« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の26件の記事

2016年2月29日 (月)

自信がなくても、できる。

自信がないので、できない」と思っている人がたくさんいます。ですが「自信がないこと」と「その事柄を行動できないことや、達成できないこと」は、実はあまり関連性がないケースがほとんどです。

「自信がないので、できない」状態のときは、「自信がないこと」と「できないこと」と言う二つの事柄が同時に起こっているというだけです。

たとえば、テレビを見ながら電話をしていても、同時に二つの行動をしているだけで、テレビと電話にさほどの関連性がないのと同じようなものです(^^;)。

私は3年以上前に、相当に重傷の骨折をして手術をして、リハビリのために何週間も入院しました。術後は当然ながらまったく歩けず、足も動かず、「歩くことに自信がない」状態でのリハビリでした。歩き方以前に、足の動かし方を忘れてしまうので、足を意図して動かすことからスタートですから、まったく自分が再び歩ける気がしませんでした(^^;)。

しかし、私が歩けないのは「怪我のため」であり、「自信がないから」ではない、ですよね。ですから、何とかして自信をつけても歩くことに役立ちません。歩くためには物理的なリハビリが必要になります。自信は取り組みの過程で少しずつついてくるけれども、歩けるようになった理由はリハビリの効果や身体の機能の回復であって、自信がついたからではないのと同じことです。

既に数年たち、今は普通に歩いていて怪我のことを忘れている瞬間もあります。こうなると歩くことに自信をもっているとかなんとかの考えは既になくなり、できていることが普通になっているからできます。

自信があってもなくても、できることならできると思うのですよね、ふさわしい取り組みをすれば。私のかつてのリハビリのように、「それを推し進めていく方法」を具体的に考えるほうが有意義ではないでしょうか(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (2)

2016年2月28日 (日)

ご感想|メール回答のリーディング。

メール回答のリーディングセッションをご利用いただいた、TMさんよりご感想をいただきました(^_^)


(TMさん)

ご回答ありがとうございました! 思い切ってお願いしてよかったです。

自分の思考パターンにはまって、それを自覚しつつも、なかなかそのループから離れられないでいたので、今回のリカコ様のアドバイスのおかげで、風穴が開けられ別の考え方、感じ方ができるようになる気がしました。

彼女の事も、笑って(苦笑ですが)接することができる気がしてきました。的確に捉えてらして、さすがですね。彼女の「○○○○○」という口癖に最近気付いたのですが、まさにリカコさんがご指摘された彼女のことをよく表してますね。

回答内の例えも、まさにその通り!と笑ってしまいました。

皆さんのリーディングのご感想によく登場しますが、本当にわかりやすくて、お願いしてよかったです。ありがとうございました! 。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

霊視は、どこで見えるか。

の姿が見えるとき、「どこ」で「どのように」見えるかは人により違いますが、いくつかのパターンがあるように思います。

私の知る限りでは、

(1)普通に「目で物が見える」のと同じように見える。霊の姿がその場に「ある」ように見える。

(2)頭の中で、霊の姿が画像化されるように見える(たとえば、過去の何かを思い出す際に脳裏にイメージが描かれる?ようなものとちょっと近いかも)。後頭部で見えたり、頭頂部で見えたり?する。

(3)ある人に関連する霊(守護霊など)が見える場合は、その人のオーラをスクリーンのようにして見える。

(4)まぶたの裏側?に映って見える。

という4パターンが多いのではないかと(^_^)。

(4)は、どういうことかイメージがわきにくいかもしれませんが、まぶたの縁の裏?みたいなところに映ることがあるのです。

以前は「自分だけがそうなのかな?」と思っていましたが、しかしいろんな書籍だとかブログなどで複数の方がおっしゃっていることで、霊感が強いクライアントさまの中にも、似たような見え方をするケースが過去にいくつもありまして、わりと多い見え方らしいと私も学ばせていただきました(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

ご感想|能動的に成果を出すメールセミナー。

今年からの新しい試みとして行っている、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

ありがとうございました(^_^)。


(MRさん)

ありがとうございました。メールで質問をするやりとりは、とても充実していて楽しい時間でした。

わからないことの確認が楽しいというのは変かもしれませんが、わからないことがわかっていく変化も、私は何をわかっていなかったのかがわかることも、気持ちの充実がありました。

ここまで何回「わかる」「わかった」と書いたかしつこいですが(>_<)、さらに書きますが、自分が何をわかったつもりになっていたか、本当にわかるとはどういうことなのか、整理されていないまま積み上げられていた書類が、種類でファイリングされたようなスッキリした気持ちです。

りかこさんの「新しい行動を起こすのが悪いのではなくて、新しい行動とは新たな種まきです。あなたは刈り取りをする行動をしているつもりで、種をまくことをやっている。まず刈り取りの姿勢になってください。そのためにこれまでの過去に意識を向ける作業をしているのです。新たな種まきはその次に」という質問への返答のメールが、心にバンッと響きました(>_<)。

ありがとうございました。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

私の、霊の見え方。

私の場合ですが、浄化していない霊がはっきり見えるとき(◎_◎)は「自分のコンディションが下がっているとき」です。普段は、それなりのコンディションが保たれていえば、ばっちり見えてしまうということはまずありません(仕事以外の、普段の見え方という意味です)

普段は、姿というよりもエネルギー体として、「いくらかの存在感をともなっている、靄(もや)」のようなエネルギーとして見えます。

ただそこにいるだけの特に何も影響もない霊ならば、白っぽいもやのように見えますし、波長の低い霊であれば、グレーっぽい煙のようなもやとして見えます。

私は霊能力のタイプ的に、相手から不要なものを吸い取ってしまう性質があるので、クライアントさんの憑依なども私が吸い取って引き受ける形で、浄化させることが多々あり(意図的にそうしようとしているのではなく、そう「なってしまう」のですがsweat01)、

そういうときは、お部屋のあちらこちらにグレーの煙が漂っていることになります、笑。セッションの合間の換気は必須です。

姿を見ようとして、じーっとエネルギー体の「もや」を凝視すれば、あるいははっきり見えるのかもしれませんが、わざわざそんなことをして意識の焦点を合わせる必要はないので、試したことはありません。

意識を向けるということは、そこにエネルギーを意図して注ぐということですから、「引きあってしまい」ますので、そのまま意識の外に置いておくようにしています。

いかにして普段から意識をぼやかして過ごすか、というのも、私たちは必要なんですよね。そうじゃないとあちらにもこちらにも反応して意識を引っ張られてしまうので気が休まらないですから。意識してぼーっとするというのも結構、難しいです( ̄_ ̄;)はい。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

霊感の強さは、親から子へと遺伝することがあるか。

霊感の強い親から生まれた子どもは、やはり同様に霊感が強いケースが多々あります。

霊感の強さという共通性は、確かに親子間に存在します。

ですがそれは「遺伝」とは、言えるような言えないような・・・、どちらでもありどちらでもない、○でも×でもなく、「△三角」ですね(^^;)。

霊感の強いたましいが、同様に霊感の強い親のところを「選んで」うまれてくることが多々あるので、そうした共通性がでるケースは珍しくないです。こういう場合は遺伝ではない、ですよね。それぞれの持ち寄ったものが似ている、ということなので。

しかし、見えない領域のことと、見える領域の肉体などは、実は繋がっていて連動しています。

たとえば「手のチャクラと胸のチャクラは連動しているので、ハンドヒーリングは呼吸が深くできる人が上手」だったりするように、肉体の機能やホルモンのバランスなどが霊感の発揮のされ方と関連している面も多々あります。

こうした肉体の機能は、親から受け継いでいることが多いでしょうから「遺伝」という表現も間違いではないと思います。

なので、霊感は生まれ持ったたましいの性質であり、自分のたましいが培ってきた部分が大きいけれども、今世での血縁による「肉体の機能的な特徴」が関連している面もあるので、遺伝であると言えなくもない、ということで○でも×でもなく「△」です。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

守護霊との交信が得意な人もいれば、先祖霊とのそれが得意な人も。

霊能者の鑑定を受けた際に、あちらの世界からのメッセージの出所として、守護霊をメインにする人もいれば、先祖霊をメインにする人もいると思います。

その差は、霊能者自身のもつ「受信アンテナ」の性質によるものと思われます。

守護霊のほうに合いやすいアンテナの人もいれば(私は、どちらかといえばそうです)、先祖霊のほうに合いやすい人もいるので、また両方が得意、霊との交信そのものが全般的に得意という人もいると思います。

備えている受信アンテナの差によって、得意分野が変わってきます。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

ご感想|「能動的に成果を出すメールセミナ-」

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

ハウツーてんこ盛り?なセミナーをご活用いただきまして笑、ありがとうございました(^_^)。


(SAさん)

今回のセミナーを受講して気づいたのは、私はこれまでに成果を出せないやり方に沢山はまって過ごしていたようです(^^;

これからは効果的に自分を打ち出すためのマーケティングも意識しながら、省エネを目指したいです。

それと、どこか学生時代の感覚が抜けきれずにいて、年齢を重ねるごとに難しいことに取り組まないと評価されない、という思い込みがあったことにも気付きました。

シンプルな方法であっても成果を出せればそれでよいのであって、難しく複雑なことに取り組まないと成果を出せないという思い込みの呪縛から解放された気分です(^o^)

他にも気づいた点を挙げ出すと切りがないので、ここで止めておきます。笑

これまでに読んできた本を通して、「好きな事と得意な事を分けると人生が上手くまわる」ということを知ってはいたものの、どうやって得意なことを把握すればよいのか分からずにいました。

なので、「分けること」によるメリットも実感できずにいました…。

ですが、今回のセミナーでは驚くほど丁寧に具体策を教えていただき(これでもかと言うぐらいにてんこ盛りでした。笑)、

痒い所に手が届くハウツーセミナーでした! ありがとうございました(^^)

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

「能動的に成果を出すメールセミナー」のフォローアップ(2)

33202034_s
メールセミナー受講生の方に向けた、フォローアップです。


まいた種の実りを得る、果実を成していこう、ということで「成果」という言葉をセミナーのタイトルに含めました。

そうして「過去に(つまり既に)種がまかれているものを見つけて、実りを得ていこう」という視点の当て方と同時に、それを探る作業を通して、自分ならではの成功パターンとでもいうのでしょうか、「自分の場合は、どうやらいつも○○になるようだ」という規則性を見つけていきます。

多くの場合それは、自分ではなんとも思っていなかった、あまり意識していなかったことです。なぜなら、「自分の得意なことは、自分にとって瞬きをするくらいに普通のことだから」です(^^;)。

そして対象や場所もわかってきます。同じことをしているのに、どうも自分を信頼してくれたり認めてくれたりする人は「先輩」とか「上司」とか「親戚の叔父さんや叔母さん」とか、目上の人ばかりだな、というふうにです。

具体的な内容は人によって違うでしょうけれど、おそらくそうなる人は、礼儀や敬語の使い方がうまいとか、たててあげることがじょうずとか、相手の求めていることを解釈する力が高いとか(求めに応じる力が高い、自分がしたいことをするのではなく)、そうした上下関係にまつわる何かがうまいのでしょうね。

同年代の人間関係ではあまり重要視されない、そうした部分に秀でているので、他の方と比べて目立つことができる、目を掛けられることになります。

そのかわり、同年代間で重要視される部分があまり得意ではない可能性もあり(やはりものごとは裏表でひとつなので)、そちらはもしかすると苦手だったりするかもしれません(^^;)。

多くの場合、「他の人よりうまくできることは、自分にとって普通のこと」です。そのくらい普通にできてしまうことだから、同じ労力を掛けたときに「出来あがりの差」がつくのですね。

なので意外と、得意なことを見つけるのは難しいのです。「自分の普通の中にそれがある」ことが多いからです。


【この作業がうまくいかない人は】

「出せる成果、出ている成果、得意な成果を見つけよう」という目的の箇所を、「自分の出したい成果、出そうとしている成果、好きな成果」に読みかえて認識してしまって、混乱してイライラ&モヤモヤ&作業進まず、になっている可能性があります。

出したい成果はひとまず置いて(それは後にして)、出せている成果、得意な成果とはどういうものかのほうに、フォーカスしてください。

そして、後半の「(15)成果とは」のワークをしてみます。1~3のうちの分類で、自分が出せるものはどこに多く、出したいもの(望んでいるもの)はどこに多いか、把握してみてください。


【このセミナーで大事なところ】

(15)で、出せる成果と、出したい成果が、一致しているか、違っているかを把握することです。ここが一番のポイントです。ここで「目から鱗だった」というご意見を多数いただいています(*^_^*)。

多くの場合、イライラ&モヤモヤする人は、「得意な成果」と「出したい成果」が一致していません。その理由もふくめて(15)の中に記載してあります。

どちらが良いということはありません。一致していなくても、一致していても、どちらもそういう性質だということで優劣はありません。ここは人によっていろいろで、違っても一致していてもそれでよく、変えられないし、変える必要もありません。

一致している人は、一致している人に向けたやり方や意識の仕方があり、違っている人には違っている人向けのそれがある、ということです。

出したい成果にこだわってしまうと、そうした冷静な分析ができません。混乱してしまう方は、おそらくは、出せる成果と出したい成果が、1~3の種類として、一致していないのだと思われます。そこで出したい成果をどう出すかという点に意識をすり替えることなく、冷静に作業をすすめて、(15)の分析をしてみてください。

そしてその上で、ご質問があればどうぞお寄せください(*^_^*)。

※自己分析の結果、1~3のどこに当てはまったかを記載してくださいね。


フォローアップ

(1):成果を出し慣れるために、過去にうまくいったことを再現する

(2):自分がうまくできることと、うまくいかせたいことを分ける。(この記事)

(3):成果を出すための思考と、成果そのものいついての思考をわける。(近日中にUP

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

自分の得意は「自分には普通」なので、空気や透明を意識するかのような難しさがあります。何かの基準を設けて、そこにちょっと「色を載せる」ようにするとわかりやすくなりますね(^_^)。


(Aさん)

今回、成果を出すセミナーでは充実した内容ですね!
一つずつひもといていく思考の進め方がとても勉強になります。

なかなか自分の良い点を見つけるのはむずかしいですが、
皆さんのご感想を読んで、理解を深めていけたと思います。

電子書籍も拝読しました! 着々と前進される
リカコさんのご活躍に、刺激をうけて、
私もがんばりたいと思いました!
ブログ記事のタイミングの良さにもいつも感謝しています!

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

自分の得意なことは自分にとって普通なので気づきにくい、自分のパターン化していることも自分の普通なので気づきにくい、という気づきを得ていただけました。


(KOさん)

質問の回答ありがとうございました。リカコさんのおっしゃる通り、
私の質問は「より伸ばす方法」で、成長が目的ですね(^_^;)
ご指摘を受けるまで、気づきませんでした(ー_ー)!!

成果を出す=プロセスが必要という、思考と行動が
パターン化されていて、自分のしている行動が
プロセスであることすら認識できていなかったように思います。

セミナーの中にプロセスを踏まないと記載してあって、
頭ではわかっているのに・・・。

プロセスの習慣に自ら気づき、省くのも
実は意外に難しいのだと気づきました。。

それから、得意なことって、訓練をしたの?と聞かれても、
意識していないくらい普通にできてるんだけどなぁ~
となりますね(^_^;) だから得意なんですよね。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

・メールセミナーのご質問一覧。

「成果を出すメールセミナー」の受講者様からいただいたご質問の一部を、内容を少し変えてまとめてみました。

12881944_s


 

Q:成果を得られるとき、兆しやサイン等のようなものはあるのでしょうか?

A: 成果は常に「事実」をベースにしてきます。兆しとか、サインという曖昧なものにフォーカスすると行動より思考のほうに意識が向かいやすいくなります。行動が成果に繋がるので、行動をすることと、そうしてでた事実のほうを意識してみてくだい(^_^)。


Q:「自分を知るには(3)周囲の人の共通点」のワークをしようと思うのですが、現在、周囲にいる人数が少ないです。こういう場合は?

A:現在と限らず、もう少し遡って「過去に周囲にいた人」も対象にしてみてください。または「周囲」の範囲を広げてみてください(^_^)。


Q:このメールセミナーの内容はあらゆる分野(仕事、趣味、人間関係など)にあてはまりますか?

A:これは「能動的に、成果を出すには」という主旨ですから、成果を出すため、であれば、分野は問わずあてはまりますが、成果が関連しないことであれば当てはまりません。

たとえば「結婚式」というのはお披露目の儀式であり、そこで何らかの成果をあげようと行うものではないですよね。こういうことにはあてはまりません。

ですが、「新商品の売り込みの展示会」であれば、そこで売上げをつくる、認めてもらって取引を得る、気に入ってもらうという成果を出すためのものですから、あてはまります(^_^)。


Q:日常のすべてに、この考え方が応用できますか?

A:幾らかは役立つことはあると思います。ですがすべてではありません。日常生活のすべてが「成果のあるなし」で成立しているのではないですからね。これらは、あくまで「成果をだすために、という目的とその範囲に限って」の話とご理解ください(^_^)。


Q:たとえば、「得をする」の成果を重ねていくと、しだいに「好かれる」の成果が出やすくなったりするものでしょうか?

A:それはあると思います。相手にメリットを感じさせるような成果であれば特に、好かれるの度合いは大きくなると思います。わかりやすい例えでいえば、オマケしてくれたら、その店員さんに好感をもったり、気に入った買い物をしたら、あのお店は品揃えがいいねとお店自体を(商品ではなく)を気に入ったりしますよね(^_^)。


Q:仕事でのこれまでの成果とは、と考えてみたのですがよくわからなくなります。

A:「仕事」に限定せずに考えてみてください。確かに仕事というのは「成果が把握しやすい」ことではありますが、成果を出した場面は仕事に限らずいろいろあると思いますよ(^_^)。


Q:優位性を発揮しやすい得意な場について考えていますが、判断が難しいです。私は、あまりに距離の近い関係は苦手だなとは思っていますが・・・。

A:セミナーの中での「得意」「苦手」とは、感情的な、負担があるとか、疲れるとかのことではありません(^^;)。成果を出せるという優位性があることが「得意」で、それができないことが「苦手」というそういう使い方です。感情ではなく、常に「事実」に目を向けます(^_^)。


Q:内容で、既に昔からやっていたことや、知っていたことがたくさんありました。それなのなぜ私は、こうした現実的な手段で成果を出そうとしなかったのか?と思ってしまいます。

A:得意なことは「自分には、普通だから」ではないでしょうか。できることは自然にできるので自分にとって普通すぎて、有効な手段かもしれないという自覚になりにくかったのではないでしょうか。得意なことってわかりにくいんですよね・・・(^_^)。


Q:取り組む対象は、できそうなことならば(自分にとって簡単なことなら)一度に複数にしてもいいのでしょうか。

A:取り組む対象となるのは分析の結果として「自分が得意なこと、できること」である前提で、一度のひとつにするほうがいいか、複数でもいいかは、「一度に複数のことを推し進めていくことが得意かどうか」ですね。その点にも「得意による優位性があるか」を考えます。そうではない、またはわからないなら、まずはひとつのほうがいいでしょう(^_^)。


Q:取り組み方について、○○という、いいアイデアが浮かびました。これをやってみることは有効ですか。

A:アイデアというのは頭の中の思考(まだ行動していない)なので、それが有効かどうかは行動してみてわかることですよね。成果を出しやすい行動とは、自分が過去に上手くいった前例のあることや、何らかの現実的根拠があって上手くいくとわかっていることです。思考はどこまでも広がってしまうので、ときにできないことにも広がりが及んでしまいます。そのあたりをもう一度よく考えてみてください。

Q:

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

事例が自分の経験と同じだった!とご感想をまずはお送りいたきまして(^_^)、ありがとうございます。


(HIさん)

ひととおり読み終わり、まだ頭にしっかり入っていないですが
あと数日で1週間なので、バタバタしつつ(せっかくなので)
まずは感想だけでもお伝えさせてください!

すごいな~!!と、思ったことがあります ^ ^
まず、pdf後半の内容の事例が、自分の出来事がか
ぶってしまっている事にビックリです。
なんでだろー??嬉しいっ! と、思いました。(笑)

わたしは絵を描いています。
以前から のんびりやっていましたが、去年からやはり、
絵の仕事がしたいと本格的に思い、
イラストのコンペに出してみたり、
作品や落書きをSNSにアップしたりと していました。

一か月前ぐらいの出来事ですが、SNSでわたしの絵を
見てくださった方が、(インテリアのお仕事関係の方)
お買い上げくださったんです。

絵を売るなんて考えてもいなかったので、
こういう絵の関わり方も有りなんだなぁ、と知りました。

今年に入って、絵を販売することも少し興味が出ていて、
そんな事をぼんやり考えていたタイミングでリカコさんの
セミナーに参加したのです^ ^

リカコさんの事例にわたしとそっくりな話があり、
単純なわたしは大まかに、迷いも軽減されたような、
自分を信じてみようというような気持ちになっています。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月12日 (金)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

自然な種まきで、花が咲いたと思った経験ということでお送りいただきました(^_^)、ありがとうございます。


(KUさん)

私は普段、職場で付箋のメモ書きを渡すことが多いのですが、
付箋に何か書くときは大体、簡単なイラストをチョコっと
書いていました。(真面目な書類にはもちろん書きませんが)

それが自然と種まきになっていたのか、
職場の女性から、バレンタインの義理チョコに貼る、
誰から配ったものか分かるように女性陣の名前が記載してある
イラストを描いてくれないかと頼まれました。

ササッと思いつくままに(適当に…)イラストを描いて
作成しましたが、とても好評で褒められました。

→自分の労力は全然かかっていないけど、
 評価を貰えて嬉しかった。
 自分を買ってもらうことが出来た出来事だと思いました。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。


(YUさん)

早速、(質問への回答)返事ありがとうございます!

社交的でない人が劣っているわけではない、という言葉に
ハッとしました。知らず知らずのうちに、
コミュニケーション下手な自分はダメだと思いこんでいたようです。

自分が楽しい会話や有益な情報、
人脈を提供できるタイプではないからです。

職場などで、自分と真逆な社交上手な人がいたりして、
コンプレックスを刺激されるように感じると、

「私がコンプレックスを感じるのは私が不器用な性格だからだ。
私が不器用な性格なのは、~が原因だから、
改善してコンプレックスを感じなくするには~。
こういう女性とよく出会うのは、私にコンプレックスを
克服するようにとのスピリチュアル的なメッセージなのでは~」と

できないことを考えすぎ、無駄なエネルギーを使いまくって
日々、消耗していました。

が、このセミナーで無駄な思考を極力、減らして
できないことではなく、自分の得意なことに目を向ける時間を
多くとるようにしようと思いました。

あと、アドバイスに、女性は
肯定されることから、信頼を得るとありましたが、
自分はそのへんが、あんまりできてなかったかもです。
人を否定することはもちろん言ってませんでしたが。

アドバイス、ありがとうございました!

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。


(MRさん)

ありがとうございました。感想をいうならひと言「納得!」です。
自分は、まわりの人の何倍も行動をしていると思っていました。

でも自分がしていたことは、行動ではなくて思考だったと
そのことが本当によくわかりました、納得です。

取り上げている題材も自分の考え方に近くて
自分にもありそうなことでイメージしやすかったです。

書いてあるたとえの題材と近いことを、自分もしていて
行動をたくさんしているつもりになっていました。

今考えているのは、思考を減らしたときに
自分の頭の中には何が残るのだろう、ということです。

今まだそこまで進めていないのですが
いただいたものを読み返して シンプルになろうと思います。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

「能動的に成果を出すメールセミナー」のフォローアップ(1)

33202034_s


受講生の皆さま、今回はありがとうございます。皆さまからご質問を受け付けて、個別に質疑応答をメールで行っているところです。

まだお寄せいただいていない方も、「こんなことを聞いてもいいのか?」とか「間違ったことを聞いていないか?」とか、心配なさらずにどんどんお寄せください。

そうした「心配」とかの「感情」や「気分」にまどわされずに、期間中に何度でもわかるまで、しつこく笑?お寄せください。

以下は、これまでの質問の内容を拝見して、ときどき、視点の当て方が「逆」になっていることが理解を滞らせているケースが見られたので、再度の確認の意味でお伝えをしたいと思います。


「前半」のほうで記載しているとおり、成果を出すためのデータベースには「これまでの経験」をいかします。(ここから経験を新たにしてみて、そのフィードバックを集めて・・・というプロセスをとりません。遠回りになるからです)。

「過去にうまくいった状況や方法」をみつけて、なるべくそれを採用したり適用したりして「今でも同じようにうまくいくか(相手が変わったり、自分の立場が変わったり、時代の流れで同じにはいかない可能性もゼロではない)」をまずは考えてみることを方法のひとつとしてお伝えしています。

理由は、やみくもに新しい方法を何でも採用するよりかは(根拠があるならまた別ですが)、過去にうまくいったことがある方法を採用するほうが、うまくいく確率が上がるからです

そのため、「過去のうまくいった経験を思い出し、どんなときに、どんなことがうまくいったかをまずは自覚してみましょう」、としているのですが、

寄せられてくる質問の中には「私は、過去にこういうことがうまくいきませんでした。そのことを今、うまくいかせるにはどうしたらいいのですか?」という内容が結構ありました(^^;)。

●過去のうまくいった方法を見つけて、同じことを(もちろん同じそのまま、という意味ではなくて要素や要点をいかすということ)して、うまくいかせよう、ということと、

●過去にうまくいかなかったことに、うまくいくための方法を見つけることは、

違いますよね。



【このメールセミナーで目指していること】

・「できることを(これまで無意識だったことも含めて)自覚して、いかしていこう」

・「できることを、もっとうまくいかそう」

・「できることを、さらにできるようにするには」

ということにフォーカスしている内容となります。

「できるようにしたい、と思うこと」と、「実際に、できること」は同じでないこともありますから、まずは、できることのほうにフォーカスしていきます。そのほうがすべてがスムーズになりますから(^_^)。

成果を出すという経験をひとつでも増やす、成果を出し慣れた自分になる、ということを目指していきます

慣れると、その余裕やコツから、他のことにも応用することが容易になります。

どんなことでもそういうものですよね。社会に出たばかりでは右も左もわからなくても、数年たって右左がわかると想像がつくことや推察できることが増えて、アドバンテージがうまれるのと一緒です(^_^)。

この内容は、基本は受講者様向けなのですが、他の方にも何かいかしていけることがあればいかしていただきたいと思います☆

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

変化を「待つ」のか、「自ら起こす」のか。

「変わりたい」「変えたい」と思っている多くの人が、なかなか変わることができないし、そのための取り組みもスタートできないのは、「結果を変えたい」けれど、同時に「自分を変えたくない」とも思っているからです。

自分はそのままで、自分以外の要素や結果が変わってくれたらそれが一番良いのに、という思いがあるので、自分が変わるという労力が掛かることには、「もしかしたらそれは非効率かも」と思ってしまって、なかなか取り掛かることができません。

確かに、自分以外の要素が影響して、自分は何もしなくても状況が変わっていくことは可能性としてはゼロではないです。ですが問題なのは、それは「いつ起こるか、分からない」点と、「起こるかどうかも、定かではない」という点です(^^;)。

自主的な取り組みのメリットは、結果が伴うのはもっと先かもしれませんし、結果の出方も望んでいるとおりとは限りませんが、投げかけをすれば何かの反応は、どこかに出てくるという点です。

行動という物質をともなう動きのエネルギーは、結果も、物質面に作用しやすいですから、わかりやすく結果を得たいなら、行動を重ねることが大切だと思います。結果が出やすいという意味でも、自分がそれを認識しやすいという意味でも(^^)。

特に意識的な「何か」をしなくても、望ましい変化が思わぬ形で起こることもありますよね。けれどそれは、自分が意図的な働きかけをしていないので、何がどう結びついて展開したかの全容を把握できませんから、意図的に再現させることが難しいです。

一方、変化を自ら起こして結果に結びついたことは、「AをしたらBになった」という繋がりがわかるので、他のことにも応用しやすくなりますよね!

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。


(OSさん)

好きなことと成果を出すことは 違う、というのは目から鱗でした。
それとこれは別のことというのが 見えていなかったです。

物事を進める時になんでも、好きだからやってるのか、
成果を得たいからやってるのか意識するだけでも
違うような気がしました…。

また、自信があることと成果を出すことも別のことだというのも、
なるほど!と思いました。私も自信が無く見られる事があるので
(実際ない事も多いので)、 自信が欲しいと思う方でした。

でも周りに聞くとあなたが 思ってるよりは結構出来ているよ、
と言ってくれる人もいましたが、その言葉も、
自分に自信が持てないからか、イマイチ信じられませんでした。

でも、今回のセミナーで、 それとこれとは別のこと、と知り、
自分が思っているよりは成果は得ているのかもしれない、と
思うことができました。そう思う事で、後から自信も ついてきますね(^-^)

またメールセミナーの開催楽しみにしてます。
ありがとうございました。

 
 
 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

まだ質疑応答を行っている段階でこれからも続くのですが、初回の質問を追えたところでご感想をおくってくださいました、ありがとうございます。


(KOさん)

昨日はありがとうございました。
このセミナーはすごいなと、今朝改めて感動していたところです。
仕事の手を止めてでも、御礼をお伝えしたかったもので。

ブログにあった方と全く同感で、
わたしの場合、思考ばかりで行動がないために
エネルギーを無駄使いしていたようで す。
質問してさらによくわかりました。

これまでお世話になったメールリーディングや
電話でのリーディングと違って、テーマがあっての
アドバイスなので、これまでと違った学びができました。

それにしても、内容が濃く、それでいて簡潔に
明快に書かれてあるのでとてもわかりやすく、
本などとちがって手間がかからずにチェックできます。

頭ではわかっても、実際には難しいと思いますので、
チェックシートのように活用して、思い癖を直して
成果を目指していこうと思います。

今まで感じたことのない新鮮な思いで
やる気が出てきました。

ご案内を何気なく見ていたのですが、
急に気になって、締め切り間際の申込みでしたが、
やはり申し込んでよかったです。
改めまして御礼申しあげます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

思い込みの激しい人。

思い込みの激しい人の中には、たった一度のできごと(に関連する、要素と要素の結びつきなど)を、まるですべてに当てはまる普遍の規則性であるかのように、受け取ってしまう人がいます。

たまたま「そのとき、その人にとっては、そうだった」過去のできごとを、以降もずっと当てはまるかのように大げさにとらえて、とっても極端な認識の仕方をしてしまいます。たとえば、たった一度、人から冷たくされたり雑に扱われたりしたときに、「どうせすべての人は、自分を大事にしないのだろう」と思い込んでしまうことです。

そうした経験が恐れとなって、「もしかして、次の機会も、他の人からも、同様の扱いをされてしまうのではないか?」と不安がでてくる、というのならまだわかります。それは多くの人に当てはまりますよね、過去の出来事からこうなるかもと推察をするのは普通にあることです。

ですが、思い込みの激しい人とは、「誰に対しても、どんな機会もすべて、必ずそうなるようになっている」かのごとく、規則性を「見いだしてしまう」んですね。たった一度のことでも、です。

いや、まてよ、他はそうじゃないかもしれないよね、というブレーキが働かずに、思ったことがそのとおりと思考が突っ走ってしまい、自分の世界(観)をとても狭いものにしてしまいます。

誰もが、その人自身の、認識のクセというか偏りをもっていますから、皆がそれぞれ(度合いはともかく)思い込んで生きている、とも言えるのですが、あまりにそれが大きくなると、自分の人生を混乱させてしまいます。

平均がよいということではないし、認識の仕方に正解があるわけでもないけれど、「自分だけの規則性」を、世の中の常識のように思ってしまっていないかということを、ときどき、冷静に見つめなおす作業も必要だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

ご感想|メールセミナー。

メルマガ読者さんを対象としてご提供しているメニュー、「成果を出すメールセミナー」のご感想をいただきました。

「今回はどうしても一読したときの感動をそのままお伝えしたいと思った」と、早々にご感想をいただきその早さに私も驚いてしまいました(◎_◎)!


(RSさん)

成果を出すメールセミナー、さっそくありがとうございます。

全編、いまの私の関心事でいっぱいでした。
例に出てくる人の数まで私の思考にぴったりで、それがなぜか、
これまでの私を肯定してくれているような気がして癒やされました。

前半最後のワークは簡単で取り組みやすいので、
思考が混乱しそうなときに何度も使って思いグセを矯正したいです。

私の場合、行動に問題があるのではなく、
不要な思考にエネルギーを費やしすぎているのだとわかりました。

「好かれる」を成果だと認めようとしなかったのも混乱の元でした。

後半のまとめは特に、目からウロコでした。
リカコさんのセミナー、すごいです。

ちょうど数日前「苦労せずに、いまあるもので」
一歩踏み出してみた成果が、さきほど出ました。
費やす時間と成果は比例しない、ということを実感しました。

不要な思考にふけるのは私にとってドラッグのようなもので、
(やめなくてはと思いつつ)自分で好んでやっていることです。
でも、もうこれ以上、貴重な人生を無駄にしたくないです。

いただいた文章は、これからも私の支えになると思います。
まだ消化しきれていない部分もじっくり読んでいきます。

自分は成果を求めているんだということを認めて、
そのために行動して自分の人生を作りたいと思います。
これからもリカコさんの言葉を楽しみにしています。

ありがとうございます。

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (2)

2016年2月 7日 (日)

春になったら、樹のオーラを「手」から感じてみよう。

22556616_s_2

人のオーラとはちょっと違うものとなりますが、花や樹などの植物にも固有の生命エネルギーがあり、それらも広い意味で「オーラ」という表現が使われることがあります。

花のオーラとか、(場所を示す意味で)森のオーラとか、神社のオーラという表現が使われたりします。私も使うことがあります(^_^)。

範囲の広い場所のオーラを「手で感じる」ことは難しいです。体感として全体を感じることならできるかもしれませんが。

しかし、花や樹のオーラは、範囲が狭いですから、手のひらでエネルギーにふれて感じることが比較的容易ですね。

エネルギーの放つ勢いが強いほうがわかりやすいので、春から初夏に掛けてに試すのがお勧めです。植物が成長するエネルギーの強さを感じてみましょう。

コツをつかみやすいのは、幹の太い樹ですね。幹から10cmくらいのところに手のひらをおくか、またはそれより少し離れた位置から(10cmくらいのところへ向かって)近づけていくと、エネルギーの境目?のような「違い」がわかることがあります。

春になったら、お近くの公園などの樹で是非試してみてください(^_^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

ヒーリングと水分。

ヒーリングを受けることがあったら、事前に水分をとることが効果的です。

体内に水分が十分にあると、エネルギーを意図的に流したり動かしたりする行為の感受性を高めることが期待できます。

振動を伝えやすいですし、水の動きがエネルギーの動きを助けますし、その後の排出作用を助けることにもなるからです。

おわった後に水を飲むことでも排出作用を促すことにはなりますが、他にもいろいろ水によるメリットがあるので、事前に水分をとっておくほうがお勧めですね。

ヒーラーがヒーリングによる作用や反応を把握する際にも、クライアントさんの体内に十分に水があるほうが、エネルギーの「返り」としての振動をとらえやすく「わかりやすい」と思います。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

メルマガ読者向け:「成果をだすメールセミナーの内容案内」

※メルマガ読者様を対象に行っている、「能動的に成果を出す:メールセミナー」の内容説明です。


●今年は、主にメルマガの読者さんを対象として、「自分で自分の人生を、うまく運んでいくための方法」を指導させていただく、「メールセミナー」を行っていく予定です。

●メールセミナーという形をとるのは、ご自身の自由な時間で取り組みができるようにという目的です。以前に、webセミナーという形で、クローズドのブログで行ったこともありましたが、データを手元に残すのが大変というご意見もありましたので、今回は、PDFにまとめてお渡しする形をとります。

●PDFデータは、「はじめに(6ページ)」「前半(30ページ)」「後半(37ページ)」の3部です。お読みいただいた後に、メールで質疑応答。

12825295_s

こんな人にお勧めします。

☑複雑に考え過ぎてしまう。
☑迷ったり悩んだりして動けなくなる。
☑どう行動したらいいのか判断できないことがある。
☑いつも損ばかりしている気がする。
☑なぜうまくいかないのかわからない。
☑いろんなことをやっているわりには、結果に繋がらない。
☑努力をしているのに何かがかみ合わない。
☑変わりたいが、どうすればいいのかわからない。

☑時間を有効に使いたい。
☑もっとたくさんのことを効率よく行いたい。
☑無駄なことを省いて、有効なことを行う基準を知りたい。
☑自分が出せる成果を知りたい。
☑できることと、できないことをどう扱えばよいか知りたい。
☑行動の基準がほしい


【目次】前半パートは以下のとおり。

●「時間をたくさん掛けた上で、成果を得るのが素晴らしい」というのは思い込み。
● 時間を掛けないと手に入らないものは、ごく一部。
● 複雑にしない。シンプルにすること。
● なぜ、複雑になってしまうのか。リスクに備えてしまう。
● なぜ、複雑になってしまうのか。思考をしすぎる(行動しない)から。
●「その、いいアイデアは第二段階で」の理由。
● 思考の思考の思考・・・と、複雑になる前に、行動するには。


○最短ルートで成果にたどりつくようにする。

(1)あれをしてから、これをする、という順番にしない。
(2)過去にうまくいった方法をなるべく採用する。
(3)「今、あるもの」からスタートさせる。
(4)今できる技術や知恵で、「できることからスタート」させる。
(5)簡単にできる方法を、優先して使う。
(6)ツテやコネが使えるなら、ときには選択肢にいれる。

○このポイントを、正しくつかむ(間違えない)こと。

(1)対象となる相手は誰なのか。
(2)質を高めることと、成果をだすことは違う。
(3)ふさわしい場所を選ぶ(場所の選定を間違えない)
(4)好きかどうかを、判断基準にしない。
(5)自信のあるなしと、成果がでるかどうかは別。

「以下は、内容の一部を切り取ったものです」

0124

Image0125
Image0122
Image0124
【目次】後半パートは以下のとおり(2/7追加new)。

●自分を知るには。 (自分をいかすために、自分を知る)

(1)人が教えてくれる
(2)自己分析をする
(3)周囲の人や、親しい人の共通点を探る。
(4)自分と他人との比較。
(5)人に「聞いてみる」。 ※番外編として

●自分をいかすために。 (自分を知って、自分をいかす)

(1)似合うものだけ選ぶ。
(2)自分の優位性が発揮できる場所はどこなのか。
(3)プロレベルであるかどうかは、関係がない。
(4)自分の「マイナス」に取り組まない。
(5)巷の「うまくいく方法」を、本当にうまくいかすには。
(6)増やさない。
(7)目的を、ある程度もった取り組みを。
(8)好きなことでお金を得たいという気持ちへの対処法。
(9)行動をすること。
(10)自分を売る、買ってもらう、評価してもらう。
(11)減らす思考。
(12)減らす行動。
(13)まずは、行動してみる。
(14)行動の後に、適切な分析と適切な改善を。
(15)成果とは。

●自分の人生に、意識的になること

以上、参考になれば(*^_^*)。

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

やりたいことで結果を出す・・・とは、いかないこともある。

十分に「自分のやりたいことや、好きなことをしている(または、周囲の理解によりさせてもらっている)」のに、「思ったような結果がでない」ことはよくあります。

そういうときに、「もっと好きなことを自由にやれば、結果がでるはずだ(今は十分にやっていないために結果がでないのだろう)」というふうに、二つの要素を実際以上にからめて解釈をして、曲解になってしまうことがあります。

「好きなことをしている」のと、「思うような結果にならない」のは、それぞれ別のことです。

別のことが同時に(または一直線上に並んで)展開しているというだけであり、「自分で思っているほどの関連性がないという事実」に気がつくことが大切です。

好きなことをやりたいならば、(それができる環境ならば)好きなことをやればよく、結果を出したいならば、「結果がでるような種類のこと」をやればいいです。

「好きなことで結果を出そう」とすると迷路にはまり込むことがあります。

理想をいえば、好きなことで結果が出せるのが一番いいです。しかし「好きなことをやっても、現状としては結果がでていない」なら、上記のように考え方を変えてみたほうがいいですね。

好きなことをやめるべき、ということではなくて。「好きなことも続けながら、別のことで結果を出す」という方法を考えてみましょう。両方を別個の目的で取り組むということです。

好きなことと、結果を出すためのこと、二つに取り組むのです。 好きなことをしたい、結果も出したい、というのなら、そうした分けた取り組み方が一番現実的で効果的だと思います。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »