« 受信器タイプは、エネルギーが内にこもりやすい。 | トップページ | ご感想|メール回答によるリーディング。 »

2016年1月27日 (水)

どこをヒーリングするかのポイント。

たとえば、「思考力が高い人が、思考が暴走して雑念が止まらなく」なったり、「透視力が高い人が、意図していないのにあれこれ見えて止まらなく」なったり、「感じる力が高い人が、敏感になりすぎて苦しく」なったりすることがあります。

これらはすべて、「得意な部分が、過剰になっている」状態です。

過剰になるのは得意なことなのです。

できないことは、やり過ぎにはなれませんからね

思考力が弱い人が思考し過ぎにはなれないし、透視力がない人が見えすぎることもなければ、感じる力が弱い人が敏感で苦しくなることはありません。

得意なことが過剰になる理由は、他のどこかが整っていなくて詰まっているからです。

その人の、おそらくは苦手なところ(詰まりやすいところ)があって、詰まってしまうと、本来ならばそこを通るべきエネルギーが行き場を失い、通り道が確保されている得意なところへ集中してしまいます。

そうすると、もとから得意なことですから「成されすぎ」てしまい(^^;)、思考がとまらなくなったり、見えすぎたり、感じすぎたりという現象が引き起こされます。

適度なら素晴らしいことでも、過剰になったらバランスが乱れて、よい形での発揮とはならなくなります。

過剰になっているときの改善の方法は、「詰まっているところ」を整える(なおす、流す)ことです。そうして本来の流れに戻して、得意なところだけに集中しないように分散していくことなのです。

取り組むべき箇所は、過剰になっている「そこ」ではないです。ここ、ポイントです(^^)。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« 受信器タイプは、エネルギーが内にこもりやすい。 | トップページ | ご感想|メール回答によるリーディング。 »

02.ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 受信器タイプは、エネルギーが内にこもりやすい。 | トップページ | ご感想|メール回答によるリーディング。 »