということで、

北海道で自営業をやっている今のスタイルは、私に合っていることなのだろうなあと、思います(^_^)。

しかし、こうした分析でわかることは、全体のうちの一部分で、学びとして備えていることは経験していることのすべてが該当するので、この規則性だけにとらわれないようにしてください。あくまで、一部分を推察するための、方法のひとつということですから。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

★リーディングのご案内など:https://www.rikako-web.net/

★スピリチュアルコラム(過去記事のまとめ):http://spiritual-teaching.com/

|

« オーラの色を、「体感覚」で、「感じ分ける」こともできる。 | トップページ | 仕事の経験年数が増えることで、飽きたり、迷ったりという、いろいろがでてくる。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの色を、「体感覚」で、「感じ分ける」こともできる。 | トップページ | 仕事の経験年数が増えることで、飽きたり、迷ったりという、いろいろがでてくる。 »