« 「一方が尽くしすぎる」関係に対する、不満がでてしまうとき。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »

2016年3月28日 (月)

プラスを生み出していく、という意識と行動。

自分の至らないところをもっと高めよう、ふさわしくないことを改めようと、「問題を解決すること」に対して、あまりに一生懸命になると、よいところが伸びずに停滞してしまうことがあります。

「マイナスの改善の取り組みを、すればするほどプラスに繋がるハズ」という思い込みをもっていないか、ときどきご自分の思いや姿勢を見つめ直してみてください。

マイナスを直すことも適度であれば素晴らしいことです。ですがやり過ぎても、プラスを生み出すための時間や労力までも、マイナス改善に費やしてしまうことになり、ものごとが前進していかないのです。

たとえば、製造業の会社があるとして、「クレーム対応をもっとしっかりやろう」という取り組みは素晴らしいことですよね。商品を買う側からしても「良心的で信頼が置ける姿勢だね」と好印象になります。

ですが、クレーム対応に力をいれればいれるほど、会社の業績が上がるわけではないですよね(^^;)。「クレーム対応」というフォローアップと、「商品の製造」というメインの業務とは、それぞれ別の事柄だからです。

商品の製造がしっかりしていてこそ、フォロー体制の強化がいかされるのであり、一方だけ、それも(どちらかといえば)裏側だけに力をいれても、ものごとが動いていかなくなります。

多くの場合、マイナスとプラスは、裏表でひとつになっていて、マイナス改善にばかり取り組みすぎすると、マイナスが減るかわりにプラスも伸びなくなります。適度なら効果的でも過度になれば、何事もバランスが乱れます。

問題解決も大切ですが、それは(内容にもよるでしょうけれど)ほどほどにして、その労力の一部を、ものごとを前進させていくための行動に費やすほうが有意義ではないかな、と思うケースは、私の見る限りかなり多いように思うのです(^_^)。

マイナスにばかり取り組むと、意識のベクトルが内側にばかり向いてしまい、外に向かった広がりがでにくくなります。偏らないようにバランスを意識してみてください。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« 「一方が尽くしすぎる」関係に対する、不満がでてしまうとき。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「一方が尽くしすぎる」関係に対する、不満がでてしまうとき。 | トップページ | リーディングのご感想|メール回答。 »