« 私について(その2)。 | トップページ | 人生について考えることって、本当に難しい。 »

2015年10月 5日 (月)

クレアセンシェンス。

霊能力の種類を大きくわけると、「みる」「きく」「感じる」「わかる」があります。もちろんもっと細かく分けられますし、種類もたくさんありますが、代表的なものをあげています。

 (1)「みる」について書いた記事 ・・・ クレアボヤンス

 (2)「きく」について書いた記事 ・・・ クレアオーディエンス

 (3)「感じる」について。・・・ この記事。

感じて把握するという力を単語にすると、霊視、霊聴、のような表現に合わせるとするなら、「霊感覚」とでもいえばいいでしょうか。あまり一般的な表現ではないと思いますけれど(^^;)。

何らかの刺激を感じて知覚すること、たとえば重いとか軽いとか、暖かさを感じるなど何らかの「体感」を通して把握することができます。

どちらかといえば、移り変わりのある「状態」を把握することに向いている力ですね。

外国の書籍では、「クレアセンシェンス」という表現が使われていることもあります。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« 私について(その2)。 | トップページ | 人生について考えることって、本当に難しい。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私について(その2)。 | トップページ | 人生について考えることって、本当に難しい。 »