« オーラが、テンプレート。 | トップページ | 理想と現実、表向きの姿勢と本音などの「差」で、悩んでいるときのオーラ。 »

2017年1月27日 (金)

眠ろうとすると、「その日にあった相手の音声」で思考がとまらなくなる?

その日にあった人のことが、いつまでも頭を離れない、特に、寝ようとすると、「その人の音声で、思考が構築される」かのように、思考がとまらなくなる、という状況は、エネルギーの動きが、「受けとることが得意」な、受信タイプの人に、よくみられます。

(過去記事:「発信タイプ、受信タイプ」http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2015/12/post-7a86.html )

38202653_s

相手の話したことが、相手の音声としての記憶で、脳内でリフレインすることもありますし、そのときには会話していないことが、相手の音声で、あたかも相手が話したことを思い出すかのように、思考が構築されていくかのようで、

「実際にあったことを、思い出している」のか、それとも「自分の個人的な思考を、相手の音声のように脳内で作っている」のかが、わからなくなってしまいます(^_^;)。

こういうことは、相手と会ったときに、「相手のオーラを、自分のオーラの中にとりこんでしまう」ことから起こります。


|相手のオーラを取り込む、度合いが大きいため。

人との関わりは、オーラ同士の関わりでもあるので、お互いにオーラをやりとりし合うのは普通のことです。

その中でも、受信タイプの人は、エネルギーの方向として、「自分が受けとるほうの力が強い」ので、相手のエネルギーを自分の中に取り込む度合いが大きくなりやすいです。

そうはいっても、所詮は他人のエネルギーですので、自分のオーラに馴染みきることはないですし、時間とともに自然に抜けていくものなのですが、疲れが大きいときや、考え事や心配事などがあって、頭が休まっていないときなどは、なかなか、それが抜けていってくれません。

受信タイプの人は、エネルギーを受けとる力のほうが大きく、放つほうはそれと比較して小さくなるため、どうしても、「たまりやすい」「滞りやすい」という状態が作られてしまいます。

そういう性質があるところに、疲れていてコンディションが十分でないという状況が重なると、普段よりも長い時間、自分のオーラの中にそれが留まってしまいます。


|特に、眠りに入ってすぐは、霊的な意識が広がりやすい。

そして、これは過去記事にも何度も書きましたとおり、人の霊的な感性が広がりやすい時間帯というのがあって、「眠りに入ってすぐ」と、「目覚める直前」です。寝ている間は、霊的な感性がとても広がりますが、普段との意識状態があまりに違って落差が大きいために、記憶していることはできません。

しかし、普段の意識と、寝ている間の意識との中間である、「眠りに入ってすぐ」と、「目覚める直前」であれば、「霊的な感性が広がりやすく、なおかつ、そのことを自覚しやすい」状態となるため、不思議現象が起こりやすいし、それを覚えていることもできるので、

そのため、「普段の意識の感覚では、これをどう解釈したらいいのか・・???」ということが出てきやすいのですね(^_^)。


|コンディションが回復すれば、自然とおさまる。

本来は、当然のことながら、自分のエネルギーで自分の思考をします。多少、相手のエネルギーがあっても、影響されることはありません。

ですが、疲れているときは、相手のエネルギーに負けてしまうというか、区分けができにくくなることが、こうした現象を一時的に作るのでしょうね。

なので、体力や気力が下がって疲れている状態から回復すれば自然とおさまります。だいたいは、一日くらいたって寝て起きるというエネルギーチャージで、整っていくものと思います(^_^)。

「入浴」、「睡眠」、さらに「換気」も有効ですね。

★ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、バナーをクリックして投票をお願いします。

★ミディアムリカコのサイトはこちらです(新しくなりました)

https://www.rikako-web.net/

|

« オーラが、テンプレート。 | トップページ | 理想と現実、表向きの姿勢と本音などの「差」で、悩んでいるときのオーラ。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

私の場合は飲み会後によく記事のような
頭の中で会話が止まらない状態になります。
帰ってきてから
シャワーを浴びるとスッキリして症状?が収まります^ - ^

投稿: 明太子 | 2017年1月27日 (金) 18時47分

明太子さま

飲酒後も、同様の状態になりやすいかもしれません。

酔うというのは、普段との意識の落差がつきやすいですからね、

差がつくと、同様のことが起こって
それに自分が気づきやすくなるでしょうし、
飲み会は疲れるので、もらってきてしまうというのもあるかと(^_^)。

お酒に弱い方は、そういう状況になっていることを覚えていられず、
まあまあお酒に強くて、あまり酔っていない方だと、
ちょうど、その状態を覚えていられるという、
「眠りに入る前ぐらい」の頃合いになるのかな、と。

水で流すのは効果的ですね。どうしてもシャワーも無理なくらい
疲れていたら、一瞬でいいので換気するとか、
または、下着とかも全部とりかえて(エネルギーは布にもつくので)そのときのエネルギーと、切り換えるというのもいいです。


投稿: リカコ | 2017年1月27日 (金) 19時04分

こんにちは。

この記事を拝見した時、私だけではないのだと少し安心しました。

私は、受信タイプで、寝る前に思考が止まらなくなっている時があるのですが、ひどい時は、自分の身の周りの人だけでなく、今まで出会ったことのない人が何人か出てきて一斉に話し出すことがあります。頭の後ろの方できこえます。顔まで浮かぶこともあります。

このようなこともこの記事にあたるのでしょうか?何か教えていただけるとありがたいです。

投稿: たらこ | 2017年1月28日 (土) 17時28分

たらこ様

「思考がとまらなくなる」ことは、この記事の件に限らず、いろんな理由でそうなることが考えられます。

この記事は、そうした多数のうちの一例として、こういう理由で現象が起こることがあると示したものとなります。

この記事以外にも、思考がとまらない状態については、過去に多数の記事をかいておりますので(^_^)、そちらをご覧になってみてください。何か役立つものが見つかれば幸いです(^_^)。

>このようなこともこの記事にあたるのでしょうか?

この記事は、「その日にあった人の声」で起こることだからこそ、「その日に合った人のエネルギーの作用で」という理由となります。

しかし、たらこさんのケースは、あったことがない人の顔が浮かんで・・・となると、この記事のケースとは前提が違ってきますので、

記事とは別の理由でそうなっているか、または、記事の件も含めてそれ以外にも、複数の理由があるか(全部の現象が、同じ理由からなっているとも限らないので)、いろいろ考えられますね。

投稿: リカコ | 2017年1月28日 (土) 21時46分

先日はコメントにお返事ご丁寧にありがとうございました。
「光の手」に再チャレンジしてみようかなと励まされましたsnow

。。。。。。

人と会ったあと、相手のエネルギーがまざってあれこれ頭のなかで喋り出すかんじですね。
周囲の誰もわかってくれないヤツですw

この状況は本当によくあって、自分が脳内反省会を開いているのかと思っていましたが、違うのです。とにかくいかんともしようがないので、頭の中でのおしゃべりは放っておいて、諦めて(w
それが止むまで、単純作業をしたりネットサーフィンしたりぼんやりしたりします。
難しい作業をするとか読書・勉強に集中して成果をあげるなどはできません。

頭痛を伴うことも多いです。(体力がないので)
人と話すのは楽しいのですがアフターケアたいへんです。

リカコさんの仰る通り1~2日で抜けていきます。

投稿: みゆき | 2017年1月31日 (火) 22時19分

みゆき様

この記事のコメント欄の、他の方からのコメントがついていることからもわかるように、こうした現象は、実はわりとよくあることなのです(^_^)。しかし、何がどうなってその現象が・・・?とまでは考えずに、頭が冴えて眠れないとか、そのくらいの認識で過ぎていくことが多いため、それで日常の話題にはならないということかな、と(^_^)。

この記事に書いているのは、眠る間際は、「普段の日常の意識」というバリアが緩んでしまうので、そういう現象が認識されやすくなるという観点から書いているものとなります。

が、みゆきさんの場合は、眠る前だけでなく、日中から頻繁にそうなってしまうのでしたら、この記事に書いてあることだけでなく、いくつかの他の要因も重なっている現象なのかもしれませんね。

投稿: リカコ | 2017年2月 1日 (水) 11時56分

寝る前(べきと一般に考えられる時間帯)とは限らず、一仕事を終え「ああ今日すべきことが終わったな」というリラックスモードのときに、なります。具体的には布団に入っているときです。

私は虚弱なため家ではほぼ一日中布団になかにいるという生活スタイルなのですが、そういう要因もあって、リカコさんの仰る一般的なこととは違う要因があるのでしょうか。

あとは・・さしずめ占星術的にいえばホロスコープに海王星がきつく効いているというのがあるのだと思います(自分流解釈^^;)
リラックスしていれば、必ずしも入眠体勢ではなくても半分寝ているような精神状態というかw

・・・・・・

ありがとうございます。

投稿: みゆき | 2017年2月 1日 (水) 12時37分

この記事に書いてあることが一般的で、その他は例外ということではないのです。

ここに書いていることも「一例」ですので、
記事と同じ条件下で、同じ現象になるなら、そのままが当てはまるでしょうけれども、

違う条件であれば、現象が似ていても、その理由となることは同じとは断定できないので、「かもしれない」という書き方になっているということです(^_^)。

投稿: リカコ | 2017年2月 1日 (水) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラが、テンプレート。 | トップページ | 理想と現実、表向きの姿勢と本音などの「差」で、悩んでいるときのオーラ。 »