« セッションは、録音より「メモを取ること」をお勧めします。 | トップページ | リーディングのご感想(114)。 »

2015年2月25日 (水)

過剰な思考と分析は、他者への批判に入れ替わりやすい。

常に頭の中は思考でいっぱい、終わりなく「自問自答」や「他人との会話をしている想像」が繰り返され、なかなか切り換えができないタイプの人がいます。

そうした状態が「過剰である」と自覚がある人と、そうでない人がいます。前者はその状態を改善しようとしますが、後者はそうした状態を「良いこと」だと思っているので、変えようという意識になりにくいです。

確かに、そうした思考力によって助けられる場面、役立つ場面もたくさんあるでしょう。

しかし、最初は自分自身について分析をしていても、そのうち分析する題材もなくなってきますから、時間とともにそれは他人への批判へと入れ替わっていきます。あの人のこういうところが悪い、この人は未熟だ、などと、頭の中で「余計なお世話」を繰り返していきます。

そうなると・・・、だんだん波長も下がっていきます。たとえ批判の内容が、常識的でありその通りだとしても、自分以外の誰かを裁いてばかりいる状態が望ましいとは言えませんよね(^^;)。

物事を深く洞察して分析していくことは大切です。しかし、どんなことでも過剰になったらバランスが崩れます。

常に終わりなく分析と批判が繰り返されてしまう人は、そうした自分の状態が「やり過ぎ」であることに気付く必要があります。その状態を正当化しないことです。

この状態に陥りやすい人は、問題をすり替えているんですね。心の中には、恐れにとらわれている「何か」があって、それを直視したくない気持ちが、「常に別のことを考える」という代替行為に過剰に結びついてしまうのです。

理性による思考という行為はとても素晴らしいことです。

分析的思考も、同様です。

しかし、どんなに素晴らしいことも行き過ぎると不調和をつくりだします。

誰にも、心の中に「解消しきれないいろんな思い」があるのが普通です。ですからそれを直視してとりくむべき・・・とは一概には言えませんが、「過剰な分析思考で他人を裁く」自分を正当化していることには、気付いて改善したほうがいいと思うのです。

他人を過剰に下げる行為は、たとえ自分の頭の中の思いだけで言動には表さない場合でも、エネルギーの作用として、自分を下げることになってしまいます。

自分の中にいろんな思いがあるように、他の人にもそれぞれのいろんな思いといろんな事情があります。そのことを想像すれば、批判的になる気持ちをいくらかでも緩めることができるのではないでしょうか。 相手の身になるという想像を重ねることも学びですよね。

このようなタイプの人は、とても真面目で理想が高く、自分と同じことを他人にも期待してしまってイライラがつのり不満も出てきます。

真面目も理想の高さも素晴らしい要素だけれども、過剰にならないように適度を意識していくようにしましょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★リーディング申込みは、こちら→(メール回答スカイプ通話固定電話

★ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします♪

   ↓ ↓ ↓

 

|

« セッションは、録音より「メモを取ること」をお勧めします。 | トップページ | リーディングのご感想(114)。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セッションは、録音より「メモを取ること」をお勧めします。 | トップページ | リーディングのご感想(114)。 »