« ある日の、作り置きとか。 | トップページ | 肯定感を高めようとするなら、その原因や方法を考え過ぎないことも大事。 »

2016年4月12日 (火)

スピリチュアルな感性が高まると、霊が見えてしまうかも?と心配な方へ。

スピリチュアルに関心が高くなって、知識がついてくると、それにつれて感性も高まっていろいろ感じやすくなることがあります。

そうなったときに「このままいけば、自分はそのうち幽霊をみてしまうのではないだろうか」という不安にとらわれてしまう方が結構いらっしゃるようです(^^;)。

霊が存在しているのはわかっていても、見えなくても感じなくても、そこに実は霊がいるというシチュエーションはいくらでもあり得るとわかっていても、しかし実際に「見えてしまう」のはちょっと・・・、そうなったら怖いという気持ちはあると思います。

ですが、スピリチュアルな感度が増すことと、幽霊が見えてしまうことは、そんなに深く関連しません。

むしろ、感性があるべき方向へ高まっていくならば、浄化していない霊の領域とは引き合いにくくなり、ものごとの洞察力や推察力、叡智がひらめく直感力などの方面が鋭くなっていくことのほうが多いように思います(^_^)。

ちなみに、霊感としての見えるセンスが高い方でも、「オーラも霊も、いろんなものが見える」人もいれば、「オーラが見えるけれども、霊はあまり見えない」人もいますし、「守護霊は見えるが、いわゆる幽霊は見えない」人もいますし、見え方の特徴は本当にいろいろなのです。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« ある日の、作り置きとか。 | トップページ | 肯定感を高めようとするなら、その原因や方法を考え過ぎないことも大事。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

感性があるべき方向へ高まっていくならば... 洞察力や推察力、叡智がひらめく直感力などの方面が鋭くなって

の部分ですが、霊を観る能力(感性)と洞察力や直感などの能力が、高低差の違いで、でも同じ線上のものとは知りませんでした。

全く別物の能力かと思っていました。

勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: 桜草 | 2016年4月12日 (火) 09時41分

桜草さま

解釈が違いますよ。

>の部分ですが、霊を観る能力(感性)と洞察力や直感などの能力が、高低差の違いで、でも同じ線上のものとは知りませんでした。

という記載は、文章内のどこにも存在していませんよね(^^;)。

高低差の違い、同じ線上にあるというのはこの文章内にはかかれていませんが、どこからもってこられた考え方でしょうか。ご自身で思ったことを、結びつけて解釈してしまっていませんか。


ここで書いているのは、

・「感性が高まると、(感性の一種である)霊視力的な伸びが高まって、幽霊が見えてしまうのでは?」と心配な方がいる。

・しかし、実際にはそういう結びつきにはならない。スピリチュアルな感度が増すことと(つまり感じる力)と、幽霊が見えること(つまり見える力)と、そんなに深く関連するとは限らない。(が、一般的にそこまで仕組みがわからないから、見えたら怖いと心配になるのだろうから、「そういうことはない」という説明をしている主旨です)

・感性があるべき方向へ伸びるとは=向上すること。そうして高まると、浄化していないいわゆる幽霊などが存在する領域とは(波長が合わないので)引き合いにくくなる(見えるかどうかに関わらず)。


ということですね。

つまり

★霊視力、洞察力、直感力などは、「霊的な感性の、現れ方の種類」で、それぞれ別のものです。高さ~低さの、同一線上にはありません。

★しかし、「いわゆる幽霊が見える領域に波長が引っ張られてしまう~感性が鋭くなる」には、同じ線上の高低とも言えますね。幽霊のほうにあってしまうのは(低)だし、鋭くなるのは(高)という意味で。

・・・ということになります。

これは、霊の見え方とか、スピリチュアルな感性全般に関する仕組みの説明記事ではないです。「感性が高まったら、幽霊が見えてしまうのではないか」という疑問や不安について、「そうはならない」という前提で、ならない理由について書いている記事となります。

霊的な感性とか、スピリチュアルな能力についての説明としてご覧になると、あちらこちらの(補足的な説明として書いている、詳しいとはいえない)箇所が、むしろ混乱になると思うので(^^;)、必要があれば過去記事をご覧ください。

投稿: リカコ | 2016年4月12日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ある日の、作り置きとか。 | トップページ | 肯定感を高めようとするなら、その原因や方法を考え過ぎないことも大事。 »