« エネルギーの「受け取る動き」が強い人のほうが、憑依されやすい? | トップページ | 体感覚で把握するセンスは「胸の位置にあるチャクラ」が関連している。 »

2016年10月30日 (日)

カルマの法則~種をまき、花を咲かせる~。

17376618_s
この世で起こる出来事は、すべてが、自分がおこなったこと(思い、発言、行動など)が種となっています。自分の行いは、自分が放ったエネルギーです。そうしてまいた種が実ることで、ものごとが展開していくのが、カルマの法則という真理のしくみです。

この世で何らか実りを得よう、結果をだそうとするなら、「新たに、そのための種をまく」か、または「過去にまいた種を探して、実りをえる」か、どちらかの行動をとっていくのが基本となります。

過去にまいた種を探して、実りを得るという方法は、つまりは、「無意識にまいているので意識していない」か、「まいた当時は意識していたが、時間が経過して今は忘れている」かのどちらかです。

「無意識にまいているので意識していない」ものは、自分が自然にできているから、改めて意識にのぼりません。備わっていて馴染んでいることは、自分にとってあまりに自然に「できてしまう」ことなので、あえて種をまいているという感覚にはなりにくいものです。そういうことは、「得意なこと」の場合が多いですね。得意で秀でていることは、実はあまり自覚できないことでも多いです。

得意で秀でていると自覚しやすいのは、「他者との競争の要素があること」です。山田さんより上手いとか、田中さんより早いとか、他人と比較する要素のことは、この世においては自覚がしやすい事柄です。(この世は比較ができる場所で、そのために「時間」というしくみがあります)。

しかし、競争の要素を含まない得意なことも、実際にはたくさんあるものなのです。それらを何らかの方法できづくことができたら、その先の人生は、創造的で豊かなものになるのではないでしょうか(^_^)。

「まいた当時は意識していたが、時間が経過して今は忘れているもの」は、自分に合わないことをやってしまい形にならなかった場合と、自分に合っているものだったが時期が早すぎたり方法が適していなかったりで、実りとなりきらなかったか、どちらのケースが多いでしょう。

合わないことは、合うように変えることはできませんが、しかし、「合っているものだったが、実りになりきらなかった」ものは、今とこれから先にいかいていける可能性がありますよね。一番のメリットは「ゼロからのスタートにならない」ところです。前回の続きのようなやり方は、十段階のうちの二や三から再スタートできますから、初動が楽になります。

そのように、自分が意識していない部分に、これからの人生で大輪の花を咲かせて実りを得られる種が含まれていることがあるものです。

気づくためには、自分が「そのこと」に意識的になること、意識を向けて「それ」を把握しようとすることです。ただなんとなく考えるのではなく、「それを見つけるための考え方」をとることです(^_^)。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

|

« エネルギーの「受け取る動き」が強い人のほうが、憑依されやすい? | トップページ | 体感覚で把握するセンスは「胸の位置にあるチャクラ」が関連している。 »

05.カルマの法則」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エネルギーの「受け取る動き」が強い人のほうが、憑依されやすい? | トップページ | 体感覚で把握するセンスは「胸の位置にあるチャクラ」が関連している。 »