« リーディングのご感想(194)2016年のリーディング | トップページ | ご感想|2016年のリーディング。 »

2015年10月20日 (火)

自分から「楽しむ姿勢」になることが大切。

「楽しいことが、起こらない」とか「楽しいことが、存在しない」と思っている人は多いけれども、実際「楽しいできごと」って、そうは存在しないと思うのです。

たとえば、A子さんは「友達同士でのランチは楽しいね!」と思っていても、同席しているB子さんは「外で食事は、気疲れがする」と思っているかもしれません。さらに、お店で働く方は「ランチの時間は忙しくて負担だな」と思っているかもしれません。

ということは、「ランチ」が「楽しい」のは、A子さんの個人的な受け止め方なのです。B子さんは「気疲れする」と思っているし、お店の方は「忙しいので負担」と思っています。

つまり「ランチという行為」が「(万人にとって)楽しいできごと」なのではなくて、その人が楽しいと感じるなら楽しい、ということですよね(文章にすると長くてくどい(^^;))。

「楽しいことが、起こらない」とか「楽しいことが、存在しない」という考え方は、「主語が、「できごと」になっている」けれども、楽しいかどうかは「自分が、それを楽しみと受け取るかどうか」ということです。

「自分」が、楽しみを見つけようとする視点を持って過ごしていくと、日常の「一部分」にそれを見つけやすくなります。たとえば、仕事は楽しいできことではないけれども、仕事のある部分を楽しむことなら自分次第できる、というようにです。

「楽しいできごと」そのものを期待してしまうと、ものすごく大きなこと、たとえばハワイ旅行が当たるとか、映画スターに街中で遭遇して話し掛けられたなどの、「いかにもわかりやすい、すごいこと」がおきないと楽しさを感じられなくなってしまいます^^;)。

楽しみを見いだそうという意識を、もつことが大事です。

そうして、まずは「小さい楽しみ」を見つけて、集めてみましょう。

その繰り返しで、見つけることに慣れてくると、見つけるコツと楽しむコツみたいなものがわかってきます。ここで以前よりちょっとだけ、毎日が楽しくなってくるはずです(^^)。

そうして「楽しみの姿勢」が習慣化されて普通なっていくと、不思議なことに今までより規模の大きなことの情報が手に入ったり、誘われたり与えられたり・・・と、楽しいことが増えていくようになります。

「楽しいできごと」は、この段階で増えてくることなのです。

そこに至るには、自分が「楽しみに慣れておく」ことも必要になります。

やはり、種をまいて、いきなり実りとはならないのです。いくつかの段階を踏んで、時間を掛けて成長していくことで花が咲き、その先の実りとなっていくんですよね!

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディングのお申込みは、ミディアムリカコのサイトでご確認ください。

★ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。

 

|

« リーディングのご感想(194)2016年のリーディング | トップページ | ご感想|2016年のリーディング。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

リカコさん、こんにちは(*^^*)
今日のブログのランチの話しはとても分かりやすい例え話ですね♪☺

いつも分かりやすい表現で大切な事を教えていただきありがとうございます(^.^)(-.-)(__)

投稿: ヒロ | 2015年10月20日 (火) 12時37分

参考になることがあれば幸いです(^^)

投稿: リカコ | 2015年10月20日 (火) 12時43分

いつもブログから勉強になります。小さな楽しみを見つけることから、他の、例えばもう少し大きな楽しみが引き寄せの法則で引き寄せられてくるという理解は合っているのでしょうか

投稿: hiyoko | 2015年10月20日 (火) 15時35分

hiyoko様

小さな楽しみが、だんだんとスケールが大きくなることはありうるというのは書いてあるとおりですが(^^)、その理由が「引きよせの法則」によるためか?と限定されると、答えは難しいですね。その言葉をどういう意味として解釈しているかはそれぞれであり、一律ではないと思うので。解釈の前提が揃った上でないと、「○○は××ですか?」という端的な質問にイエスノーの明確な答えは出しにくいです(^^;)。

また、私は「こうすれば大きな楽しみが手に入るよ」というハウツーをお伝えしているつもりはなく、そうして小さいことにでも楽しみを見いだす自分になることが大事、ということをお伝えするのが主旨ですので、その点もあわせてご理解をいただけると幸いです。

投稿: リカコ | 2015年10月20日 (火) 16時35分

本当にそう思う出来事が最近ありました。
人から見れば、きっとなんてことないささやかな楽しみでも
自分から心底それを楽しんでいると、その様子を見て、知らない間に自分のことを評価してくれてる人もいるんだ…とも、その出来事から思いました。私にとっては少し驚く出来事でした。
そんなことの後で、さらに記事から仕組みも知った今ですが、
これからも自然体で自分を楽しませて行きたいと思います。
今日もありがとうございました。

投稿: ちろりん | 2015年10月20日 (火) 18時16分

ちろりん様

自分が肯定的になっていると、周囲の肯定的なものに気づきやすくなる、というのも言えますよね。そういう目でみてはじめて「既にそれがあったことに気づく」という意味で。ということは、気づいてくれた相手の方も、肯定的な姿勢でお過ごしだった(からこそ気づいた)のかもしれないですね(^^)。

投稿: リカコ | 2015年10月20日 (火) 20時41分

リカコさん、ありがとうございます。時間に追われて半減しがちですが、もう少し、小さな楽しみを見直して、大切にしてみます。前にセッションでもそのようなアドバイスをいただいているのですが、どうも雑念が多くてダメですね^_^;

投稿: hiyoko | 2015年10月21日 (水) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーディングのご感想(194)2016年のリーディング | トップページ | ご感想|2016年のリーディング。 »