« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の9件の記事

2016年4月27日 (水)

「今、やらなければならないこと」の対処法を考える場合。

40077370_s
【他人に任せられない(自分でやりたい)場合】

他人に、仕事やものごとを、任せられない人がいます。何でも自分でやらないと気がすまず、自分でやるほうが早いしスムーズだからと思ってしまうような人です。

長い目でみれば、そうしたこだわりは変えていくほうがいいかもしれません。負担が増える一方だし、実際のところ、できる量には限りがあるからです。

けれど、今目の前にやらなければならないことが山積している状態で、「任せられない」ことを「任せられる」ように変えることは・・・、その時点での優先度として「低い」と思います。今は、山積しているそれをこなしていくことが先決ですよね。

ならば、「その時点においては」、どのようにして効率化をはかって、自分がより多くのことをやれるように工夫するか、

または重要度を判断して、やることとやらないことの区分けをつける(やることを厳選する)などを、考えることが、現実的で建設的な考え方になると思うのです。



【自分でできない(他人にお願いしたい)場合】

上記とは逆に、自分の苦手なことを誰かに任せることに抵抗がない人で、何でも自分ではできないという人ならば、「どうやって、他人にやってもらうか」、そして「誰に、任せるのか」が思考のポイントになりますね。

「苦手でできないことを、得意でできるようにする」などというのは、ほぼ無理です(^^;)。なんとかやれるようにする、くらいまでは到達するかもしれませんが、そうまるまでに時間が掛かります。

今、目の前のやらなければならないことの対処を考えることが優先でしょうから、時間が掛かる取り組みは後にして、「誰に」「どのように」やってもらうようにするかを考えていくのが、建設的な考え方になると思います。


どちらのケースにもいえるのは、「目の前にある今やること」と、「長い目で取り組む改善」とを、混ぜた解釈にしない、ということですね。



 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

思考が進みすぎて、焦りや諦めが発生してしまうことがある。

思考の広がるスピードは、当然ながら、行動するスピードより速いです。思考はどんどん進めていけますが、行動は準備もいるし結果がでるまでに時間もかかり、思考と同じようにはいきません。

(行動よりも先に進んでいく)思考は、行動を伴わせるための牽引車になってくれます。それに向かってうごけばいいという行動の指針になりますし、思考もエネルギーとして作用しますから、やる気として行動を促し助ける力にもなります。

適度であれば、そうしたよい繋がりができます。

けれど、過度になればバランスが乱れます。

思考が先に進みすぎて、あまりに現実との差が大きくついてしまうと、行動をそれにともなわせて動かすことができないからです。


この「差」を、どうとらえるかには2つのパターンがあります。

●この差をうみだしてしまう、行動が遅い自分はダメだと思うと、焦りになります。(本当は行動が遅いのではなく、思考が早すぎるだけ)。

●この差をうみだしてしまう、物事が早く展開しない世の中がダメだと思うと、諦めになります。(思考が早すぎるだけで、世の中が遅いのではない)。

その人の価値観により、「焦り」になるか「諦め」になるかです。

これはもう、その人の性質によるパターンがほぼ決まっていますね。その時々で、焦りになったり諦めになったりはしません。「焦りタイプ」と「諦めタイプ」にわかれます。


何でもそうですが、早いほどいい、ということにはならず、早すぎても別のことが伴わずに「差」が大きくなると、そこに何らかの感情が発生してしまいます。

行動は思考のようなスピードでは進まないということ、そして上記のような仕組みで、差が大きくなるほど、そこにより一層の行動のブレーキになることが発生してしまうということです。

焦りは、一見、アクセルのようなのだけれども、・・・実は、アクセルを装ったブレーキになってしまうので(^^;)、

思考にばかりエネルギーを傾けずに、行動を伴わせていくことにも比重をおいて、両方をうまく扱っていくことが大切ですね。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

  ↓ ↓ ↓

 

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

リーディングのご感想|メール回答。

ご利用いただいたNKさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image55すごくすごく腑に落ちることばかりでした。自分でもそうかも…って思っていることが具体的な言葉で書かれているため、ダイレクトに伝わりました。

オーラについても、今回初めてお願いしたのですが、自分のことを正しく理解する上でとても役立ちました。そして少しあるオーラの要素についてはちよっと意外でしたが、こちらの要素を増やしていくことで生き易くなるのかなーとも思いました。

また、新しい環境ついても、アドバイスのお陰で、心の余裕が生まれ、安心の1日となりました。読み返しながらまた(自分にとって)よい人間関係を築いて行きたいです。

いつもは直接やり取りが出来るので電話リーディングを願いしていたのですが、メールリーディングの良さが分かりました。それぞれが魅力的ですね。

 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

肯定感を高めようとするなら、その原因や方法を考え過ぎないことも大事。

肯定感を高めよう、肯定的であろうとするなら、「どのようにしたら肯定的でいられるか」とか、「なぜ肯定的になれないのだろう」と頭で考えることは、肯定感を高めることにはあまり役立ちません。

思考を整理していくための、糸口としてそういう思考の向け方をしてみるならいいけれど、そうした思考を重ねすぎると、むしろ肯定感から逆行してしまうこともあるので注意が必要です。

一般的に、「なぜ、そうじゃないか」については理由があることが多いけれど、「そうだから、そうだ」ということには理由らしき理由(私たちが認識できるようなという意味での)はないか、あっても特定しにくいことがほとんどではないでしょうか。

・「なぜ、そうじゃない(否定)か」には、理由があるので結論にいきやすい。

・「そうだから、そう(肯定)だ」には、あまり理由がないから結論にたどり着かない。


つまり、肯定感を高めようとして、その理由を考えすぎると、否定にばかり意識が向きやすくなるんですよね(^^;)。答えが明確にでるのは前者のほうに多いからです。

肯定的であること、肯定でいることを自分に馴染ませていこうとするなら、思考は適度にしておき、行動のほうで理解や納得に繋げていくほうが効果的だと思いますよ(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (2)

2016年4月12日 (火)

スピリチュアルな感性が高まると、霊が見えてしまうかも?と心配な方へ。

スピリチュアルに関心が高くなって、知識がついてくると、それにつれて感性も高まっていろいろ感じやすくなることがあります。

そうなったときに「このままいけば、自分はそのうち幽霊をみてしまうのではないだろうか」という不安にとらわれてしまう方が結構いらっしゃるようです(^^;)。

霊が存在しているのはわかっていても、見えなくても感じなくても、そこに実は霊がいるというシチュエーションはいくらでもあり得るとわかっていても、しかし実際に「見えてしまう」のはちょっと・・・、そうなったら怖いという気持ちはあると思います。

ですが、スピリチュアルな感度が増すことと、幽霊が見えてしまうことは、そんなに深く関連しません。

むしろ、感性があるべき方向へ高まっていくならば、浄化していない霊の領域とは引き合いにくくなり、ものごとの洞察力や推察力、叡智がひらめく直感力などの方面が鋭くなっていくことのほうが多いように思います(^_^)。

ちなみに、霊感としての見えるセンスが高い方でも、「オーラも霊も、いろんなものが見える」人もいれば、「オーラが見えるけれども、霊はあまり見えない」人もいますし、「守護霊は見えるが、いわゆる幽霊は見えない」人もいますし、見え方の特徴は本当にいろいろなのです。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (2)

2016年4月 7日 (木)

具体的なひらめきと、抽象的なひらめき。

ひらめくアイデアには、「具体的な(このことを、このようにしたらいいという)ひらめき」もあれば、「抽象的で、まとまっていないひらめき」とがありますよね。

すごくいいアイデアなような気がするけれど、しかし、はっきりと形にしにくい、言葉にもあららわしにくい抽象的なひらめきは、だいたいその場だけで記憶に残らずに流れていってしまいます。

一方で、このことをこうしたらうまくいくだろう!と、すごく具体的なアイデアとしてキャッチする場合もありますよね。

具体的なアイデアというのは、多くの場合、過去にもひらめいたことの「再現」なのです。

かつて、そのことも「抽象的なアイデア」として少なくとも一度は頭の中に降りてきていて(そしておそらくは、そのまま意識にとまらずに流れていき) しばらくの時間の後に再び、以前より具体性をもったものとして「ひらめく」という形でおりてきたものです。

以前は抽象的、それがいつしか具体的になるという差ができるのは、時間が経過したことによって、さまざまな経験を重ねて理解力が増したとか、わかることが増えたとかの「受信する側の変化」によるものです。

必要なことや、自分のたましいに関連の深いことは、そうして何回もひらめきが降りてくるものなんですよね。

理解できるより前にひらめきが降りるのは、何度も(意味がわからなくても)ひらめくことで「それ」に馴染んでいき、後に「具体的にわかる」ときの浸透しやすさとして役立つからという理由もありますし、

さらには、あちらの世界にはこちらの世界のような時間という概念がないので、感性が鋭い方であればわかる時期より以前に伝わってきてしまう(自然に先取りになってしまう)、ということもあるでしょう。

だから、わからないことも必要であればいずれはわかるので、放っておいてもいいのだけれども、

私としては(いつもブログなどでもお伝えしてるように)抽象的なものでもメモしておくことをお勧めしています。そうすると、具体的なひらめきに繋がるのが少し早くなるように思いますね。書くという行為によって、一瞬でもそれに意識的になることが作用しているのだろうと思っています(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

リーディングのご感想|メール回答。

ご利用いただいたOSさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image8今、私の周りや私自身の何かが変わってきている気がしていて少し焦っていました。

とにかく何か行動して答えを見つけなくてはという思いや、 今のままではいけないような、何とも言えないソワソワ感があります。

その時が来るのを待つというのも大切なのですね。 もう少しリラックスして、夫とも話し合いながら考えていこうと思います。

それから、指導霊からのメッセージで 私は○○○○○ということ。もっとしっかりしないと。とか、1人でなんでもしないと。とか 自分でつらい状況に追い込んでいたかもしれません。

あのメッセージで泣けてきました。他人の事はよく見えるのに、自分の事はホントにわからないものですね。リカコさんのリーディングで、少し自信もでました。 私にもけっこう良いところあるんですね(笑)

私がこれから何をしていくのかも楽しみです♪ ずっと仕事をし続けそうな感じは薄々感じてはいましたが(^_^;) 色々模索してみたいと思います。 ありがとうございました。

 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

その人が見やすい「夢の特徴」がある。

私たちは、寝ている間に「たましいが肉体を離れて、あちらの世界に里帰りしている」と言われています。

そのため、寝ている間にみる「夢」の中に、それらの要素が反映したスピリチュアル的なものを「見る」ことがあります。

どんなふうに何を見るかは、「人により」違いますし、同じ人でも「その時々」でも変わりますが、

その人が見やすい、特徴的な夢の傾向というものがあるようです。

そうした個人差がありますから、「夢で、○○を見たときの意味は、××である」という一律の定義はつけられません。その定義(が正しいと仮定した場合でも)に、当てはまる人ばかりではないからです。

いわゆる夢占いとか、夢解釈というものも、その主張している方(著者)と、同じような傾向で夢をみる人には当てはまるでしょうし、違う傾向で夢を見る人には当てはまらなくなります。

また、人による傾向というのも、そうなることが多いという程度であり、こうだという固定はされていません。人という存在はそんなに安定しているものではないので、バラツキが必ず含まれます。


夢にあらわれやすい特徴の一例として、

・「予知的に、これから起こる内容を見てしまう」、

・「その時点で、世界のどこかで起こっていることを見てしまう」、

・「こうなったらいいな、という願望が夢の内容に反映する」、

・「恐れていることが、夢の内容にあらわれる」、

・「他人から、こうしてもらいたい内容を見てしまう」、

などが、多いでしょうか。他にもバリエーションはいろいろあると思います。


私の場合でいえば、「予知的にみる」「世界のどこかで起こっていること」「恐れていること」が三大パターンです(^^;)。願望とかはほとんどみないですね。

もちろん、夢のすべてにそうした「紐解けるような意味合い」があるとは限らず、直近での視覚や聴覚からの情報が反映したり、肉体的な刺激(布団が重い等)で見てしまうこともあり、本当に「いろいろ」ですから、

意味ありげな夢をよく見るタイプの方も、こだわりすぎないこと、とらわれないことです。

「夢はいろいろで、ときどき意味をもつけれども、そうでないことも多々あるもの。夢は夢であり、それ以上でも以下でもない」、というくらいの受け止め方がちょうどよいのではないかな~と、私はそう思います(*^_^*)。

2週間~くらい、夢をメモしてみるとだいたいの傾向がつかめてきますよ

毎日は見なかったり、見ても覚えていられなかったりするのでもうちょっと掛かる場合もありますが、書く習慣をつけると、書かなきゃと思うからか記憶にも定着しやすくなるので、興味のある方は是非。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (2)

2016年4月 1日 (金)

リーディングのご感想|メール回答。

ご利用いただいたMKさんから、ご感想をお送りいただきました。ありがとうございました(^_^)。

Image55毎日のブログ更新を楽しみにしております。 リカコ様のブログは私にとって、日々の生活や、毎日の出来事に答えを出すための参考書のようなものと思って愛読させて頂いておりました。勿論、早々に電子書籍も購入させて頂きました。気持ちの上がる内容で、活用させて頂いておりました(*´∀`)

沢山の文章の中、内容が解りやすく、ひとつの内容を、理解しやすい色んな角度から説明してくださってて、そこがまた、学べるひとつになり、有り難く思いました。 1のオーラの色について、とても嬉しく興奮状態でした(笑)

全てが「私だぁー、私です。はい、そうです、その通りです!そうなんだぁー、やっぱりねー、うわー!うれしい!」当たってる~と連発しながら読ませて頂きました(笑)

文章の内容に重みがあり、しかも、私という人間は、私にしかわかり得ないことなのに、誰かに私を、わかって貰えたと同じなので、これほどリーディングという醍醐味を味わったのは初めてです。

2のオーラの要素の内容は、骨抜きにされたように嬉しくて感動しました(笑)。 私の事なのに、私なのに、私自身そのものを書いてある事の内容が、 私が感じている 実行している 心がけている 成長し続けるために日々腹に落とそうと思っていること 全て肯定されているようで 勿論、私をリーディングして下さっているので私の事なのですけど、 嬉しくて嬉しくて。

オーラは、自分がいて、心と身体と魂の映し出しという言葉と、連動している内容が私には有り難く、 なお一層魂の輝くためのアドバイスがシンプルに宿題のように書かれてることが、 神様有難う御座います、いえ、リカコ様有難う御座います、でした。

今以上に宿題をしながら、志高く、より一層輝く人生を歩めるように生きる事を楽しみたいと感じます。

そして、指導霊からのメッセージからは、 やはり、私自身でした。 指導霊がいて私が行動や、実行を無意識にしているのか全ては私自身が目標にしている内容でした。

私が大切にしなければならない次期が解ったのは嬉かったですし、 事実、無意識に心が向かう行動が私にとって合っていた事も知ることも出来ました。

有難う御座いました。 もっともっと、細かくどんなところが、どう嬉かったかと感想を入れたかったところですが、リカコさんから頂いた内容を胸に秘めたいと思います。

 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »