« いただき物(^o^)。 | トップページ | 自分のエネルギーが振動できる幅によって、引きあうものが決まる。 »

2016年5月 2日 (月)

選ぶ力、選択肢を見つけてくる力。

何をしたらいいのか「決められない」ために、なかなか行動できないケースがあります。

決められない理由は「選ぶ力が弱い」か「選択肢をみつけてくる力が弱い」かですね。

選びなれていないと、選べません。基準の見つけ方だったり、不安のおさめ方だったり、目的の定め方だったり(目的があるからふさわしい手段を選べる)、そういう考え方に慣れていないと、なかなか自分から選べずに、外からの要因で「決まってくる」ことを待ってしまいます。それでいつまでも動けなくなります。

選択肢を見つけてくる力とは、何と何が関連しているかという「繋がりを把握する」ことや、それを選んだ先にどんな展開がありそうかという「先を想定する」こと必要になりますね。そうした結びつけの解釈が上手な人とそうでない人がいるので、ここに苦手があると、決めるための項目が(自力では)揃わないので、やる気だけが空回りしやすいです。

決められない人は、上記のうち、自分はどちらの要素が多いのか、まずはその点を考えてみましょう。


選び慣れていなくて選べない人は、

その行動に「慣れること」です。といってもただ「選ぶ」をやればいいというのではなく、「基準をもって選ぶ」ことです。ただし基準そのものは何でもいいです(^_^)。「何円以内で」でも、「似合うものだけ」「なるべく好きなもので」「機能的なものを」でも。

選択肢を見つけてくる力が弱い人は

これは練習しようとしても慣れるまでが大変です。なぜなら「選ぶ」ことよりもプロセスが多くなってしまうので複雑になるからです。

なので、自分で慣れて上手になろうとするよりも、「選択肢を見つける結びつけが上手な人に、選択肢を出す作業を助けてもらう」ほうが現実的で早いのでお勧めします。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  ↓ ↓ ↓

 

|

« いただき物(^o^)。 | トップページ | 自分のエネルギーが振動できる幅によって、引きあうものが決まる。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いただき物(^o^)。 | トップページ | 自分のエネルギーが振動できる幅によって、引きあうものが決まる。 »