« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の5件の記事

2016年2月28日 (日)

ご感想|メール回答のリーディング。

メール回答のリーディングセッションをご利用いただいた、TMさんよりご感想をいただきました(^_^)


(TMさん)

ご回答ありがとうございました! 思い切ってお願いしてよかったです。

自分の思考パターンにはまって、それを自覚しつつも、なかなかそのループから離れられないでいたので、今回のリカコ様のアドバイスのおかげで、風穴が開けられ別の考え方、感じ方ができるようになる気がしました。

彼女の事も、笑って(苦笑ですが)接することができる気がしてきました。的確に捉えてらして、さすがですね。彼女の「○○○○○」という口癖に最近気付いたのですが、まさにリカコさんがご指摘された彼女のことをよく表してますね。

回答内の例えも、まさにその通り!と笑ってしまいました。

皆さんのリーディングのご感想によく登場しますが、本当にわかりやすくて、お願いしてよかったです。ありがとうございました! 。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

霊視は、どこで見えるか。

の姿が見えるとき、「どこ」で「どのように」見えるかは人により違いますが、いくつかのパターンがあるように思います。

私の知る限りでは、

(1)普通に「目で物が見える」のと同じように見える。霊の姿がその場に「ある」ように見える。

(2)頭の中で、霊の姿が画像化されるように見える(たとえば、過去の何かを思い出す際に脳裏にイメージが描かれる?ようなものとちょっと近いかも)。後頭部で見えたり、頭頂部で見えたり?する。

(3)ある人に関連する霊(守護霊など)が見える場合は、その人のオーラをスクリーンのようにして見える。

(4)まぶたの裏側?に映って見える。

という4パターンが多いのではないかと(^_^)。

(4)は、どういうことかイメージがわきにくいかもしれませんが、まぶたの縁の裏?みたいなところに映ることがあるのです。

以前は「自分だけがそうなのかな?」と思っていましたが、しかしいろんな書籍だとかブログなどで複数の方がおっしゃっていることで、霊感が強いクライアントさまの中にも、似たような見え方をするケースが過去にいくつもありまして、わりと多い見え方らしいと私も学ばせていただきました(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

私の、霊の見え方。

私の場合ですが、浄化していない霊がはっきり見えるとき(◎_◎)は「自分のコンディションが下がっているとき」です。普段は、それなりのコンディションが保たれていえば、ばっちり見えてしまうということはまずありません(仕事以外の、普段の見え方という意味です)

普段は、姿というよりもエネルギー体として、「いくらかの存在感をともなっている、靄(もや)」のようなエネルギーとして見えます。

ただそこにいるだけの特に何も影響もない霊ならば、白っぽいもやのように見えますし、波長の低い霊であれば、グレーっぽい煙のようなもやとして見えます。

私は霊能力のタイプ的に、相手から不要なものを吸い取ってしまう性質があるので、クライアントさんの憑依なども私が吸い取って引き受ける形で、浄化させることが多々あり(意図的にそうしようとしているのではなく、そう「なってしまう」のですがsweat01)、

そういうときは、お部屋のあちらこちらにグレーの煙が漂っていることになります、笑。セッションの合間の換気は必須です。

姿を見ようとして、じーっとエネルギー体の「もや」を凝視すれば、あるいははっきり見えるのかもしれませんが、わざわざそんなことをして意識の焦点を合わせる必要はないので、試したことはありません。

意識を向けるということは、そこにエネルギーを意図して注ぐということですから、「引きあってしまい」ますので、そのまま意識の外に置いておくようにしています。

いかにして普段から意識をぼやかして過ごすか、というのも、私たちは必要なんですよね。そうじゃないとあちらにもこちらにも反応して意識を引っ張られてしまうので気が休まらないですから。意識してぼーっとするというのも結構、難しいです( ̄_ ̄;)はい。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

思い込みの激しい人。

思い込みの激しい人の中には、たった一度のできごと(に関連する、要素と要素の結びつきなど)を、まるですべてに当てはまる普遍の規則性であるかのように、受け取ってしまう人がいます。

たまたま「そのとき、その人にとっては、そうだった」過去のできごとを、以降もずっと当てはまるかのように大げさにとらえて、とっても極端な認識の仕方をしてしまいます。たとえば、たった一度、人から冷たくされたり雑に扱われたりしたときに、「どうせすべての人は、自分を大事にしないのだろう」と思い込んでしまうことです。

そうした経験が恐れとなって、「もしかして、次の機会も、他の人からも、同様の扱いをされてしまうのではないか?」と不安がでてくる、というのならまだわかります。それは多くの人に当てはまりますよね、過去の出来事からこうなるかもと推察をするのは普通にあることです。

ですが、思い込みの激しい人とは、「誰に対しても、どんな機会もすべて、必ずそうなるようになっている」かのごとく、規則性を「見いだしてしまう」んですね。たった一度のことでも、です。

いや、まてよ、他はそうじゃないかもしれないよね、というブレーキが働かずに、思ったことがそのとおりと思考が突っ走ってしまい、自分の世界(観)をとても狭いものにしてしまいます。

誰もが、その人自身の、認識のクセというか偏りをもっていますから、皆がそれぞれ(度合いはともかく)思い込んで生きている、とも言えるのですが、あまりにそれが大きくなると、自分の人生を混乱させてしまいます。

平均がよいということではないし、認識の仕方に正解があるわけでもないけれど、「自分だけの規則性」を、世の中の常識のように思ってしまっていないかということを、ときどき、冷静に見つめなおす作業も必要だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

ヒーリングと水分。

ヒーリングを受けることがあったら、事前に水分をとることが効果的です。

体内に水分が十分にあると、エネルギーを意図的に流したり動かしたりする行為の感受性を高めることが期待できます。

振動を伝えやすいですし、水の動きがエネルギーの動きを助けますし、その後の排出作用を助けることにもなるからです。

おわった後に水を飲むことでも排出作用を促すことにはなりますが、他にもいろいろ水によるメリットがあるので、事前に水分をとっておくほうがお勧めですね。

ヒーラーがヒーリングによる作用や反応を把握する際にも、クライアントさんの体内に十分に水があるほうが、エネルギーの「返り」としての振動をとらえやすく「わかりやすい」と思います。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »