« 自分と相手は、共通点があり、違う点もある。 | トップページ | 霊感的に、「不必要な思考がとまらない」状態になる人もいる。 »

2016年9月 5日 (月)

「人生の残り時間」について、不安がでてしまうのは。

40146509_s

ときどきいただくご相談で、「自分の人生も、いつかはおわりがくると思うと、とても不安になって苦しくなる。スピリチュアルを学んでいるつもりなのに、その不安が消えない」というものがあります。同様の主旨のことがブログのコメントにつくこともあります。

まず、「人生の時間が有限であること」への怖れは、根元的なものなので、誰もが少なからず「備えているもの」であり、一時的な感情としての緊張や不安とか違うので、度合いはさまざまですが「誰もがそういうもの」だと言えるでしょう。

「自分は、スピリチュアルを学んでいるのに、なぜこの不安を持ってしまうのか」という問いは、裏返せば「スピリチュアルを学んでしっかり理解していれば、不安はなくなるはずだ」と思っているからですよね。たましいはおわりなく永遠なのだから、そのことを理解すれば、個々の人生が有限であることを受け入れて不安がなくなるもの(なのに、自分はそうならないのは、学びがたりないからだろうか)という受け止め方をしているためです。

しかし、「人がスピリチュアルを理解すること」と、「人が怖れをもたないこと」は、そんなに関連しない別のことなので、どこまで深く理解しても・・・おそらくは、その件への不安はゼロになることはないでしょう(^_^;)。

幾らかは、一時的に軽減することはあっても、何度も何度も、いろんな出来事を通して、その「誰もが備えている、根元的な怖れ」がぶり返してきて、不安になったり苦しくなったりするものと思います。

ですから、それは「そういうもの」と受けとめることですね。「理解が深くなれば、この不安はなくなるはず」と思い込んでしまえば、どこまで学びを深めても、まだ十分でない、まだ何かがたりないのだろうと、どこまでもおわりなく自分を追い詰めてしまうことになります。


そうした思いは、年齢とともに増えてくるものです。まだ若いうちは、他人のそれはともかくとして、自分のそれには実感がわきません。

「この先」という時間がどこまでも続いていく道のように感じられる、ある種の万能感の中にいるのが「若さ」だからです。

ですから、「スピリチュアルを学んで、人生が有限であることに怖れがなくなる」ことがあるとしたら……、それは人生のほんの短い期間、若いうちだけのことでしょう。ずっとそのようにはいられないケースがほとんどです。

そうした感覚になる時期を、経験していない人は、「若いときに、そう改めて認識する機会がなかった(別の経験を学ぶカリキュラムだった)」というだけですから、何も問題なくそのままでいいことです。

人生のおわりへの不安は、どうしたらいいのか。答えは「その思いに対しては、何もしなくていい」ですね。「そのまま」を受けとめていきます。

なぜなら、どうにかして工夫すればゼロにできるような性質のものではないし、そのままで、怖れを抱えながら、人生を充実させていくことはできるし、楽しむこともできますからね(^_^)。

そうしていろんな思いを抱え、引き受けて、人生を過ごしていくことも学びのうちなのです。そういう難しい学びに挑んでいるのが、人という存在です。そういう受け止め方で、切り換えていくことですね。

>

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

|

« 自分と相手は、共通点があり、違う点もある。 | トップページ | 霊感的に、「不必要な思考がとまらない」状態になる人もいる。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

リカコさん、こんにちは😄

私もよくそういった感情にとらわれて、不安感が出ることがよくあります。どういったタイミングでそれがなくなるのかはわからないのですが、ある時パッと出て、知らず知らずのうちにその感情が気にならなくなる…といったことの繰り返しのような気がします。

今月でちょうど51歳になるのですが、ここ最近は三つ上の主人が先になくなってしまい、私一人になったらどうしよう…😱ということも度々考えます。(様々なことを頼っているので…(^_^;))

上記のような考え方ばかりして人生を損してると思っていましたが、今日のブログのなかの「その思いに対しては、何もしなくていい」という言葉でちょっと安心した気持ちになれました☺
ありがとうございました(*^^*)

投稿: ヒロ | 2016年9月 5日 (月) 12時35分

ヒロ様

内容はどのようなものであっても、一般的に「考え」が多くなっているときは、「行動」がたりないのかもしれません。そうしてバランスをとることもできますし、知らず知らずのうちに解消されているのも、そのときに無意識での「何かの行動」が優先されて、ご自分の中での優先度がかわっていたり、そのことへの意識の比率が下がっているためかもしれません。そういう工夫はアリだと思います(^_^)。

投稿: リカコ | 2016年9月 5日 (月) 13時44分

スピリチュアルを知ってからは、特に人との関係で、又次に生まれた時に会う機会があるかも知れないから、それが良い出会いになる様に今世で敵同士にならないでおこうとか思う様になりました。

投稿: 甘栗 | 2016年9月 7日 (水) 05時34分

甘栗さま

人の感情的なものと、スピリチュアルな領域のもの、それぞれ意味合いの違う繋がりやしくみもあるので、どのようなものが「良い」とは一概に言えないところではありますが、今世の関係や出来事のあらゆることから、学びを得ていくとか、大事していくという姿勢は自分の成長のために必要なことですよね(^_^)

投稿: リカコ | 2016年9月 7日 (水) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分と相手は、共通点があり、違う点もある。 | トップページ | 霊感的に、「不必要な思考がとまらない」状態になる人もいる。 »