« 世の中のしくみや、社会に適応できる「感性の幅」 | トップページ | 行動したことによる結果を、想定しながら動けるか。 »

2016年9月28日 (水)

スピリチュアルな仕事は大変?

ときどき聞かれることですが、「スピリチュアルな仕事は、世間の理解が少ない」ことは確かです。

ですが、そのことと、仕事が大変かどうかは、あまり関連性がない「別の事柄」になります。

37274126_s
一昔前なら、世間の認知度がとても低いことの大変さはあったと思います。しかし、今はもう江原さんなどのご活躍によって、昔よりずっと認知度があがったでしょうし、理解はされていない……かもしれませんが(^_^;)、そういう意味での仕事のやりにくさというのは今の時代はほとんどないと思います。

「少し前の時代にはなかった、新しめの仕事」は、世の中にいくらでもありますからね。スピリチュアルだけが理解されにくい対象ではないので。

私のクライアントさんは、私に配慮して、そうした気配りのお言葉を掛けていただいているものと思うので、それはとてもありがたいことです(^_^)。


「スピリチュアル」だから、が理由ではない。

ときどき、スピリチュアルな仕事を開始したもののうまくいかない、というご相談をいただくことがあり、「世間の理解が少なく、低くみられるためにうまくいかない」という思い込みをしてしまっている方がいらっしゃいます(^_^;)。

しかし、思い通りにいかないのは、そういうことではない(場合が多い)です。

そうしたケースでは、まず、世の中の構図を以下のように説明しています。

一般的なイメージとして、誰もが知っている大企業というのは「良い印象」になるものです。できるならそういう会社で働きたいとか、そういう人と結婚したいとか笑、思うものではないでしょうか。

世の中にわかりやすい形で、大きな影響力をもっているとか、大きな規模の業務を展開しているとか、創業からの歴史があるというのは、社会的信用度に繋がります。

そういうことからもわかるように、仕事における信用度というのはどう考えても、

会社組織」 > 「個人」 です。

仕事の取引の形態としては、「会社」対「会社」となるのが、最も信用度が高くなります。会社が、別の会社に対して、商取引を行うという形です。たとえば「銀行」が、「商社」に融資をする、などですね。

誰もが知っている有名な通販の会社はいくつもあり、今の時代はそういう会社がかなり利益を上げていると思われるけれど、しかし、商社やメーカーと比べて、同じ知名度があっても、ちょっと一段低い位置付けをされているような……ところがあるように思います。

それはおそらくは、商取引の相手が、個人客だからでしょう。

「会社」対「会社」が信用度が一番で、「会社」対「個人」はその下という位置付けにみられるのが世の中のしくみです。


「個人」が、「個人」に対して行う仕事だから。

スピリチュアルな仕事というのは、個人が個人に対して行うスタイルですから、社会的な仕事の信用度というのは、さらにその下にみられがち(^_^;)なのは、ある意味「しょうがないこと」で、それが現実ですので、そこに不満をもってもはじまらないです。

そういう点も含めて理解の上でやっていくことですね。

そしてどんな分野でも、個人が個人を相手にしている形態を、ずっと長く続けていくというのは、とても大変だということです。短期間うまくいくことと、継続していくことはまったく別になります。

開業するのは規模が小さいほうが小回りがきいて楽ですが、続けていくのは本当に大変で、しかしその大変さは「スピリチュアルであることが理由ではない」ということです。個人と個人の仕事というのは、そういうことがずっとついてまわる形態になります。

これから始めたい方は、その点も合わせて考えていくといいと思います。

やってみてわかることでもあるので、こういう知識を前もって仕入れても、「腑に落ちる」までには時間がかかりますね。それもまた、経験からの勉強で、そうやって人は、仕事を通して成長していくのでしょう。

まとめると、どんな仕事だって大変さはあるということです。スピリチュアルであろうと、そうでなかろうと、個人がやる仕事の大変さは共通です。そして、会社に所属して働く形にも、その形態における別の大変さはもちろんありますからね(^_^)。
>;

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

|

« 世の中のしくみや、社会に適応できる「感性の幅」 | トップページ | 行動したことによる結果を、想定しながら動けるか。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

質問させてください。

スピリチュアルな仕事をする場合、それ一本でやっていく場合と、今までの(スピリチュアルとは別の)本業にスピリチュアルを融合(?)させてやる場合と、本業とは別に副業としてやっていく場合が考えられるかなぁと思います。

2番目と3番目の場合、スピリチュアルな仕事をすることで、本業やそれを通して信頼感を得ていた方々に良からぬ影響が出ないものかと、怖くなります。

どのように受けとめたり考えたりすれば良いものでしょうか?

投稿: コスモス | 2016年9月28日 (水) 18時52分

コスモス様

コメント欄の質問は、ブログのサイドバー記載のとおり、「一般的なご質問」や「ブログをご覧になる多くの方の参考になるもの」に限りお答えをしています。

たとえば、この記事内で書いている「スピリチュアルな仕事は、個人と個人の仕事だから、会社と会社の取引のような信用度は得にくい」というのは全般として当てはまることですが、コスモスさんのご質問は、「怖くなるという、コスモスさんご自身の、個人的なもの」ですので、一般化してお答えすることができないので、どうぞ有料鑑定のほうでご質問をいただければと思います(^_^)。

投稿: リカコ | 2016年9月28日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世の中のしくみや、社会に適応できる「感性の幅」 | トップページ | 行動したことによる結果を、想定しながら動けるか。 »