« 今日のメッセージ:「過去との邂逅」 | トップページ | ブログ記事のアンケート。 »

2015年4月30日 (木)

感情とは、動きのある連続したものです。

感情という心の動き(変化)は、例えていうなら「点」ではなく「線」です。

感情とは、単体で存在するものではなく、動きや流れのある連続帯です。

明確な分かれ目のない連続帯なので、「ここまでが、ポジティブな感情」とか、「これは、ネガティブな感情」というような明確な区分はできません。

たとえば、あまり歓迎されないものと認識されがちな「怒り」や「嫉妬」や「僻み」も、感情の動きの一部に過ぎず、ある一部を抜き出し、(認識のわかりやすさのために)名称のラベルを貼っただけのことです。

季節を、春、夏、秋、冬、と分けているように、感情を、喜び、怒り、妬み、というような区分のラベルを貼って認識しているということです。

寒い冬が悪いものではない(単に、四季のひとつというだけである)ように、少々やっかいな問題を引き起こすことがある感情も同様で、それが悪いということではないのです。

怒りや嫉妬という一部分のみを抜き出して、「ネガティブなもの」「減らすほうがいいもの」と分類してしまうと、適切な認識ができず偏りがでることもあります。

×のものを直して○にする、という考え方では、当てはまらないこともたくさんあるので、一部の感情を悪いもののように決めつけないようにしましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

|

« 今日のメッセージ:「過去との邂逅」 | トップページ | ブログ記事のアンケート。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のメッセージ:「過去との邂逅」 | トップページ | ブログ記事のアンケート。 »