« エネルギーの振動を、体感でキャッチすることの負担。 | トップページ | 現実とのバランスを意識しながら、スピリチュアルな生き方を。 »

2016年12月28日 (水)

怒りでいっぱいのときほど、さらに怒りを刺激することがおこるのは。

自分に関わるものごとは、同じ要素がある事柄が引きあうしくみである、「波長の法則」によって展開していきます。

自分にはまったく要因のない理不尽な事柄が降りかかったように思えることでも、何かしらの共通点があって、それに気づかされる学びであることが多いです。

14658357_s
|怒りでいっぱいのときは、さらに怒りが引き寄せられる(^_^;)。

多くの人が、経験したことがあると思うのですが、怒りでいっぱいになっているときに限って、・・・その怒りに油を注ぐような出来事に遭遇するものですよね(^_^;)。

不愉快な感情を持ったままでいると、その思いのエネルギーが外へ放たれますので、同じ要素をもつものが引きあって、ますます、不愉快になってしまう状態におかれることがあるものです。

それは、同じ要素を持った人同士が出会うことで、反応してしまうためです。反応があれば、何かしらの事柄が展開します。


|自分に余裕があるときには、怒りが刺激されない。

自分がとても充実して満たされた気分になっているときには、他人が多少のミスをしたり、迷惑となる行動をしたところで、怒りの感情はわきません。愉快ではないとしても、怒りにまではなりにくいものではないでしょうか。

または、相手に許しの気持ちを持てる人も、怒りはわきません。お互い様だと思えば、許すこともできます。

ある目的に向かって、集中して打ち込んでいるときなども、他人に意識がむかないので、多少のことはどうでもよくなります(許しているわけではないが、そのことを重視しなくなる)。

ところが、怒りでいっぱいのときには、他人の些細なミスが許せなくなり、ますます、怒りがわいてきます。

そういうときは、怒りが誘発されるできごとが引き寄せられてくる・・・というよりは、自分が(本来、気にするまでもないことに対しても)怒りの反応を示してしまう、というほうが適切な表現かもしれません。

自分が怒りの感情を持っていると、他人の怒りを刺激することにもなり、そうした相手の反応が、自分に降りかかってきたり、自分の中にある怒りを刺激するというループになります。


|自分の中にあるそれを、見つめてみること。

そのような構図を考えてみれば、相手の態度が悪いからでてくる怒りのようであっても、自分の中にも、それに反応する何かがあるかもしれず、一方的に相手のせいにはできないとわかります。

だからといって、相手に責任がないという意味ではないですよ。

「ものごとが展開する、スピリチュアルなしくみの話」と、「現実として、その事柄が起こった責任はどこにあるかという話」は、主旨が違ってきますから、事実としての責任は、相手にある場合も多いでしょう。

そういうこととは別口で、自分の内側を見つめていくことや、しくみをしることで、以降に役立つこともあるでしょうから、そういう活かし方をしたいものですね。

 

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

|

« エネルギーの振動を、体感でキャッチすることの負担。 | トップページ | 現実とのバランスを意識しながら、スピリチュアルな生き方を。 »

06.波長の法則」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。

投稿: Ta | 2016年12月28日 (水) 17時37分

リカコさま
いつも拝見しております。リカコさんのブログを知ってから心が軽くなっています。
「そうなんだよね」と、うなずきながら読んでいます。

28日の内容は、まさにここ数ヶ月の自分に起こった出来事や
自分の気持ちを言い当てられたようで ちょっと驚きました。

そうなんですよ、怒りは怒りを呼び寄せると思います。今回の文章を読んで
今後の糧にしたいと思います。ありがとうございました。

投稿: nori | 2016年12月28日 (水) 20時06分

Ta様

この記事の内容の何かが、
お気づきに繋がったものがあれば幸いです(^_^)。

投稿: リカコ | 2016年12月28日 (水) 20時29分

nori様

心の中の感情に、便宜上のラベルをつけて整理してみると
客観視しやすくなりますよね。

自分のことをダイレクトにわかるのは難しいですが
こうして文章で見ると、
少し、自分との距離をもって解釈できるので
理解が進むとういことかと思います(^_^)。

投稿: リカコ | 2016年12月28日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エネルギーの振動を、体感でキャッチすることの負担。 | トップページ | 現実とのバランスを意識しながら、スピリチュアルな生き方を。 »