« 自信がなくても、できる。 | トップページ | なぜ、動き出せないのか。 »

2016年3月 2日 (水)

さらなるプラスか、幾らかましなマイナスか。

「自分をさらに成長させよう」という取り組みを考える際に、多くの人は「悪いところに気づいて改めることがふさわしいだろう」「悪いところを改善するほど良くなるはずだ」という「効果が出にくい方向」からの取り組みをしてしまって、うまくいかなくなります。

確かに悪いところを改めたなら「幾らかはよくなる」でしょう。しかし期待するほどには変わらないというのが実際のところです(^^;)。

何度も表現を変えてお伝えしていることだけれども、マイナスを改善することに一生懸命取り組んでも、「以前よりもマイナス度が少しマシになったマイナス」になるくらいで、「プラス」の効果までは至らないことが多いのですよね(^^;)。

プラスをさらにプラスにする、という方向からの取り組みのほうが効果がでやすいのですが、なぜかほとんどの人は「難しいほうに取り組みたくなってしまう」のですよね、難しい問題をクリアするほうが価値が高いような気がしてしまうからです。

自分の内的な達成感を求めるならば、マイナスを引き上げるほうが「やった気になる」度合いは大きいけれども、現実的な現れをはかるならばプラスをさらに伸ばすほうに取り組むことを優先させていくほうが得策であるように思います。

気持ちを満足させたいのか、現実を積み上げていきたいのか、そのことをよく考えたうえで取り組みをする方向を決めるとよいと思います。私としては、プラスに取り組むほうがお勧めですけれどね(*^_^*)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« 自信がなくても、できる。 | トップページ | なぜ、動き出せないのか。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自信がなくても、できる。 | トップページ | なぜ、動き出せないのか。 »