« 「リソースリーディング・プラス」のご感想。 | トップページ | 発信器なのか、受信器なのか。 »

2015年12月26日 (土)

発信タイプ、受信タイプ。

受信力が強い人と、発信力が強い人がいます。エネルギー的に。前者は「受け取る比率が高い」ということで、後者は「放つ比率が高い」ということです。誰もが、両方を使っているのだけれども、「得意で強いほう」があります。

ちなみに私の場合は、「受信タイプ」ですね。

受信力が強い人は、大きな受信器(アンテナ、集音器)を備えているのでキャッチする力が強く、発信力が強い人は、大きな発信器(拡声器、スピーカー)を備えているので放つ力が強いということです。

わかりやすい一例として。受信力が強い人は、人が大勢いる場所で、特定の誰かを「見つける」ことがすごく得意です。キャッチの網にかかるのです。

発信力が強い人は、人が大勢いる場所の中でも、すぐに「見つけてもらえる」「どこにいても見つかる」ことが多いようです。放つものがあるので人目をひくのでしょう。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« 「リソースリーディング・プラス」のご感想。 | トップページ | 発信器なのか、受信器なのか。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「リソースリーディング・プラス」のご感想。 | トップページ | 発信器なのか、受信器なのか。 »