« 「自分と似ているね」と言われやすい、「受信タイプ」。 | トップページ | 自分を、もっとよく知るには|スピリットメッセージ。 »

2016年10月27日 (木)

エネルギーの「受け取る動き」が強い人のほうが、憑依されやすい?

34348142_s
昨日の記事に関連して。エネルギーの動き方として、「放つ動きが強い人=発信タイプ」「受け取る動きが強い人=受信タイプ」という観点から、2つのグループにわけて比較する場合

エネルギーの「向き」として、外のものを自分のほうへ向かわせる作用が大きい受信タイプの人のほうが、どちらかといえば「影響されやすい」と言えますし、同時に「憑依されやすい」とも言えます。

私たち人間は、「身体という器に入っている、霊的存在」であり、誰もが霊としての性質をそなえていて、霊的なものと同調しやすいですので、ときに未浄化な霊に憑依されるという現象が引き起こされることがあります。

憑依という言葉だけみると、恐ろしいものに思えるかもしれませんが、、「実はよくある霊現象のひとつ」となります。漫画や物語にでてくるようなレベルの憑依というのはめったになく、そして、小さい影響のものなら、誰にでも起こる可能性があり、実際にわりとよくある現象なのです(そうしたプチな現象は、いつの間にか自然に解消されていくものなので、あまり気にする必要はありません)。

けれど、いくら私たちが霊的な存在でり、霊としての性質をそなえているからとはいえ、無作為に、のべつまくなしに憑依が起こるわけではありません。そうなる状況下や条件とい原因があって、憑依という結果が起こります。

大きな条件としては「そのときのコンディションが、著しく低下しているとき」ですね。普通の人にとってはそうなります。

しかし、世の中には、いろんな性質をもつ人がいて、スピリチュアル業界でよく使われる言葉で「憑依体質の人」がいます。

平均的な人(それでも、もちろんコンディションが下がれば憑依される可能性はある)よりもずっと、憑依がなされやすい性質を備えている人、という意味ですね。

憑依体質という性質に繋がる要素もひとつではなく多々あるのですが、そのうちのひとつに、「エネルギーの、受け取る動きが強い人」である、「受信タイプ」の人が当てはまります。エネルギーの向きをイメージしてみれば、放つ人のほうがはね除けやすく、吸い取る人はもらってしまいやすい・・・っぽいイメージが、だいたいわかるのではないかと思います。

そうかといって、受信タイプであるから、イコール憑依されてしまう、ということではありません。いくつもの要因があって決まります。

憑依されることや、または、憑依体質であることの条件を(幾つもありますので)、順番に影響度でランキングするとしたら、「受信タイプ」であることは、4~5位くらい、でしょうか。つまり、他にもいろんな理由があり、憑依体質を決めるもっとも大きい理由も別にあるということですが、やはり受信タイプであることも、関係はしています。

受信タイプの人は、エネルギーが外から内にむきやすくて、こもりやすく滞りやすいです。なので、本来であれば、自分以外のエネルギーを一時的にとりこんでも、自然と(自力のエネルギーの動きで)解消されていくものなのですが、受信タイプの人はその押し出しポンプの容量が小さかったり、または性能が十分でもフィルターの目詰まりがしやすい、というようなイメージですかね。

余談ですが、受信タイプの人は、エネルギーがこもりやすいので、「体温が低いのに、暑がり」な人なども多いと思います。私が子どもの頃は、まさしくそうでしたね(^_^;)。

しつこく書くけれど、受信タイプ=憑依体質、ということではないので。憑依体質に繋がる、スピリチュアルな観点からの個別要素はいくつもあって、そのうちのひとつ(ランキングとして4~5位くらい)ということですので。・・・そうした個別要素を、もれなく備えると、私のような強度の憑依体質ができあがります(^_^;)。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

|

« 「自分と似ているね」と言われやすい、「受信タイプ」。 | トップページ | 自分を、もっとよく知るには|スピリットメッセージ。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「自分と似ているね」と言われやすい、「受信タイプ」。 | トップページ | 自分を、もっとよく知るには|スピリットメッセージ。 »