« 他人を、自分の思い通りに動かそうとしなくても。 | トップページ | 尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。 »

2016年6月17日 (金)

情報が手に入りやすい分、行動には意識的になることが必要。

今の時代、情報を得ることは簡単です。パソコンやスマホで検索すれば、ヒントも答えも見つかります。友人や知人へたずねることもできます。連絡の手段が豊富にありますからね。

しかしそのことが影響して、情報の活用の仕方が、あまりうまくない人が増えたようにも思います。これは若い方に限らず、大人も同様であるようです。

昔は、情報を得ることが簡単ではなく、いろんな手段を尽くして苦労して手に入れたものでした。図書館で調べたり、その分野に詳しい人にお願いして教えてもらったり。

そうしたプロセスが、自然と学びになっていたと思います。調べるという行為をしていくうちに、活用の仕方も一緒に身についていきます。

詳しい人に教えてもらえば、情報そのもの以外にも、プラスアルファのコツを教えてもらえることもあります。

図書館で調べることも、目的の情報にいきつくまでの空振りも遠回りも多く、そうして別の(目的ではない)情報も頭に入りますから、それらが間接的に役立つこともありました。

今は、得たい情報がピンポイントで簡単に手に入れられて時間短縮ができるかわりに、得た情報を具体的にどうすればいいかという部分について、誰かに教えてもらったり、改めて身につけたりするという別のプロセスが必要な時代のようです。

つまりは、「今も昔も、そんなに変わらない」のかもしれません。

負荷が大きいものがあれば、その代わりに得られるものがあり、負荷が小さければ、別のことで負荷が掛かってくるということで、トータルでみれば「学びを得るまでには、相応の経験値を積むことになっている」のでしょう。

今は、情報はいくらでも、そんなに苦労なく得られる時代です。

となると、その次の段階である「行動」のほうに意図的になっていくことが必要になってくると思うので、こちらのblogでも何度も、行動の必要性や、どのように行動の糸口を見つけていったらよいかをお伝えしています。

情報をどのように扱い、自分の生活の中にいかしていくかが「今の時代に生きる、私たちの学び」でもあるのでしょう。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。 

 ★新サイトもご覧ください → スピリチュアルメッセージを、お届けします

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

|

« 他人を、自分の思い通りに動かそうとしなくても。 | トップページ | 尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

私はある専門知識を持っています。

その表面的な知識を得るのは簡単ですが、その専門知識は表面的な事からはわかりにくい、実際の訓練や経験によって読み取る部分も大きく、インターネットでその知識を得られた方の解釈をみていると、98.6%は合っているけど、最後の解釈で大どんでん返しになっている事があります。

私はその部分を知っているので気がつきますが、知らない人がそれを読み、それを他の誰かに伝えたら、最後には伝達ゲームの様な始めと終わりの話は全く違ったということになるでしょう。

ゲームの時は笑話で終わりますが、内容によっては、その終わりの話がギャグでは済まされない事もある、それを考えるとインターネットの危うさを感じます。

投稿: 梅雨 | 2016年6月17日 (金) 08時00分

梅雨様

そういう解釈の度合いの差とか曲解は、すべてに言えると思うのですよね。インターネットの時代だから、ということに限らず。

確かにインターネットで簡単に得られるから、簡単に解釈してしまうというのは、あると思います。

本来ならば(昔ならば)特定の専門知識を得ようとするなら、とても困難だったから、その困難を越えてまで得ようとする人は、それをとても必要としてる人だったり、それだけのバイタリティーがあったり、理解しようする意欲が高い人である可能性は高いですよね。

そこだけ比べれば、簡単に情報が得られるから得ているだけという、ライトな層とは、思い入れの強さなどが違うことは確かだと思います。

しかし、昔のパターンで、苦労のプロセスを経て得た知識でも、98%までは合っていて、しかしラストの解釈でひっくり返ってしまう可能性はあると思うのです(^^;)。

専門的な経験から(調べるための労力という意味でなく)の知識と、そうでない人の知識に、理解の深さがあるのは、どんな時代でもすべてに当てはまり、

そこは、インターネット云云とは別の、「経験者」と「そうでない人」の差、ということになるのではないでしょうかね。

それとも、昔の時代であれば、簡単に情報が手に入らないから、素人さんがそこまでの詳しい情報を知ろうとなさる機会もまずなく、実際に知ることもできないから、曲解がうまれることも少なかったという意味で書かれているのでしょうか。だとすれば、そういうことも言えるとは思うけれど、それが「良い」かは・・・わからないと思うのですよね。

いっそ知らないほうが危うさがなくてよいのか、完全ではない理解でも知識があることが有意義になるのか、そこは、受け取り方しだいでしょうし、ケースバイケースかなと思います。内容にもよるのでしょうけれど。

投稿: リカコ | 2016年6月17日 (金) 12時34分

リカコさん、お久しぶりです。
今ちょうど私の希望と合致している事務所を探し始めていました。腹を決めると案外見つかるものだなぁと思っていた矢先にリカコのこの記事を見つけたのでタイムリーだなぁと思いました。
希望する事務所を探すという行動と、臆することなくどんどん色んな事務所にエントリーして開拓していく行動は大切だなぁと改めて思いました。
理想に近づけるために気を引き締めて臆することなく前向きに行動していこうと思います!!!
いつも的確な記事をどうもありがとうございます。

投稿: H田 | 2016年6月17日 (金) 17時39分

H田様

行動していくと、その結果が何かしらでてきて、思い通りにいくことがよい形になることもあれば、思い通りにいかなくて遠回りになって別の何かに気づいたり、得られるものがあると、それがやりがいにもなりますよね(^_^)。

投稿: リカコ | 2016年6月18日 (土) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他人を、自分の思い通りに動かそうとしなくても。 | トップページ | 尽くさないと認められない、という思い込みで自分を制限していないか。 »