« リーディングのご感想|固定電話。 | トップページ | 自分を認める。 »

2016年3月22日 (火)

借りたら、ちゃんと返せばいい。

「借りを作ることが怖い」という気持ちになって、他人の厚意を素直に受け取れない人がいます。ありがたいという気持ちはあるのに、申し出てくれている相手にも感謝していても、「受け取ると借りをつくってしまう」という気持ちが邪魔をして、受け取ることができません。

相手に負担を掛けると悪いという気持ちと、自分が後から同じだけの負担を受け取ることになるとしたら怖いという気持ちと、否定的な感情が二重になって素直に受け取ることが難しいのです。

そういうときには、以下のような考え方をしてみてください。

私たちは、この世を生きる上で、どうやっても自分だけの力でやっていくことはできません。必ず、何かの形で他人の力を借りながら生きていくことになります。無意識のものもふくめて、実は相当に他人の力に助けられながら過ごしているのです。

ということは、「借りを作らないように」と頑張って意識したとしても、それは(自分が作ってしまう借りのうちの)100が99になったようなもので、あまり変わらないのかもしれません(^^;)。

生きている以上、借りは作られてしまうものです。どうやってもゼロにすることはできません。どうせ借りるのだから、「借りて、返す」=「借りるけど、ちゃんと返す」という切り換えのほうが、楽になれます。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« リーディングのご感想|固定電話。 | トップページ | 自分を認める。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーディングのご感想|固定電話。 | トップページ | 自分を認める。 »