« 電子書籍の目次。 | トップページ | 自分のエネルギーを相手に取られた! と感じてしまうのは。 »

2016年5月20日 (金)

友達が「自分のスピリチュアルな体験話」に、関心をもってくれないのは?

25987729_s
女性は、お話をするのが好きだし、共感することで人間関係をつくっていくものなので、自分が体験したことや、それについてどう感じたかを話し合って「すごいね」とか「あるある!」とか「私も経験してみたい」となって話が広がったり、親しみがわいたりするものです。

そうした延長で、自分が体験して感動したり学びになったりした、「スピリチュアルな体験」、「霊的な事柄が関連していると思われる体験」を知り合いに話して、この感覚を共有したいと考える方は少なくないようです。

けれど、多くの場合、期待していたような反応を得られず、軽く流されたり、しらけた雰囲気になったり、自分が感動したあの感覚が伝わらないのかと、がっかりしてしまう結果になるのではないでしょうか(^^;)。

そういう方に理解しておいてほしいのは二つで、

まずひとつは、スピリチュアルな事柄というのはとっても内的なことなので、体験した事柄やそれに関しての自分の思いや気づきを、言葉に表すのは(事実そのものを表すのと違って)とっても難しいものだということです。

うまく伝わらなくても、「そういうもの」です。

そしてもうひとつは、多くの人にとって「他人の神秘体験というのは、そんなに面白い話題ではない」ということです。「へえー、そんなことがあったの」というくらいは思うとしても、そこからさらに掘り下げたり、解釈を膨らませたりして楽しみたいような話題ではないので、

これも「そういうもの」として受けとめるほうがいいですね。

自分にとっては、その体験に至るまでの「いろいろ」があって、そのすべてを知っています。その上での体験だからこそ感慨深いのです。

他人の受け止め方はそれと同じにはならず、クールな反応になることが「普通」だと思って、あまりこだわらないようにしましょう。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  

|

« 電子書籍の目次。 | トップページ | 自分のエネルギーを相手に取られた! と感じてしまうのは。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

私は記事の内容とは違うパターンですが、スピリチュアルの内容は怖くて人に話せません。

小さい子は霊を見やすいとか聞きますが、私も子供の頃、結構勘が冴えているというか、誰かの死を予言したり、人が亡くなる前後に、その方と話して、周囲に「〇〇さんがもう行くねって言ってたよ」とか、そういう事をよく言っていたそうです。
でもその度に親から「変な子だと思われるから人には絶対に言っちゃダメ」と言われていたので、霊的な話 = 変な人というイメージがついてしまいました。

なので今でも勘が冴えて、なんとなく人前でそれを口にしそうな時、すぐさま「変な人と思われるから」とネガティヴになり、人に話すのが怖い?ので話せません。

投稿: 心配性 | 2016年5月21日 (土) 10時12分

心配性さま

「話さない」という選択をとられて、結果として人間関係がおかしくなることはなく、うまくいっているなら、それもひとつの方法だと思います。

子どものときは、何を口に出していいかという判断は人生経験が少ないので難しいですね。しかし大人になってからは、冷静な判断はできますから、一呼吸おいて口にする(かどうかを決める)とよいのではと思います(^_^)

投稿: リカコ | 2016年5月21日 (土) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子書籍の目次。 | トップページ | 自分のエネルギーを相手に取られた! と感じてしまうのは。 »