« 尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »

2016年6月29日 (水)

「自分が」望みと違うことをしている、と気づいたら改善できます。

好きなものと、合うものが一致しないこともあると、頭では理解していても、心がそれについていかないことがあります。

私は、「青い色の服」がとても好きなので、ほぼ毎年、1枚は青い洋服を買って、・・・しかし似合わないので着ることがないまま、人に譲ったり、流行が過ぎていって処分することになったりしています。プチプラが大多数なので大きな出費にはなっていませんでしたが。

青は、私の「薄い顔( ̄⊥ ̄)」には印象が強すぎて、服に負けてしまうので似合わないと、もういい加減わかっているのですが・・・。

それでも繰り返してしまうのは、「今は合わなくても、いつか合う日がくるんじゃないか」という気持ちがあって、「過去は合わなかったけれど、今は違うかもしれない」と思いたいからでしょうね。

ですが、今年は買いませんでした。もう学びました笑。

「ただ、好きなものを着たい」なら、似合おうと似合うまいと、着ればいいはずですが、そういう選び方をせずに、「やっぱり似合わないから、着ない」とやめるなら、「似合うものを着たい」ということになりますよね。合うかどうかという点のほうを、より重視していることになります。

ならば、似合うものを選ぶべきで、好きを基準にしていては・・・、「自分が」望みと違うことを「している」んですよね。

それに気づいたら、自分の望みと合わない動きは、やめたらいいんだと思えたら、自然と行動がそれに伴うようになりました(^_^)。

自分の望みと、周囲の状況が揃わないときにはイライラしてしまうものですが、それは他人のことを変えられないからです。

ですが、自分の望みと、自分の行動がちぐはぐなときは、自分の行動なら変えられることもあります(内容によるでしょうけれど)。

洋服の選定などはいとも簡単に変えられます。これは一例ですが、こういうことは誰にでも起こり得ることだと思います。ご自分の日常を見直すと、簡単に改善できることがいろいろあるかもしれませんね。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

|

« 尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

10代の頃は流行りの服が着たい、20代の頃は好きな服を着たい、だったのですが、
30代になると、似合うものの中から好きなものを着たいという気持ちになりました。
そのタイミングで、偶然パーソナルカラー診断というものを受ける機会があったのですが、とても参考になりました。
年齢と共にどんな服がきたいか、というのは変わっていくものなのかもしれませんね。

投稿: mar | 2016年6月29日 (水) 09時34分

mar様

そうですね、合うものも変わっていきますし、10代は、まだ自分というものがわかっていないので、基準が外にあって、流行をおうし、だんだんと自分が分かっていけば、自分にあうものを、となっていくのかもしれないですね。

投稿: リカコ | 2016年6月29日 (水) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »