« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の12件の記事

2015年12月27日 (日)

発信器なのか、受信器なのか。

昨日の続きです。

「受信力が強いタイプ」とは、受信(キャッチする)と発信(放つ)を比較したら前者が強いという意味です。どちらの作用も行われているけれども、備わっている性質として受信のほうが得意であるということです。

「発信力が強いタイプ」も同様で、受信も発信も行われているけれども、発信のほうが得意であるということです。

どちらのタイプであっても、そのひとつの働きしかなされない、ということはなくて、受信も発信も両方が行われています。

となると、それぞれ二つの装置が備わっているようにイメージされるかもしれませんが、備わっているのは「ひとつ」です。受信も発信も、「ひとつの装置」が兼ねています。

受信力が強い人は、受信器を使って、受発信を行っています。メインの働きは受信器なのだけれども、サブの付属機能として発信もなされます。

発信力が強い人は、送信器を使って受発信を行っています。 メインの働きは送信器、サブの機能として受信も行われます。

備わっている装置がどちら寄りに作られている(備わっている)かによって、「得意で強いほう」が決まってきて、優位性が発揮できる分野もある程度、絞られてきます。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

発信タイプ、受信タイプ。

受信力が強い人と、発信力が強い人がいます。エネルギー的に。前者は「受け取る比率が高い」ということで、後者は「放つ比率が高い」ということです。誰もが、両方を使っているのだけれども、「得意で強いほう」があります。

ちなみに私の場合は、「受信タイプ」ですね。

受信力が強い人は、大きな受信器(アンテナ、集音器)を備えているのでキャッチする力が強く、発信力が強い人は、大きな発信器(拡声器、スピーカー)を備えているので放つ力が強いということです。

わかりやすい一例として。受信力が強い人は、人が大勢いる場所で、特定の誰かを「見つける」ことがすごく得意です。キャッチの網にかかるのです。

発信力が強い人は、人が大勢いる場所の中でも、すぐに「見つけてもらえる」「どこにいても見つかる」ことが多いようです。放つものがあるので人目をひくのでしょう。

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

「リソースリーディング・プラス」のご感想。

Nさんより、「リソースリーディング+プラス」のご感想をいただきました(ただいまメルマガ読者様を対象に実施しています)。ありがとうございました(^o^)。

***

ご回答ありがとうございました。

全体を通して、仕事にも活かしやすいように
書いていただいている印象でした。

仕事の例えばこんな場面で…とか、
これは自分一人で進めるときに使う方がよいかも、
といった解説が所々にあったりして、
仕事をしながら思い起こすことも多いと思います。

具体的な例と解説がプラスされて、
リソースの輪郭もよりはっきり見えてきました。

日本人って、自分を自慢したり褒めたりするのは
恥ずかしい、という考え方がきっと多いと思いますが、
こうして自分の良さを認めるのって大事だな、と思います。

何より元気が出てきますしね!
人に言われるのを待たずに、自ら良い部分を認めて伸ばして、
持てる力を発揮できるようにしたいです(^^)
今回もありがとうございました。

P.S メルマガのスポーツ選手のオーラ、
いつも楽しみに読んでいます!
(^^)今後もお待ちしています(笑)

 ・リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ・ブログランキングに参加しています。1クリック、お願いします。

   

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

シルバーホワイトのキラキラ粒子。

この世で人として肉体をもった経験のない「自然霊」という存在がいます。妖精とか龍とか言われる存在も、神様と呼ばれる存在も、とても高級な純エネルギーとも言える自然霊といえますね。

そうした波長の高いエネルギーの中で、私には、とても美しいシルバーホワイト?のキラキラ粒子のように見えるものがあります。

33771034_s

イメージとしては、雪がふっているような白い粒に、鏡のような反射を伴ったようなキラキラです。・・・比較の対象がアレですが(^^;)、ホコリよりはもっと大きいです。

ときどき見えると、それだけで本当に幸せな気分になるので、それだけ影響力のある波長の高いエネルギーなんだろうなと思います。

おそらく「これ」が、いわゆる精霊とか聖霊とか表現されている存在のエネルギーではないかなと思っています。いろんな外国のスピリチュアル系の書籍などをみると(最近は読んでいないのでずっと昔の記憶ですが)、同じようなことを書いている方がいらっしゃるようです。多分、「これ」のことを指しているんだろうな、と。

私は「たまたま、そういうものが見えるセンスを持ち合わせている」ので見えますが、見えなくても、誰もが影響は受けていますね、これまたたとえがアレですが(^^;)、霊が見えなくても憑依がおこるのと同じ理屈?で、見えるから恩恵を受けられるとかは関係がありません。ああ、もうちょっと美しい例えで書きたかった笑。

この「キラキラさん」からいただくインスピレーションを、ブログや書籍にこめて、これからもいろいろお伝えしていきたいと思っています。

「同じものが見える」とか「見たことが過去にある」方も、結構いらっしゃるのではないかな~?と思っています(^^)。

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

私の「エネルギーの切り替わり時期」の把握。・・・のが多い笑。

ときどきメルマガの中で、月ごとの「エネルギーの切り替わり時期」についておつたえするおとがあります。

「どういうふうに把握できるのか」とご質問をいただきまして、同じことを思っていらっしゃる方もいるかもしれませんのでこちらでも回答をさせていただきます。

一例として。カレンダーなどの一覧性のあるものを見ると、そうした移り変わりの時期が「ハイライト表示」されるように見えます。

27459652_s
切り替わるところとか、調和していないところをそうして把握することで、メールのリーディングも(いただいた内容の文字などから)行えるのです。

ちなみに、先日AmazonのKDPから電子書籍を自己出版しまして、当初は出版社から出すはずが、タイトルが折り合わずに話がなくなって自分で作業をして出すことになったのですが(^^;)、こちらを自分で校正することが(完全ではないにしろ)できたのも、このハイライト表示に助けられたからだと思っています。

しかしそうした霊能力の行使というのは簡単にはいきません。信号を見るとか、時計を見るという行為と同じようにはいかず、見たいときにいつでも負担なく把握できるわけではないので、「もっといろいろ伝えて」というご要望にはお応えできないことをご了承ください。

今回、12月の切り替わり時期をお伝えできたのは、12月はスカイプセッションをお休みさせていただいたので、いつもより霊能の行使が少なくて余力があったからこそできたことです。

これからも機会があったら「ときどき」お伝えします。「見たいときに、見える」という能動的なものとは違うんですよね、「見える(必要性のある)ときに、見えてしまう」という、受け身的なものなので、お約束はできませんが。見えたら。そして私が忘れなければ( ̄_ ̄)お伝えします。

ちなみに次は、24の午後くらいから切り替わるので(もう来年に向かう)、年内にやるべきことで今からでもやっておけることがあるなら、そのあたりを目安に動きをつけていくといいと思います!

(「この時期までに、そうしなければならない」ってことではなく、期限をつけてうごくなら、その切り替わりを目安に計画的に動いていくほうが、スムーズになりやすいという感じです。そのくらいの緩い参考意見として、ご活用いただければsnow

 

 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

「リソースリーディングプラス」のご感想。

Mさんより、「リソースリーディング+プラス」のご感想をいただきました(ただいまメルマガ読者様を対象に実施しています)。ありがとうございました(^o^)。

***

リソースリーディング「プラス」をしていただき、 本当にありがとうございました。
最初のリソースリーディングをしていただいた時は
あまりの自分の「持っている」ものに驚き、びっくりしました。

元気がなくなると、勇気がなくなるとベッドの上で
繰り返しこれを読んでいました。

自分自身を信じるためのバイブルみたいな感じだったのですが、
今回「プラス」していただいたことで、
この「持っている」ものを 意識して
生活の中で活かしていくことが出来そうです。

まずは自分自身を知ることがとても大切で、知った上でどう活かすのか?
今回はそれを指し示していただき、
2016年を待たずしても、まだ残っている 2015年の中でも
この「持っている」ものを意識してやっていきたいと思います。

映画の脚本家が、主人公の性格やキャラクターを
さらに詳しく付け加えるごとく、
脚本家と主演女優の二本立てでやっていきたいと思います!

今回も本当にありがとうございました。

それから・・・・・以前していただいた前世リーディングで、
何故自分の中に煮えたぎるほどの 怒りがほとばしり、
理性を失うほどコントロールがきかなくなるのか?
ということに お答えいただきましたが、
あれ以来、随分怒りの爆発がなくなったように思います。

もともと、気性は激しいですし、
ちょっとしたことでもすぐカチンとなりますが、
それでも、かなり自分の中で
変化(怒りが爆発しなくなった)があったように感じています。

私にとって、過去生からの感情のクセを持ち越して
今世に来たということを知ったということは 大きかったです。
ありがとうございました。

 ・リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ・ブログランキングに参加しています。1クリック、お願いします。

   

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

(霊的な身体感覚としての)感じる力を伸ばすには。

スピリチュアルな能力と、対応するチャクラ」で、書いたとおり、「感じる力」は、胸の位置にあるチャクラと連動しています。

ここが発達していると、感じる力が高いです。言葉の順番としては、「感じる力が高い人は、胸のチャクラが発達している」とするほうが、わかりやすいでしょうかね(^^)。

見えないエネルギーを、感じるという力でキャッチします。特定のエネルギーを感じると、ビリビリするとか、暖かさや涼しさで感じるとか、他人の感情を体感するなど、いろいろです。

霊感の種類のひとつとして、感じる力をカテゴライズし呼称を付ける場合「クレアセンシェンス」という表現を使うこともあります。

胸のチャクラは、見えないものでいえば、これまで書いたうように「感じること」、「感情」や「愛情」などと関連が深いです。肉体的な機能でいえば、「呼吸」とも関連が深いです(チャクラの位置と肉体の位置も連動していますから、それぞれの働きも関連性があります)。

胸のチャクラを活性化させたい場合は、愛情を注ぐ対象をもつことが一番です。恋愛感情でも、家族愛でも、ペットへの愛でも。

さらには、呼吸を深くすることも、とても効果があります。呼吸は、力の「出し入れのポンプ」のようなものなのです。(感じるときには、そのうちの「入り」が使われます)

「深くする」というのは、深呼吸をするとかの一時的なことではなくて、「深い呼吸ができるようになる」という意味です。つまり心肺機能を高める作用のあることをするとよいのです。運動をすることは大きな効果がありますよ。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月12日 (土)

スピリチュアルな能力と、対応するチャクラ。

スピリチュアルな能力は細かく言えばたくさんありますが、わかりやすく、そして一般的に知識として広まっている要素をあげると、4種類です。

「見る(霊視)」「聞く(霊聴)」「感じる(霊的身体感覚)」「わかる(直感)」です。


人の体には、「主要なチャクラが7つ」あると言われています。

●一番上は、「頭頂にある第七チャクラ」ですが、こちらは「直感」と連動しています。

ひらめきは頭の中で起こるっぽい?認識があると思うので、位置としてイメージしやすいと思います。

●その下の「眉間にある第六チャクラ」は、「霊視」と連動しています。

これは、いわゆる第三の目とかいう表現をされるときにイメージする位置と近いので、わかりやすいですよね。

●さらに下の「のどにある第五チャクラ」が「霊聴」です。

ここの関連が、皆さんにとって理解することが一番難しいようで「なぜのどが、聴覚なのか?」とよく質問をうける点なのですが・・・、病院で「耳鼻咽喉科」ってありますよね。こうしたまとめになっているということは、これらの部位は物理的に関連性が高いのでしょう(具体的な知識は持ち合わせませんが多分)。霊的な要素と現実的な要素は、働きとしてほぼ比例していますから、何らかの関連性があるのだと思います。

●そして「胸にある第四チャクラ」が「霊的な身体感覚」です

私のお客様たちは、なぜか、この霊的感覚が強い方たちが大集中していますね(^^)。感じる度合いは、胸のチャクラの発達度と関連があります。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月10日 (木)

「知人のおばあちゃん」からの、お礼だったのかも。

先日、知り合いの方と「おそば屋さん」にランチに行きました。

フリーでお仕事をされている方で、このたび自分のお店をオープンすることになり、私はある作業の一部分をまかされてお手伝いをしていたので、そのお礼も兼ねて?(多分)ごちそうしていただけました(^^)。

去年の夏くらいからの知り合いですが、食事をしたのは初めてですね。

で、おそば屋さんで席についたときに「実は、自分の祖父母はおそば屋さんだったんですよ」という話をその方がなさいました。そのため、自分はそばの「茹で方」と「茹でた後の洗い方」にはうるさいんだ、と。

私は、「あー、そうだったんですか」と一応、口ではそう言いました。が、心の中では「おばあちゃんが、めん類をよく作っている方であることは知っていましたよ。なぜなら「本人」がそう教えてくれました、今年のはじめ頃にね」と、思っていました。

めん類の中身が「そば」であることまではわかりませんでしたが、多分、どんぶりに入っためん類を扱うお仕事を何かしていた方ではないかな~?というのは、伝わっていました。

ときどき、この方のおばあちゃんは、「お仕事に関して、こういうふうにしたらいい」的なことを伝えてくるので(あちらの世界から、お仕事を後押ししていらっしゃるのだと思います)、私はメッセンジャーとなってそのままを伝えることもありましたし、私が知っている知識をアドバイスしたことも。

お店を開くこととなった背景として、それらが幾らかは役立っていると思うので、・・・もしかして、「かつておそば屋さんだった、おばあちゃん」が、私に対して「伝達作業の手間賃」として、この機会をつくって「おそばを振る舞ってくださった」のかもしれないなーと思いました。

代金は、おばあちゃん本人ではなく「孫」からの支出ということで(^^;)笑。

こういう繋がりって、なんだか面白いなと思いました。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

「ものごとの成果」と、「それが評価されること」は別。

特にお仕事上で。きちんと成果を出しているのに、なかなか評価されないので、どうしたらいいのかわからず悩んだり、不満を募らせてしまうことがあると思います。

それは、「成果を出せば、評価されるはず」という前提があるからですよね。

それなのに、前提のとおりにならないので「なぜ成果を出しているのに、評価に繋がらないのか?」という疑問になり悩みがつくられてしまいます。

15404497_s
そうなる理由は、「実際のところは、成果と評価は比例しない」からです。もちろん、まったくの無関係ではないですが、自分が思っているほどには比例していない「別物」なんですよね。

成果を出せば評価されるという構図が、顕著にあらわれているのは「学校(の成績)」です。高い成績がそのまま評価になります。

けれども、仕事場は学校ではないし、会社の上司は学校の先生とは違います。

学校からすると、言うなれば生徒は「お客さん」ですが、会社にとって社員はお客さんではありません。学校はお金を払って学ぶけれども、会社は自分がお金をいただいて働くところです。

学校の先生は、評価をすることも仕事ですよね、学校とはそういう場所なので。けれど会社は、自分が会社の利益に寄与することが当たり前であり(そうしてお金をいただいている)、学校と違って、必ず評価が伴う場所ではないですから、「成果を出しているはずなのに、思っているほどの評価をうけない」という場合もあるのです。

実は、学校で「優等生」だった方ほど、こうした思い込みで自分を苦しくしてしまうことがあります(^^;)

学校の成績は、数字の順そのままが基本であって、先生の個人的な好みで国語の成績よりも体育の成績のほうを重視して評価する、というようにはいきませんが、会社の成績は、見た目の数字には表れない部分もふくめた評価になっていたり、評価する側の個人的な好みが反映されたりもします。つまり、評価にも人間関係が複雑に関連してくる場合があります。

もちろん、仕事でも成果は大切だけれども、それ「だけ」では評価に繋がらない(ことも多々ある)のが学校の成績とは違うところです。

「成果を出しているのに、評価に繋がっていない」のならば、評価のために必要な要素に「成果以外の何かが、別にある」ということです。その「何か」を考えてみてください。

このパターンにはまって迷っている方が、一番「やってしまう」ことは、「これではまだ十分でないのだろう。もっと高い成果を出せばきっと評価される」と、ますます成果「のみ」に向かって突っ走ってしまうことです。

押しても開かない扉を、もっと強い力で押して開けようとするより、ちょっと発想の転換をして引いてみたら意外と簡単に開いたりするものです。柔軟な考え方と、広く全体を見渡す視野でとらえてみてください。

成果が十分に出せているなら、「別の何か」をほんの少しプラスすれば、その効果たるや絶大となりますよ。成果が無意味ということではないのです。それを「いかすための、やり方」を見つけていくことが仕事における学びです。

(↓電子書籍を出しました(^o^))




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

2015年12月 5日 (土)

変化は普通に起こりうること。変化にあわせた動きをとっていけばいい。

いつも利用している美容室が年内で閉店するとのお知らせ葉書が届きました。以前にこちらの記事で、美容師さんのオーラについて書いたこともありました。

慣れているところが閉店すると、寂しい気持ちになりますね。別のお店を探すこともちょっと面倒だなという思いもあります。行きつけのお店なら、何も言わなくても「いつものとおり」にしてくれますが、新しいお店になると、また一からいろいろ説明する必要があるので。

家からも近くて気に入っていたので残念ではありますが、しかし、どんなことも一定の期間が経過すれば変化していきます。変わっていくことが普通です。この世には「時間」という動きがあり、動きには変化が伴うからです。

ときどき「私の身の回りで、こんなにも一度に変化が起きてしまって翻弄されている。なぜこうなるのだろう?防ぐ方法はないのか」というようなご相談をいただくことがあります。

お気持ちはわかるけれど・・・(^^)。できごとに、相応の(スピリチュアルな観点から紐解けるような)意味はあるとしても、それとは別に「ものごとは必ず変化していくものであり、それが普通」という受け止め方をしていくことも大切です。

人生の中で、変化が大きい時期もあれば小さい時期もあります。

たとえば、子どもの年齢で3歳から4歳の差よりも、6歳から7歳になり学校にいくようになる一年間のほうがいろんな意味で変化は大きくなりますよね。体の成長も大きくあらわれます。

季節的なことで言えば、3月から4月の変化はそんなに顕著に感じられなくても、8月と9月の差は明らかに季節がひとつ進んだような変化がわかりやすく見られたりして、自分的な印象として大きなものになったりもします。

しかしどの瞬間も変化の連続ではあるんですよね、それが大きく感じられる時期もあれば、あまり意識にのぼらない時期もあるというだけで。

変化は常に起こっている。それがいくつか重なる時期も、長い人生のうちではあり得ること。 必要以上にとらわれずに、変化という流れで、自分もまた成長という変化をしていくことができる機会が与えられたと受けとめて(それ以上に複雑な理由をこじつけたりせずに)変化に合わせた動きを、自分も取っていけばいいと思うのです(^^)。

私の件に話を戻すと、きっと担当の美容師さんは、別の勤め先に移られたら案内のお知らせをくださることと思います。

そうなったら、追いかけていってまたお世話になるか、それとも近所で新たなお店を探すか、今の時点では決めていません。そのときになったら改めて考えます。通える距離のお店かどうかもわかりませんし、この時点で考えても情報がない以上は判断できませんからね。

新たな人との出会いって、とても素晴らしい学びの機会なので、新たなお店を開拓して新たな人間関係を得るのもよいし、または、その美容師さんとご縁がこの先も続くとしたら、それもとてもよいし(気に入っているし、楽だし(^^))、そのとき必要だと思うことを選択していきます。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (2)

2015年12月 4日 (金)

エネルギーをUPさせる、3つの「動」。

全体的な広い意味での「エネルギーをUPさせるための取り組み」として、効果的なのは「動きを付けること」です。動きをつけて鍛えていくことで、全体的な容量が増えていく仕組みです。

具体的には、「3つの動き」を意識します。

「行動」をすること、「運動」をすること、「感動」をすることが、広い意味での成長に繋がります。成長すると、その分だけエネルギーを蓄えておく器が大きくなりますから、蓄積できる量が増えることになります。


・「行動」・・・経験を増やすことで、たましいが鍛えられます。

・「運動」・・・体が鍛えられます(激しい運動に限りません。体を動かすことが大切)体力という器が大きくなります

・「感動」・・・心が豊かになります。心の器が大きくなります。




 ★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

 ★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »