« スピリチュアルな感性が高まると、霊が見えてしまうかも?と心配な方へ。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »

2016年4月14日 (木)

肯定感を高めようとするなら、その原因や方法を考え過ぎないことも大事。

肯定感を高めよう、肯定的であろうとするなら、「どのようにしたら肯定的でいられるか」とか、「なぜ肯定的になれないのだろう」と頭で考えることは、肯定感を高めることにはあまり役立ちません。

思考を整理していくための、糸口としてそういう思考の向け方をしてみるならいいけれど、そうした思考を重ねすぎると、むしろ肯定感から逆行してしまうこともあるので注意が必要です。

一般的に、「なぜ、そうじゃないか」については理由があることが多いけれど、「そうだから、そうだ」ということには理由らしき理由(私たちが認識できるようなという意味での)はないか、あっても特定しにくいことがほとんどではないでしょうか。

・「なぜ、そうじゃない(否定)か」には、理由があるので結論にいきやすい。

・「そうだから、そう(肯定)だ」には、あまり理由がないから結論にたどり着かない。


つまり、肯定感を高めようとして、その理由を考えすぎると、否定にばかり意識が向きやすくなるんですよね(^^;)。答えが明確にでるのは前者のほうに多いからです。

肯定的であること、肯定でいることを自分に馴染ませていこうとするなら、思考は適度にしておき、行動のほうで理解や納得に繋げていくほうが効果的だと思いますよ(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« スピリチュアルな感性が高まると、霊が見えてしまうかも?と心配な方へ。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

りかこさんこんにちは。私はネガティブ思考が多くなかなか自己肯定できない性格です。物事を否定に考える事で安心してしまいあとで傷つきたくないという思いが強くなります。今読ませていただいて、確かに考え過ぎてしまうと頭でっかちになり独りよがりで事を進めて気がつけば自分の世界だけで終わらせてしまったなぁと思う過去の人間関係も、やはり行動してみてこそ相手との距離を測ったりして物事は進めていかないといけないだろうし肯定感を高めるって大事な事ですね。

投稿: 石原 | 2016年4月14日 (木) 16時25分

石原様

否定に考えておくと、うまくいかなかったときにがっかりしなくてすんだり、または、否定で解釈していって、それを選ばない理由を、自分の中につくったり、したくなってしまいますよね、私もそういうところがあるのでわかります(^^;)。ただ、そうすることで「慎重になれる」というメリットもあるので、そういう思考を全否定はしなくていいと思うんですよね。

では、そのうちのどこからが否定で、どこまでなら許容なのか?みたいに複雑に考え出すと、この記事のようなことにとらわれてしまうので(^^;)、理由さがしをしたくなったら、思はほどほどで切り換えていくことも必要なのだろうな、と思います(^_^)。

投稿: リカコ | 2016年4月14日 (木) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピリチュアルな感性が高まると、霊が見えてしまうかも?と心配な方へ。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »