« オーラの層は、重なり合っている(隣り合っていない)。 | トップページ | 母国語を同じにしている、指導霊。 »

2017年1月12日 (木)

「ペースがあわない」ことへのイライラや疲弊。

「あの人と自分とは、ペースがあわなくてイライラする」とか、「あの集団の中に属すると、ペースを乱されるようで疲れてしまう」という気持ちになることがありますよね。

そういう表現も、日常の中でよく使われます。

21270018_s
ペースという言葉の意味は、テンポ、スピード、進め方の速度、などという意味となります。

個別の出来事に対しての印象ではなく、全体として「あの人とペースがあわない」とか、「あの集まりとはペースが合わない」と感じるときは、自分のエネルギーの振動数と、相手のそれとの違いが、大きいときです。


|固有のエネルギーの振動が、その人の波長。

それぞれが持つ、固有のエネルギーの振動を、波長や波動という表現であらわすことがあります。

※過去の記事では、以下のとおりです。

・波長というのは、その人がもつ「質」としての振動数。 
・スピリチュアルな意味での波長とは、エネルギーの振動数のこと

自分の振動は、自分にとって普通のことですが、他人のそれは、自分とは違う振動という、刺激となって受けとられます。

人間関係とは、オーラ同士も交流しますので、オーラを通して、それぞれの振動という刺激を与え合うことになります。

自分より少しだけ、幅が違っている振動ならば、刺激となって心地よいとか、新鮮に感じられて面白いと思えたりするのですが、大きく違う振動数は、「何か違う」とか「合わない」というふうに認識されてしまうことがあります。

そして、自分のオーラの領域で、自分とあまりに違う振動が続くと、自分が不本意に揺り動かされるような感覚となることが、不快に繋がります。


|振動のリズム、テンポが違っているだけ。

ペースが合わない、と感じる相手とは、それぞれが放っている波長が、かなり違うのだと思います。どちらが正しいとか、すごいとかではなくて、ただ「違いがある」ことが、イライラや疲弊を作っていると、しくみとしてわかると、

状況は何もかわらなくても、納得があるためか、相手のペースにひきずられることなく、ちょうどよい状態を保ちやすくなるから不思議です(^_^)。

>

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

メインサイトを作り直しています。以前のURLは、アクセスができません。
最終的には以前と同様のURLで新しいものを作りますが、

それまでの間は、   

http://r.goope.jp/rikako  

こちらで 内容をご確認いただきますよう、お願い申しあげます。

|

« オーラの層は、重なり合っている(隣り合っていない)。 | トップページ | 母国語を同じにしている、指導霊。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの層は、重なり合っている(隣り合っていない)。 | トップページ | 母国語を同じにしている、指導霊。 »