« リーディングのご感想|前世リーディング。 | トップページ | いただき物(^o^)。 »

2016年4月27日 (水)

「今、やらなければならないこと」の対処法を考える場合。

40077370_s
【他人に任せられない(自分でやりたい)場合】

他人に、仕事やものごとを、任せられない人がいます。何でも自分でやらないと気がすまず、自分でやるほうが早いしスムーズだからと思ってしまうような人です。

長い目でみれば、そうしたこだわりは変えていくほうがいいかもしれません。負担が増える一方だし、実際のところ、できる量には限りがあるからです。

けれど、今目の前にやらなければならないことが山積している状態で、「任せられない」ことを「任せられる」ように変えることは・・・、その時点での優先度として「低い」と思います。今は、山積しているそれをこなしていくことが先決ですよね。

ならば、「その時点においては」、どのようにして効率化をはかって、自分がより多くのことをやれるように工夫するか、

または重要度を判断して、やることとやらないことの区分けをつける(やることを厳選する)などを、考えることが、現実的で建設的な考え方になると思うのです。



【自分でできない(他人にお願いしたい)場合】

上記とは逆に、自分の苦手なことを誰かに任せることに抵抗がない人で、何でも自分ではできないという人ならば、「どうやって、他人にやってもらうか」、そして「誰に、任せるのか」が思考のポイントになりますね。

「苦手でできないことを、得意でできるようにする」などというのは、ほぼ無理です(^^;)。なんとかやれるようにする、くらいまでは到達するかもしれませんが、そうまるまでに時間が掛かります。

今、目の前のやらなければならないことの対処を考えることが優先でしょうから、時間が掛かる取り組みは後にして、「誰に」「どのように」やってもらうようにするかを考えていくのが、建設的な考え方になると思います。


どちらのケースにもいえるのは、「目の前にある今やること」と、「長い目で取り組む改善」とを、混ぜた解釈にしない、ということですね。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« リーディングのご感想|前世リーディング。 | トップページ | いただき物(^o^)。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーディングのご感想|前世リーディング。 | トップページ | いただき物(^o^)。 »